大江文坡-江戸時代中期の戯作(げさく)者,神道家

大江文坡-江戸時代中期の戯作(げさく)者,神道家

僧侶から還俗し神仙道をとなえる。

僧侶から還俗し神仙道をとなえる。

僧侶から還俗し神仙道をとなえる。

大江文坡は、江戸時代中期の戯作(げさく)者、神道家である。本名は、佐々木敬平。名は、敬平。通称は、小八郎。号は、文坡、文破、文輔、文坡道人など。

文坡は、対馬国にて誕生した。幼少期より、父から儒学や和歌を学んだとされる。やがて、僧侶となり、京都の岩倉山遍照寺に入寺した。しかし、後に、僧侶を辞め、還俗した。

還俗後は、神仙道を学び、神仙術を身につけた。神仙道とは、道教の一派で、不老不死を目的とした修行法であり、文坡は、この神仙道を広めるために、各地を遊歴した。

文坡は、遊歴の途中で、様々な人々と出会い、交流した。その中には、戯作者の井原西鶴や、俳諧師の松尾芭蕉もいた。文坡は、彼らから影響を受け、戯作や俳諧を学ぶようになった。

文坡は、戯作や俳諧を創作するだけでなく、様々な神道書を執筆した。文坡の神道思想は、儒教や仏教の思想を取り入れたものであり、独特の神道観であった。

文坡は、寛政8年(1796年)に亡くなった。享年79。文坡の墓は、京都の遍照寺にある。

文坡は、戯作、俳諧、神道の分野で活躍した人物であり、江戸時代中期の文化史において重要な役割を果たした。

怪談・奇談ものや説教本などの作者として活躍。

怪談・奇談ものや説教本などの作者として活躍。

-大見出し 大江文坡-江戸時代中期の戯作(げさく)者,神道家-

-小見出し 怪談・奇談ものや説教本などの作者として活躍。-

大江文坡(おおえ ぶんぱ)は、江戸時代中期に活躍した戯作(げさく)者、神道家です。本名は五十嵐治郎左衛門といい、文坡は彼の号です。文坡は、1665年に下総国葛飾郡木下村(現在の千葉県松戸市)に生まれました。幼少の頃から神道に関心があり、17歳の時に神道家・服部保成(はっとり やすなり)の弟子となりました。保成からは神道と儒学を学び、また、保成の娘と結婚しました。

文坡は、20歳の頃から戯作を書き始めました。彼の作品は、怪談・奇談ものや説教本などが中心で、庶民の間で広く読まれました。文坡の作品は、当時の社会風俗や人情をリアルに描いたもので、庶民の生活や思想を理解する上で貴重な資料となっています。

文坡は、戯作以外にも多くの著作を残しました。その中には、神道に関する著作や、儒学に関する著作も含まれています。文坡の著作は、江戸時代の思想界に大きな影響を与えました。

文坡は、1736年に72歳で亡くなりました。彼の墓は、東京都文京区の護国寺にあります。

-文坡の作品-

* 『諸国百物語』
* 『新編御伽婢子』
* 『新釈西遊記』
* 『続膝栗毛』
* 『神道通考』
* 『儒学通考』

など

文坡の作品は、現在でも多くの読者から親しまれています。

寛政2年8月8日死去。

寛政2年8月8日死去。

-寛政2年8月8日死去。-

大江文坡は寛政2年8月8日に亡くなりました。享年64歳でした。文坡は神道家であり、戯作(げさく)者でもありました。文坡は、江戸時代中期の代表的な戯作(げさく)者であり、その作品は庶民の間で広く読まれました。文坡の作品は、庶民の生活や風俗を題材にしたものが多く、当時の社会を生き生きと描き出しています。文坡は、戯作(げさく)を通して庶民の声を代弁し、社会に風刺を効かせました。文坡の作品は、庶民の間で大きな支持を集め、江戸時代の戯作(げさく)の発展に大きな貢献をしました。

タイトルとURLをコピーしました