佐々長成 – 戦場を駆け抜けた、武勇に生きた生涯

佐々長成 – 戦場を駆け抜けた、武勇に生きた生涯

豊臣秀吉馬廻衆から家康側近へ

豊臣秀吉馬廻衆から家康側近へ

-豊臣秀吉馬廻衆から家康側近へ-

佐々長成は、戦国時代に活躍した武将です。豊臣秀吉の馬廻衆として仕えていましたが、後に徳川家康の家臣となりました。

長成は、肥後国(現在の熊本県)の出身です。若い頃から武術に優れており、豊臣秀吉に仕えて馬廻衆となりました。

馬廻衆とは、大名の直属の部下であり、戦場で大名の護衛を務める重要な役割を担っていました。長成は、その勇猛さで秀吉から信頼され、数々の戦いで活躍しました。

特に、九州征伐の際には、島津軍の猛攻に対して奮戦し、秀吉軍の勝利に貢献しました。この功績により、長成は秀吉から肥後国高瀬城主の地位を与えられました。

しかし、その後、長成は秀吉と対立し、家康のもとに馳せ参じました。

家康は、長成の武勇を高く評価し、家臣として迎え入れました。長成は、家康の江戸入府に随行し、江戸城の普請奉行を務めました。

また、関ヶ原の戦いでは、家康軍の先鋒を務め、活躍しました。この功績により、長成は家康から下総国古河城主の地位を与えられました。

長成は、その武勇で戦国乱世を駆け抜け、豊臣秀吉と徳川家康という二人の天下人に仕えました。そして、その生涯を戦場で全うした武人でした。

上杉景勝攻めから関ケ原の戦いまで

上杉景勝攻めから関ケ原の戦いまで

-上杉景勝攻めから関ケ原の戦いまで-

佐々長成は、上杉景勝の援軍として会津に攻め入った際、大いに戦功を挙げ、豊臣秀吉から感状を賜った。その後、秀吉の命令により、徳川家康の配下に入った。関ケ原の戦いでは、家康の命により、真田昌幸のいる上田城を攻めたが、昌幸の巧みな戦術の前に敗退した。しかし、長成は粘り強く戦いを続け、最終的には昌幸を降伏させた。この功績により、長成は家康から越後国を与えられ、大名となった。

関ケ原の戦いの後、長成は豊臣余党の討伐に活躍した。文禄・慶長の役では、朝鮮半島に渡り、李舜臣率いる朝鮮水軍と戦い、数々の武功を挙げた。また、島津氏の反乱鎮圧にも貢献し、家康からその忠義を賞賛された。

長成は、武勇に優れ、戦場で常に先頭に立って戦った。また、家康の忠実な家臣として、その命令を忠実に守り通した。その功績により、長成は加賀藩主として、その生涯を全うした。

佐々家終焉と葬地を巡る謎

佐々家終焉と葬地を巡る謎

佐々家終焉と葬地を巡る謎

佐々成政の死後、佐々家は断絶した。成政の長男・佐々平三は関ヶ原の戦いで徳川軍に属したが、戦後に改易された。次男の佐々宗淳は、大坂の陣で豊臣氏に属して戦死した。三男の佐々為久は、徳川氏に仕えていたが、江戸幕府の政策に反発して改易された。

佐々家の断絶後、成政の葬地をめぐって謎が残っている。成政の死後、遺体は加賀国の宝泉寺に葬られたとされるが、明治時代に宝泉寺が火災で焼失したため、成政の墓は失われてしまった。成政の墓は、宝泉寺のほかに、佐々氏の菩提寺である浄興寺にもあるとされるが、どちらが本当の墓なのかは不明のままとなっている。

また、成政の死因についても謎が残っている。成政は、関ヶ原の戦いで徳川軍に敗れた後、自刃したとされるが、その詳しい状況は不明である。成政の死因については、諸説あり、毒殺されたという説や、家臣に殺害されたという説もあるが、真実は不明である。

佐々成政は、戦国時代を代表する武将の一人である。成政の生涯は、戦乱と政争に満ちたものであったが、その武勇と智略は、人々から賞賛された。成政の死後、佐々家は断絶し、成政の葬地をめぐって謎が残されているが、成政の功績は、今もなお語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました