– 菊舎尼とは?

– 菊舎尼とは?

田上菊舎尼の生涯

田上菊舎尼の生涯

-# 田上菊舎尼の生涯

田上菊舎尼は、平安時代の歌人であり、女房である。藤原俊成の娘として生まれ、俊成の没後は尼となり、菊舎に住んだことから菊舎尼と呼ばれた。

菊舎尼は、幼い頃から文才に優れ、和歌を好んだ。父である俊成から和歌を学び、俊成の門弟たちとも交流を持った。菊舎尼の歌は、優美で清らかであり、その歌才は俊成にも認められていた。

菊舎尼は、承安3年(1173年)に藤原俊成の没後は尼となり、菊舎に住んだ。菊舎尼は、尼となった後も和歌を詠み続け、多くの歌を残した。菊舎尼の歌は、『金葉和歌集』、『新古今和歌集』などの勅撰和歌集に収められている。

菊舎尼は、建久7年(1196年)に74歳で死去した。菊舎尼の死後、その歌才は多くの人々に称賛され、その歌は後世まで歌い継がれた。

-# 菊舎尼の和歌

菊舎尼の歌は、優美で清らかであり、その歌才は俊成にも認められていた。菊舎尼の歌は、『金葉和歌集』、『新古今和歌集』などの勅撰和歌集に収められている。

菊舎尼の歌の特徴は、以下の通りである。

* 優美で清らかな表現
* 自然の美しさへの共感
* 恋愛感情の繊細な表現

菊舎尼の歌は、多くの後世の歌人に影響を与えた。菊舎尼の歌は、現在でも多くの人々に愛されており、その歌才は高く評価されている。

-# 菊舎尼の歌の代表作

菊舎尼の歌の代表作は、以下の通りである。

* 「かくとだにえやは我身とかも知らましあはれと思はん人もあらなん」
* 「あぢきなくにがにかひなき此の世をばいつもたのみし人ぞなきより」
* 「朝ぼらけあらしの山の雪間よりいづる月影はるかになりぬる」

菊舎尼の歌は、優美で清らかであり、その歌才は俊成にも認められていた。菊舎尼の歌は、多くの後世の歌人に影響を与えた。菊舎尼の歌は、現在でも多くの人々に愛されており、その歌才は高く評価されている。

田上菊舎尼の主な功績

田上菊舎尼の主な功績

田上菊舎尼の主な功績

田上菊舎尼は、江戸時代前期の尼僧で、専修念仏の僧侶として知られています。また、第9代将軍徳川家重の側室、寿徳院の養育係を務めたことでも知られています。

田上菊舎尼は、慶長9年(1604年)に常陸国田上郷(現在の茨城県桜川市)で生まれました。父親は田上三右衛門といい、母親は竹尾氏でした。菊舎尼が幼い頃、父親が亡くなり、母親と祖母に育てられました。

菊舎尼は、13歳のときに、専修念仏の僧侶である浄蓮寺の住職、田上浄蓮に弟子入りしました。浄蓮寺は、田上郷の隣村にある浄土真宗の寺院でした。菊舎尼は、浄蓮寺で、専修念仏の教えを学び、念仏の修行に励みました。

菊舎尼は、20歳のときに、浄蓮寺の住職を継ぎました。菊舎尼は、住職として、浄蓮寺を再興し、専修念仏の教えを広めました。菊舎尼は、また、多くの弟子を育て、専修念仏の僧侶として活躍しました。

菊舎尼は、寛文元年(1661年)に、徳川家重の側室、寿徳院の養育係を務めました。寿徳院は、家重の四男、徳川綱吉の母でした。菊舎尼は、寿徳院の養育係として、寿徳院の教育と躾を担当しました。

菊舎尼は、貞享3年(1686年)に、72歳で亡くなりました。菊舎尼は、生涯にわたって、専修念仏の教えを広め、多くの人々を救済しました。菊舎尼は、専修念仏の僧侶として、その功績を称えられています。

田上菊舎尼にまつわる逸話

田上菊舎尼にまつわる逸話

-田上菊舎尼にまつわる逸話-

田上菊舎尼は、多くの逸話が残されている。その中でも有名なのが、菊舎尼が若かりし頃、京都の清水寺で修行していた時の話である。

ある日、菊舎尼は清水寺の本堂で座禅を組んでいると、突然、一陣の風が吹き、本堂の扉が閉まってしまった。菊舎尼は扉を開けようと頑張ったが、どうすることもできなかった。

困り果てた菊舎尼は、本堂の中で一夜を明かすことになった。すると、夜中に菊舎尼の前に一人の老僧が現れた。老僧は菊舎尼に、「お前はなぜこの寺で修行しているのか」と尋ねた。

菊舎尼は、「私は悟りを得るために修行しています」と答えた。老僧は、「悟りとは何か」と再び尋ねた。菊舎尼は、「悟りとは、すべてのものをありのままに見ることです」と答えた。

老僧は菊舎尼の答えを聞いて、「お前は悟っている」と言って姿を消した。菊舎尼は老僧の言葉の意味を悟り、その後、悟りの境地に至ったと伝えられている。

菊舎尼は、また、多くの奇蹟を起こしたと伝えられている。その中でも有名なのが、菊舎尼が京都の鴨川で水行をしていた時の話である。

ある日、菊舎尼が鴨川で水行をしていると、突然、大雨が降ってきた。菊舎尼は雨に打たれながら水行を続けたが、やがて、菊舎尼の身体から光が放たれ、雨が止んだと伝えられている。

菊舎尼は、その奇蹟によって、多くの人々の信仰を集めた。菊舎尼は、その後、京都の東福寺に住職となり、多くの弟子を育てた。菊舎尼は、1333年に亡くなったが、その死後も、菊舎尼の遺徳をしのぶ人々は多く、菊舎尼の墓所は、現在でも多くの人々が参拝する場所となっている。

タイトルとURLをコピーしました