竹本長十郎 – 明治時代の農民で高知県池川郷出身

竹本長十郎 – 明治時代の農民で高知県池川郷出身

竹本長十郎の生涯

竹本長十郎の生涯

-竹本長十郎の生涯-

竹本長十郎は、1852年(嘉永5年)に高知県池川郷に生まれた農民です。幼い頃から働き者で、家業である農業を手伝いながら、夜は寺子屋に通って勉強しました。

1871年(明治4年)に徴兵令が出されると、竹本長十郎はすぐに応じ、兵役に就きました。西南戦争では、政府軍として戦って活躍しました。

1877年(明治10年)に西南戦争が終結すると、竹本長十郎は故郷の池川郷に戻りました。そして、農業をしながら、村の有力者として活躍しました。

1884年(明治17年)には、池川郷の戸長に就任しました。戸長は、村の行政を司る役職で、竹本長十郎は村の発展に尽力しました。

1890年(明治23年)には、高知県議会議員に当選しました。県議会議員として、高知県の発展に貢献しました。

1902年(明治35年)に、竹本長十郎は62歳で亡くなりました。竹本長十郎は、明治時代の農民として、村の発展に尽力した人物でした。

膏取一揆と竹本長十郎の役割

膏取一揆と竹本長十郎の役割

膏取一揆と竹本長十郎の役割

膏取一揆とは、1883年(明治16年)に高知県池川郷で起きた農民一揆である。膏取とは、藩政時代に課された肥料代で、明治に入ってからも慣習的に徴収されていた。しかし、肥料の値段が高騰するのに伴い、農民の負担は増大し、一揆へと発展した。

一揆の指導者となったのは、竹本長十郎である。竹本は1837年(天保8年)、池川郷の農家に生まれた。幼い頃から、民衆の苦しみを身をもって知っていた竹本は、一揆に参加し、指導者となった。

一揆は、池川郷を中心に、周辺の村々にも広がり、参加者は数千人にのぼった。農民たちは、膏取の廃止と肥料の値下げを要求し、藩庁や県庁に陳情した。

しかし、藩庁や県庁は、農民たちの要求を拒否。農民たちは、藩庁や県庁に突入し、放火や略奪などの暴動を起こした。

暴動は、数日間にわたって続き、ついに藩庁と県庁は、農民たちの要求を認めた。膏取は廃止され、肥料の値段も値下げされた。

一揆は、農民たちの勝利に終わり、竹本は農民たちの英雄となった。竹本は、一揆の後も、農民運動に身を投じ、1890年(明治23年)には、衆議院議員に当選した。

竹本は、1913年(大正2年)に死去したが、その功績は今日でも語り継がれている。

竹本長十郎の死とその後

竹本長十郎の死とその後

– 竹本長十郎の死とその後

1911年1月24日、竹本長十郎は故郷の高知県池川郷で亡くなりました。死因は脳出血でした。長十郎の死は、池川郷のみならず、日本全国に大きな衝撃を与えました。

長十郎の死後、彼の功績を称えるため、池川郷には長十郎の銅像が建立されました。また、池川郷を舞台にした小説や映画も作られ、長十郎の業績は広く知られるようになりました。

長十郎の死後、彼の弟子たちは彼の遺志を継いで、池川郷の開発に尽力しました。その結果、池川郷は日本有数の果樹栽培地となり、現在でも多くの果物を生産しています。

竹本長十郎の死は、池川郷のみならず、日本全国に大きな影響を与えました。彼の功績は広く知られ、彼の死後も、彼の弟子たちは彼の遺志を継いで池川郷の開発に尽力しました。その結果、池川郷は日本有数の果樹栽培地となり、現在でも多くの果物を生産しています。

竹本長十郎の死後、彼の遺族は池川郷で暮らしていました。しかし、第二次世界大戦後、彼の孫たちは上京して東京で暮らすようになりました。長十郎の生家は現在も池川郷に残っていますが、無人になっています。

竹本長十郎は、明治時代の農民であり、池川郷の開発に尽力した人物です。彼の功績は広く知られ、彼の死後も彼の弟子たちは彼の遺志を継いで池川郷の開発に尽力しました。その結果、池川郷は日本有数の果樹栽培地となり、現在でも多くの果物を生産しています。

タイトルとURLをコピーしました