「大江久兼」(?-? 鎌倉時代の幕府官僚。)

「大江久兼」(?-? 鎌倉時代の幕府官僚。)

鎌倉時代の幕府官僚「大江久兼」

鎌倉時代の幕府官僚「大江久兼」

-大江久兼-(?-? 鎌倉時代の幕府官僚。)

-鎌倉時代の幕府官僚「大江久兼」-

鎌倉時代初期の13世紀中頃、大江氏は治承四年(1180)の石橋山の合戦で、源頼朝が敗れて安房国平家に落ちた後、頼朝に従い、治承五年(1181)の富士川の戦いで源頼朝が平家追討の挙兵に成功し、鎌倉入りをしたことで、大江氏は頼朝に重用され、鎌倉幕府の官僚として、大江広元、大江季光、大江親広、大江親広、大江親広、大江親広、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、大江親弘、などが鎌倉幕府で活躍しています。

大江氏は、清和天皇の貞観五年(863)に参議・左大弁を務めた大江音人(文徳天皇の仁寿二年(852)に、遣唐使として唐に渡っている)の系統で大江匡房、大江広元、大江季光の系統。

大江広元、大江季光、大江親広の系統。

大江広元の系統は大江家広、大江時広、大江時広、室町幕府の大江定基、大江定基、大江時盛、大江重時の系統。

鎌倉幕府の大江季光の系統は大江時長、大江時茂、大江時茂、大江時方、大江時尊、大江時広、大江時茂、大江時義、大江時義、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛、大江時盛

大江久兼の経歴

大江久兼の経歴

大江久兼の経歴

大江久兼の生没年は不詳ですが、鎌倉時代の幕府官僚として活躍しました。彼は、大江氏の一族である大江景久の子として生まれ、若くして幕府に出仕しました。建保6年(1218年)の承久の乱では、北条泰時の側近として参謀を務め、乱の平定に貢献しました。その後、引付衆に任じられ、幕府の司法・行政事務を担当しました。寛喜2年(1230年)には、左衛門尉に任じられ、さらに翌年には、評定衆に任じられました。評定衆は、幕府の最高諮問機関であり、久兼は、幕府の重要な政策決定に参画しました。文暦元年(1234年)には、右衛門尉に任じられ、建長2年(1250年)には、左衛門権佐に任じられました。久兼は、幕府官僚として長年にわたり活躍し、鎌倉時代の幕府政治に大きな影響を与えました。

伊勢常楽寺荘の地頭であった大江久兼

伊勢常楽寺荘の地頭であった大江久兼

伊勢常楽寺荘の地頭であった大江久兼

大江久兼は、鎌倉時代の幕府官僚である。生没年は不詳である。

久兼は、伊勢国常楽寺荘の地頭であった。常楽寺荘は、伊勢国鈴鹿郡にあった荘園で、平安時代には藤原氏が所有していた。しかし、鎌倉時代になると、幕府が常楽寺荘を没収し、久兼を地頭に任命した。

久兼は、常楽寺荘の地頭として、荘園内の農民から年貢を徴収し、幕府に納めた。また、久兼は荘園内の治安維持にも責任を負っていた。

久兼は、常楽寺荘の地頭として、荘園の経営に尽力した。そして、久兼の努力により、常楽寺荘は鎌倉時代を通じて順調に経営された。

久兼は、鎌倉時代の幕府官僚として、重要な役割を果たした人物である。久兼の功績は、鎌倉幕府の安定した統治に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました