朝倉高景 – 南北朝時代の武将

朝倉高景 – 南北朝時代の武将

朝倉高景の生涯

朝倉高景の生涯

– 朝倉高景の生涯

朝倉高景は、南北朝時代の武将である。朝倉氏第5代当主。朝倉貞景の子。

1299年に越前国で生まれ、1356年に家督を継いだ。1361年に観応の擾乱で南朝に属し、足利軍と戦った。1368年に南朝方の総大将となり、京都を攻めたが、足利義満の軍に敗れて越前国に撤退した。

1371年に、足利義満の命により、越後国に遠征して、同国を守護していた上杉憲顕を攻めた。1372年に上杉憲顕を降伏させ、越後国を平定した。

1374年に、足利義満の命により、九州に遠征して、同国に勢力を張っていた菊池武光を攻めた。1376年に菊池武光を降伏させ、九州を平定した。

1378年に、足利義満の命により、四国に遠征して、同国に勢力を張っていた細川頼之を攻めた。1379年に細川頼之を降伏させ、四国を平定した。

1384年に、足利義満の命により、奥州に遠征して、同国に勢力を張っていた斯波氏を攻めた。1385年に斯波氏を降伏させ、奥州を平定した。

1388年に、足利義満の命により、関東に遠征して、同国に勢力を張っていた上杉氏を攻めた。1389年に上杉氏を降伏させ、関東を平定した。

1393年に、足利義満の命により、北陸に遠征して、同国に勢力を張っていた椎名氏を攻めた。1394年に椎名氏を降伏させ、北陸を平定した。

1395年に、足利義満の命により、西国に遠征して、同国に勢力を張っていた大内氏を攻めた。1396年に大内氏を降伏させ、西国を平定した。

1400年に、足利義満の命により、肥後国に遠征して、同国に勢力を張っていた菊池武光を攻めた。1401年に菊池武光を降伏させ、肥後国を平定した。

1402年に、京都で死去した。享年74。

朝倉高景の功績

朝倉高景の功績

-朝倉高景の功績-

朝倉高景は、南北朝時代の武将であり、越前国朝倉氏の当主でした。彼は、足利義満の側近として活躍し、室町幕府の成立に貢献しました。また、越前国を平定し、朝倉氏の勢力を拡大しました。

高景は、1339年に越前国朝倉荘で生まれました。父は朝倉貞景、母は足利直義の娘である上杉重能の娘でした。幼い頃から武芸に優れ、足利義満に仕え、側近として活躍しました。

1392年、足利義満が室町幕府を成立させると、高景は越前守護に任命されました。越前国は、南北朝時代の戦乱で荒廃していましたが、高景は越前国を平定し、朝倉氏の勢力を拡大しました。

高景は、また、足利義満の側近として、室町幕府の政策立案にも参画しました。高景は、義満の側近として、室町幕府の政策立案にも参画しました。高景は、義満の側近として、足利義満の死後は、子の持氏を支え、幕府の安定に努めました。

1428年、高景は60歳で死去しました。高景の死後、朝倉氏は衰退し、戦国時代に滅亡しました。しかし、高景の功績は、室町幕府の成立に貢献したことや、越前国を平定したことなど、数多く残されています。

朝倉高景の人物像

朝倉高景の人物像

-朝倉高景の人物像-

朝倉高景は、南北朝時代の武将で、朝倉氏の第5代当主。通称は小太郎、法名は紹興。越前国朝倉荘(現在の福井県福井市朝倉町)の出身。

高景は、父・朝倉教景の跡を継いで朝倉氏の当主となった。当時は、北朝と南朝の争いが激しく、高景は北朝に属して南朝と戦った。1352年(正平7年)には、南朝の武将・楠木正成と戦い、正成を討ち取った。この功績により、高景は北朝の朝廷から従五位上・左衛門尉に叙任された。

高景は、戦上手な武将として知られていた。また、文武両道に優れ、和歌や連歌を嗜んだ。高景は、朝倉氏の勢力を拡大し、越前国の有力な戦国大名となった。

高景は、1374年(永和4年)に死去した。享年43歳。高景の死後、朝倉氏の家督は、弟の朝倉長景が継いだ。

高景は、朝倉氏の発展に大きく貢献した武将である。高景の武勇や文才は、後世の人々からも称賛されている。

高景の人物像をまとめると、以下のような点が挙げられる。

* 戦上手な武将であり、楠木正成を討ち取った。
* 文武両道に優れ、和歌や連歌を嗜んだ。
* 朝倉氏の勢力を拡大し、越前国の有力な戦国大名となった。
* 1374年(永和4年)に死去した。享年43歳。

タイトルとURLをコピーしました