平安時代の官吏・歌人 大江公資とは

平安時代の官吏・歌人 大江公資とは

儒者の家柄から和歌好きの歌人に

儒者の家柄から和歌好きの歌人に

– 平安時代の官吏・歌人 大江公資とは

平安時代中期の官吏・歌人である大江公資は、921年に生まれ、991年に亡くなりました。公卿の藤原朝光から和歌の手ほどきを受け、和歌の才能を開花させたと言われています。
公資は儒者の家柄に生まれ、文章に長けていました。早くから和歌を好み、多くの歌を残しています。32歳の時に文章博士となり、文章生を指導しました。文章博士は、宮廷で詔勅や奏議などの公文書を起草する役職です。公資は優れた文章を書くことで有名で、人々から尊敬されていました。

その後、右近衛権少将、左近衛権少将などを歴任し、48歳の時に左近衛少将に昇進しました。左近衛少将は、宮廷の警護を司る役職です。公資は、左近衛少将として、宮廷の警護に当たりました。

公資は、和歌の才能も高く評価されており、31歳の時に『後撰和歌集』の撰者の一人になりました。『後撰和歌集』は、醍醐天皇の勅命によって編纂された勅撰和歌集です。公資は、『後撰和歌集』に40首の歌を寄せています。

公資の歌は、優美で繊細な作風が特徴で、多くの歌人がその歌を模範としました。公資は、平安時代中期の歌壇を代表する歌人であり、その歌は今日でも多くの人々に愛されています。

従四位下、兵部権大輔に昇進し、各地を転戦

従四位下、兵部権大輔に昇進し、各地を転戦

従四位下、兵部権大輔に昇進し、各地を転戦

大江公資は、寛弘元年(1004年)、従四位下、兵部権大輔に昇進し、美濃、越後、周防、大隅、豊前、常陸、伊豆、越前、能登、信濃、下野、安芸など、各地を転戦した。この間、治安維持や税徴収、公共事業の推進など、様々な任務をこなしたが、特に、常陸守在任中の治安維持には功績があった。

公資は、常陸守に任ぜられると、まず、諸国からの乱入を防ぐために、国境に防備を固めた。また、盗賊の取り締まりを強化し、民衆の安全を守った。さらに、税徴収を厳格に行い、国庫を潤した。これらの功績により、公資は、常陸守を退任した後も、朝廷から重用され、兵部権大輔、兵部大輔、近江守、讃岐守など、様々な官職を歴任した。

公資は、文武両道の優れた人物で、歌人としても知られていた。『古今和歌集』には、公資の歌が11首入集しており、その多くが、各地を転戦する公資の心情を詠んだものである。公資の歌は、素朴で率直な表現の中に、公資の真摯な人柄が表れており、多くの人々に愛されている。

長暦4年11月7日に亡くなる

長暦4年11月7日に亡くなる

-長暦4年11月7日に亡くなる-

大江公資は、長暦4年(1040年)11月7日に亡くなりました。享年72歳でした。公資は、死の直前まで、歌人として活躍し、数多くの和歌を残しています。公資の和歌は、優美で繊細な表現が特徴で、多くの歌人に影響を与えました。公資の死は、歌壇にとって大きな損失となりました。

公資の死後、その和歌は、多くの歌集に収録され、広く読まれました。公資の和歌は、平安時代の歌壇を代表する歌として、今日でも高く評価されています。公資の死は、平安時代の歌壇に大きな影響を与えましたが、公資の和歌は、その後も長く愛され続けました。

公資の死は、和歌の歴史において、大きな出来事でした。公資の死によって、平安時代の歌壇は、大きな転換期を迎えました。公資の死後、和歌は、より叙情的で、より抒情的なものへと変化していきました。公資の死は、平安時代の歌壇に大きな影響を与えましたが、公資の和歌は、その後も長く愛され続けました。

タイトルとURLをコピーしました