菊田粂三郎→ 自由民権運動の熱血漢

菊田粂三郎→ 自由民権運動の熱血漢

激動の時代を駆け抜けた自由民権運動家

激動の時代を駆け抜けた自由民権運動家

激動の時代を駆け抜けた自由民権運動家

菊田粂三郎は、1843年に広島県尾道に生まれた自由民権運動家である。幼少期より勤勉で、漢学や洋学を学び、1868年に明治維新を迎えた。維新後は政府に出仕し、民政局書記官や兵部省官吏などを歴任したが、1872年に官職を辞して自由民権運動に加わった。

自由民権運動とは、1870年代に起こり、地租軽減、国会開設、民権伸張などを目指した民衆運動である。菊田は、自由民権運動の熱心な支持者であり、各地を遊説して演説を行うなど、運動の拡大に尽力した。また、自由民権運動を支援する新聞「国会新報」の創刊にも携わっている。

1881年には、自由民権運動の指導者の一人として、国会期成同盟の結成にも参加した。国会期成同盟は、国会開設の実現を目指して、自由民権運動の各派が結集した団体である。菊田は、国会期成同盟の副幹事を務め、国会開設運動を推進した。

1889年に、国会がついに開設された。菊田は、国会開設を実現した功績を称えられ、衆議院議員に当選した。菊田は、衆議院議員として活躍し、民権伸張や社会改革のために尽力した。1893年に死去するまで、一貫して自由民権運動を支持し続けた。

菊田粂三郎は、激動の時代を駆け抜けた自由民権運動家である。民衆の権利伸張と国会開設のために尽力し、日本の民主化に貢献した。菊田の功績は、今日でも高く評価されている。

大阪事件への関与と特赦による釈放

大阪事件への関与と特赦による釈放

-大阪事件への関与と特赦による釈放-

1883年12月、大阪事件に菊田粂三郎が関与していたことが発覚し、逮捕されました。大阪事件とは、大阪の富商である宮本圭介が、立憲政党の樹立と政府転覆を計画して起こした事件です。菊田は、宮本圭介の計画に加担し、武器や資金を集めるなどの活動を行っていました。

菊田は、大阪事件の主犯格として裁判にかけられ、禁錮7年の刑を言い渡されました。しかし、菊田は、獄中で病気を患い、健康状態が悪化しました。そのため、1887年に恩赦によって釈放されました。

菊田は、釈放後、自由民権運動に復帰し、全国各地で演説会や集会を開催して、立憲政党の樹立を訴えました。また、菊田は、新聞や雑誌に寄稿して、自由民権運動の思想を広める活動も行いました。

菊田は、1890年に第1回衆議院議員選挙に立候補し、当選しました。菊田は、衆議院議員として、立憲政党の樹立や民権拡大のために活動しました。また、菊田は、日清戦争や日露戦争にも参加して、日本の勝利に貢献しました。

菊田は、1934年に死去しました。菊田は、自由民権運動の熱血漢として、日本の民主主義の発展に貢献しました。

相模(神奈川県)出身 旧姓山本

相模(神奈川県)出身 旧姓山本

相模(神奈川県)出身 旧姓山本

菊田粂三郎は、明治時代の自由民権運動の活動家である。相模国三浦郡久里浜(現在の神奈川県横須賀市)に生まれた。旧姓は山本である。

菊田は、幼い頃から学問を好み、漢籍をよくした。1868年(慶応4年)、明治維新後、横浜の開成学校に入学。ここで、福沢諭吉や中江兆民など、自由民権運動の思想家たちと出会い、大きな影響を受けた。

1873年(明治6年)、菊田は、開成学校を卒業し、神奈川県庁に勤務した。しかし、当時の神奈川県は、県令(県知事)の権力が強く、民権運動は弾圧されていた。菊田は、これに反発し、1875年(明治8年)に県庁を辞職。その後、横須賀で自由民権運動の活動を始めた。

菊田は、横須賀で、自由民権運動の演説会や集会を数多く開催。また、自由民権運動の機関紙である「横須賀新報」を発行し、民権思想の普及に努めた。

菊田の活動は、県当局の弾圧を受け、1877年(明治10年)に逮捕され、投獄された。しかし、翌1878年(明治11年)に釈放され、自由民権運動に復帰した。

菊田は、1880年(明治13年)に、神奈川県会議員に当選。県政改革に尽力した。また、1882年(明治15年)には、自由党の結成に参加。党の幹部として、民権運動を推進した。

菊田は、1885年(明治18年)に、第1回衆議院議員総選挙に立候補し、当選。衆議院議員として、民権運動の拡大に努めた。しかし、1887年(明治20年)の第2回衆議院議員総選挙で落選。その後、政界を引退した。

菊田は、1893年(明治26年)に死去。享年47歳。菊田は、自由民権運動の熱血漢として、その功績を称えられている。

タイトルとURLをコピーしました