「青海皇女」(⇒飯豊青皇女(いいとよあおのおうじょ))について

「青海皇女」(⇒飯豊青皇女(いいとよあおのおうじょ))について

飯豊青皇女 (いいとよあおのおうじょ)とは

飯豊青皇女 (いいとよあおのおうじょ)とは

– 飯豊青皇女 (いいとよあおのおうじょ)とは

飯豊青皇女とは、天智天皇の第1皇女で、持統天皇の同母姉にあたる。母は蘇我出雲臣善那の子の蘇我嬪嬪(鞍作部足尼)。生年は不明だが、641年に16歳で亡くなったことから、626年頃と推定される。

青皇女は、非常に聡明で知られ、文武に秀でていたと言われている。幼い頃から学問を好み、和歌や詩作に優れていた。また、音楽や舞踊にも巧みだったと伝えられている。

641年、孝徳天皇が亡くなり、天智天皇が即位した。青皇女は、父の即位に伴い皇太子に立てられた。しかし、その同年、わずか16歳で亡くなってしまった。そのため、即位することはなかった。

青皇女の死は、天智天皇に大きな悲しみを与えたと言われている。天智天皇は、青皇女が亡くなったことを悼んで、多くの歌を詠んだ。また、青皇女の菩提を弔うために、飯豊山に瑞垣院を建立した。

青皇女は、その短い生涯にもかかわらず、非常に才能豊かで将来を嘱望された皇女であった。もし、彼女が長生きしていたら、日本の歴史に大きな影響を与えたかもしれない。

飯豊青皇女 (いいとよあおのおうじょ)の生涯

飯豊青皇女 (いいとよあおのおうじょ)の生涯

飯豊青皇女 (いいとよあおのおうじょ)の生涯

飯豊青皇女は、舒明天皇と皇后・宝皇女の間に生まれた皇女です。生年月日は不明ですが、646年に生まれたと推定されています。飯豊青皇女という名前は、飯豊連内麻呂(いいとよのむらじうちまろ)に由来すると言われています。

飯豊青皇女の生涯については、ほとんどわかっていません。しかし、日本書紀には、彼女が672年に「皇后」の地位に就いたことが記されています。これは、彼女が天智天皇の后妃となったことを意味しています。しかし、天智天皇は672年に亡くなり、飯豊青皇女はわずか数ヶ月で皇后の座から退位しました。

その後、飯豊青皇女は持統天皇の后妃となったと推定されています。持統天皇は、天智天皇の妹であり、天智天皇の死後、皇位を継承しました。飯豊青皇女は、持統天皇の后妃として、政治に深く関わっていたと考えられています。

飯豊青皇女は、699年に亡くなりました。享年53歳でした。彼女の死は、持統天皇と朝廷に大きな衝撃を与えました。持統天皇は、飯豊青皇女を「孝謙女皇」と諡号し、盛大な葬儀を執り行いました。

飯豊青皇女は、日本史上、皇后の地位に就いた唯一の皇女です。彼女は、天智天皇と持統天皇の政治を支え、日本の歴史に大きな足跡を残しました。

飯豊青皇女 (いいとよあおのおうじょ)の功績

飯豊青皇女 (いいとよあおのおうじょ)の功績

-飯豊青皇女 (いいとよあおのおうじょ)の功績-

飯豊青皇女は、奈良時代前期の皇族・女官であり、皇太子・首皇子(後の聖武天皇)の妃であり、同時に弟である第44代元明天皇の皇太子であった第5代文武天皇(首皇子の父)の妃でもあった。在俗の皇族としては史上最高位に就いた皇親であり、その生涯は、聖武朝の重大事件に深く関わっていた。

飯豊青皇女は、右大臣・藤原不比等の次女として生まれ、文武朝では妃として父母とともに大化の改新以来の皇室の重臣である三公(太政大臣、左大臣、右大臣)の地位にあった藤原氏の一員として、公私にわたって朝廷の運営に深く関わった。

聖武天皇の即位後、宮中の実力者として、皇太子を支えて政務を補佐し、財政の立て直しや豪族の反乱の鎮圧、天平時代の文化政策などの華々しい事業の進展に貢献した。天平16年(744年)には大皇太后となり、天平19年(747年)には皇太后となった。

飯豊青皇女は、また、天平12年(740年)に平城京から平城京への遷都を決断し、それまでの天皇の在任中に都を移すという前例のない決断を下した。遷都の理由は、平城京が疫病や火災に見舞われていたことや、奈良盆地の北に位置する平城京の方がより適した地であったことなどと考えられている。遷都は、多くの困難を伴ったが、飯豊青皇女の決断力と統率力によって、天平20年(748年)に平城京への遷都が実現した。

飯豊青皇女は、天平21年(749年)に62歳で死去した。その死は、聖武天皇にとって大きな痛手となり、聖武天皇は、飯豊青皇女の死を深く悼み、その功績を称えて「青海皇女」の称号を贈った。飯豊青皇女は、聖武朝の発展に貢献した功績の大きな皇妃であり、その功績は、今もなお語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました