大枝鉄次郎 – 幕末の武士

大枝鉄次郎 – 幕末の武士

大枝鉄次郎の生涯

大枝鉄次郎の生涯

-大枝鉄次郎の生涯-

大枝鉄次郎は、幕末の武士です。1833年、武蔵国多摩郡大枝村(現在の東京都青梅市)で生まれました。幼名は鉄之助といい、大枝家は代々、地元の名主を務める家柄でした。

鉄次郎は、幼い頃から武芸を好み、剣術や槍術、柔術などを学びました。また、漢学や兵学にも通じていました。

1868年、戊辰戦争が勃発すると、鉄次郎は官軍に加わり、各地を転戦しました。箱根戦争では、箱根関所を攻撃する官軍を率いて、幕府軍を破りました。

戊辰戦争後、鉄次郎は政府に出仕し、陸軍省に出仕しました。その後、陸軍士官学校で教官を務め、1877年の西南戦争では、政府軍の参謀として従軍しました。

西南戦争後、鉄次郎は陸軍少将に昇進し、陸軍省の次官を務めました。また、元老院議官や枢密顧問官も歴任しました。

鉄次郎は、1921年に死去しました。享年89。

鉄次郎は、幕末の武士として、戊辰戦争や西南戦争で活躍しました。また、陸軍少将や陸軍省の次官などを歴任し、明治政府に貢献しました。

四国艦隊下関砲撃事件と幕長戦争への参加

四国艦隊下関砲撃事件と幕長戦争への参加

-# 四国艦隊下関砲撃事件と幕長戦争への参加

四国艦隊下関砲撃事件とは、1863年7月16日に、イギリス、フランス、オランダ、アメリカの四国艦隊が、長州藩の港である下関を砲撃した事件である。

この事件は、下関海峡を航行していた外国船が長州藩の砲撃を受けたことに端を発する。長州藩は、外国船の航行を妨害する目的で、海峡に砲台を設置していた。

四国艦隊は、長州藩の砲撃に対して報復するために、下関を砲撃した。この砲撃により、下関の町は大きな被害を受けた。

下関砲撃事件を受けて、長州藩は幕府に謝罪し、砲台を撤去した。しかし、幕府は長州藩を厳罰に処すことを決め、1864年に幕長戦争が勃発した。

幕長戦争は、幕府軍と長州藩軍が戦った内戦である。この戦争は、1866年に長州藩の降伏によって終結した。

幕長戦争は、幕府の権威の失墜を招き、明治維新への道を切り開いた。

鳥羽・伏見の戦いから戦死まで

鳥羽・伏見の戦いから戦死まで

-鳥羽・伏見の戦いから戦死まで-

大枝鉄次郎は鳥羽・伏見の戦いで重傷を負い、負傷したまま江戸に帰還しました。江戸に戻ってからも鐵次郎は戦傷が悪化し続け、1868年3月11日に江戸で死去しました。鐵次郎の死は新選組の隊士たちを悲しませ、鐵次郎の遺体は京都の霊山に葬られました。

鐵次郎の死後、新選組は土方歳三の率いる残党部隊として、戊辰戦争に参戦しました。戊辰戦争で新選組は官軍と激戦を繰り広げましたが、最終的には敗戦を喫しました。土方歳三は函館で戦死し、新選組は壊滅しました。

鐵次郎は新選組の中でも特に若い隊士の一人でしたが、その勇猛果敢な戦いで知られていました。鐵次郎の死は新選組にとって大きな損失であり、鐵次郎の戦死は新選組の終焉を象徴する出来事となりました。

鐵次郎の死後、その功績を称えるために、京都の霊山に銅像が建てられました。銅像は鐵次郎が鳥羽・伏見の戦いで負傷した姿をかたどったもので、鐵次郎の勇猛果敢な戦いを後世に伝えるものとなっています。

タイトルとURLをコピーしました