– 朝倉君

– 朝倉君

東国国司の狼藉と朝倉君の処罰

東国国司の狼藉と朝倉君の処罰

東国国司の狼藉と朝倉君の処罰

建武2年(1335年)、鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇の建武の新政の最中に、東国国司による狼藉が相次いだ。なかでも、下野国司・山名時氏が、下野国(現在の栃木県)で横暴な振る舞いを行い、民衆から苦情が相次いだ。

後醍醐天皇は、下野国司の狼藉を止めるために、朝倉君を派遣した。朝倉君は、山名時氏を捕らえて京都に連行し、処罰した。この処罰により、東国国司の狼藉は収まった。

朝倉君の処罰は、建武の新政の成功に大きく貢献した。建武の新政は、後醍醐天皇が鎌倉幕府を滅亡させ、再び天皇親政を実現しようとした政権である。しかし、建武の新政は、有力武士の反乱や、飢饉などの災害に見舞われ、3年で崩壊した。

朝倉君の処罰は、建武の新政が崩壊するのを防ぐことができなかったが、建武の新政の成功に大きく貢献した。朝倉君の処罰は、建武の新政の評価を下す上で、重要な出来事である。

朝倉君が山名時氏を処罰したことは、建武の新政にとって大きな成果であった。しかし、建武の新政は、その後、有力武士の反乱や、飢饉などの災害に見舞われ、3年で崩壊した。朝倉君の処罰は、建武の新政の崩壊を防ぐことができなかったが、建武の新政の成功に大きく貢献した。

塩屋鯯魚ら5人とともに恭順の意を示し、孝徳天皇から賞される

塩屋鯯魚ら5人とともに恭順の意を示し、孝徳天皇から賞される

-# 朝倉君

-# 塩屋鯯魚ら5人とともに恭順の意を示し、孝徳天皇から賞される

孝徳天皇元年(645年)、山背国の豪族である朝倉君、塩屋鯯魚、長狭真人、難波連、石上乙麻呂、岡本大隅ら5人とともに、孝徳天皇が巡狩されていた山背国葛野郡(現在の京都府京都市右京区)に赴き、恭順の意を示した。孝徳天皇は、彼らの誠意を賞して、冠位十二階の制度を定め、朝倉君には大仁の冠を授けた。

また、孝徳天皇は、朝倉君に命じて、葛野郡に屯倉(屯田兵の駐屯地)を設置させた。屯倉は、兵士の食糧を生産し、兵士の生活を支える役割を担っていた。屯倉の設置によって、山背国の兵力が増強され、朝廷の軍事力が強化された。

孝徳天皇は、朝倉君に、皇族の娘である大蕤娘(おほよそひめ)を娶(めと)らせた。大蕤娘は、孝徳天皇の妃である間人皇女(はしひとのひめみこ)の妹であった。朝倉君と大蕤娘の間に生まれた子は、のちに孝謙天皇となる。

孝徳天皇2年(646年)、孝徳天皇は、飛鳥から難波(現在の大阪府大阪市)に遷都した。孝徳天皇は、難波を新たな都として、朝廷の威信を高めようとした。朝倉君は、孝徳天皇に従って、難波に移住した。

孝徳天皇3年(647年)、孝徳天皇は、筑紫に巡狩した。孝徳天皇は、筑紫で病にかかり、崩御した。孝徳天皇の崩御後、朝倉君は、皇位継承争いに巻き込まれた。朝倉君は、有間皇子(孝徳天皇の皇子)を擁立したが、有間皇子は、大海人皇子(のちの天智天皇)に敗北した。

朝倉君は、大海人皇子の勝利後、恭順の意を示して、大海人皇子の支配下に入った。大海人皇子は、朝倉君を位人臣の筆頭に任命した。朝倉君は、大海人皇子の信任を得て、朝廷で重きをなした。

朝倉君は、天智天皇10年(671年)に亡くなった。朝倉君は、朝廷に忠実に仕え、国の発展に貢献した。

朝倉君の生涯と業績

朝倉君の生涯と業績

-朝倉君-

-朝倉君の生涯と業績-

朝倉家は、南北朝時代から戦国時代にかけて、越前国(現在の福井県)に本拠を置いた戦国大名である。朝倉家は、朝倉孝景の代に越前国を統一し、戦国大名として台頭した。孝景の死後、家督を継いだ朝倉義景は、越前国をさらに拡大し、加賀国(現在の石川県)の一部も支配下に置いた。

義景は、織田信長と敵対し、永禄11年(1568年)に信長の軍勢に攻められ、越前を追われた。義景は、近江国(現在の滋賀県)に逃亡したが、元亀元年(1570年)に信長の軍勢に攻められ、自害した。

朝倉家は、義景の死によって滅亡した。朝倉家は、戦国大名として活躍した時期は短かったが、越前国を統一し、加賀国の一部も支配下に置くなど、大きな勢力を持っていた。

朝倉家の業績としては、越前国の統一、加賀国の一部を支配下に置いたこと、一向一揆の弾圧などが挙げられる。朝倉家は、一向一揆に対して厳しい弾圧を行い、一揆を弱体化させた。また、朝倉家は、越前国の文化発展に貢献した。朝倉家は、越前国に多くの寺社を建立し、文化の振興を図った。

朝倉家の人物としては、朝倉孝景、朝倉義景などが挙げられる。朝倉孝景は、越前国を統一した名君であり、朝倉義景は、織田信長と敵対し、越前国を追われた武将である。

朝倉家は、戦国大名として活躍した時期は短かったが、越前国を統一し、加賀国の一部も支配下に置くなど、大きな勢力を持っていた。朝倉家は、一向一揆の弾圧、越前国の文化発展などに貢献した。

タイトルとURLをコピーしました