「大神惟栄」

「大神惟栄」

大神惟栄とはー 人物像と生涯

大神惟栄とはー 人物像と生涯

-大神惟栄とはー 人物像と生涯-

大神惟栄(おおかみ これより、生年未詳 – 1184年10月25日)は、鎌倉時代初期の武将。通称は三郎、左衛門尉。平氏の重臣であり、播磨国守護を務めた。

-人物像-

大神惟栄は、平清盛の信頼が厚い武将として知られています。彼は勇猛果敢な武人であり、平家一門の中で最も武功を立てた武将の一人となりました。また、彼は知略に優れており、平清盛の軍略にも参画していました。

-生涯-

大神惟栄の生年は不詳ですが、平清盛の弟である平忠盛の時代から平氏に仕えていたと考えられています。彼は、平清盛の西国攻略に従軍し、多くの合戦で功績を挙げました。特に、元暦2年(1185年)の壇ノ浦の戦いで、彼は平家軍の総大将として、源義経率いる源氏軍と戦いました。しかし、平家軍は敗北し、大神惟栄も自害しました。

大神惟栄は、平清盛に仕えた忠義の武将として知られています。彼は、平家一門の中で最も武功を立てた武将の一人であり、平清盛の軍略にも参画していました。また、彼は知略に優れており、平家一門の重臣として活躍しました。

大神惟栄の功績

大神惟栄の功績

-大神惟栄の功績-

大神惟栄は、平安時代後期から鎌倉時代初期にかけての武将です。本姓は平氏で、平清盛の三男として生まれました。幼名は万寿丸。

惟栄は、1180年の平家一門の壇ノ浦の戦いで敗れた後、兄の知盛や重盛らとともに自害しました。享年23。

惟栄は、短命に終わりましたが、その功績は大きく、後世に語り継がれています。

惟栄の功績の一つは、平家一門の勢力拡大に貢献したことだとされています。惟栄は、平清盛の三男であり、源氏とは血縁関係はないものの、清盛の厚い信頼を得ていました。その結果、惟栄は平家の有力な武将として活躍し、一門の勢力拡大に貢献しました。

惟栄の功績のもう一つは、壇ノ浦の戦いでの奮戦です。壇ノ浦の戦いは、平氏と源氏が九州の壇ノ浦で戦った戦いですが、この戦いでは平氏が敗北しました。惟栄は、平家の武将として戦い、源氏の猛攻を食い止め、平家の敗北を遅らせました。

惟栄は、短命ながら平家一門の勢力拡大に貢献し、壇ノ浦の戦いでは奮戦しました。その功績は大きく、後世に語り継がれています。

大神惟栄の子孫

大神惟栄の子孫

-「大神惟栄」-

-大神惟栄の子孫-

大神惟栄は、南北朝時代の武将。足利尊氏の弟で、尊氏の長男である足利義詮の義理の叔父にあたる。美濃国守護代として、数々の戦功を挙げた。

惟栄は、元弘3年(1333年)に尊氏が鎌倉幕府を討つために挙兵した際に、尊氏に従って戦った。建武元年(1334年)には、尊氏が北条氏を滅ぼして建武政権を樹立すると、美濃国守護代に任命された。

惟栄は、美濃国守護代として、数々の戦功を挙げた。元弘3年(1334年)には、美濃国に侵攻してきた足利高氏を破った。建武2年(1335年)には、美濃国に侵攻してきた新田義貞を破った。延元元年(1336年)には、美濃国に侵攻してきた北条時行を破った。

惟栄は、延元3年(1338年)に、足利尊氏と北条高時の間で和睦が成立すると、尊氏に従って京都に帰還した。その後、惟栄は、尊氏の信任が厚く、重臣として重用された。

惟栄は、貞和3年(1347年)に、出羽国に侵攻してきた北畠顕家を破り、出羽国を平定した。翌年には、観応の擾乱が勃発すると、尊氏に従って戦い、功績を挙げた。

惟栄は、正平23年/観応9年(1368年)に、美濃国で死去した。享年55歳。

惟栄の子孫は、美濃国守護として、代々続いた。惟栄の孫である大神持綱は、美濃国守護として、管領細川勝元に従って、応仁の乱で活躍した。

惟栄の曾孫である大神持政は、美濃国守護として、尼子氏と争った。持政は、天文23年(1554年)に、斎藤道三に攻め滅ぼされた。

惟栄の玄孫である大神綱房は、美濃国守護として、斎藤氏に従って、弘治元年(1555年)に、長良川の戦いで織田信長に敗れ、戦死した。

惟栄の直系の子孫は、綱房の死をもって、断絶した。しかし、惟栄の弟である大神頼房の子孫は、越前国に土着し、代々、越前国の守護代を務めた。

惟栄の子孫は、戦国時代まで、美濃国で活躍したが、織田信長の台頭によって、滅亡した。しかし、惟栄の血筋は、越前国に残り、代々、越前国の守護代を務めた。

タイトルとURLをコピーしました