「煕洽」

「煕洽」

清王室の一員として

清王室の一員として

– 「煕洽」

-# 清王室の一員として

煕洽は、清朝最後の皇帝である溥儀の弟として1912年に生まれました。北京の故宮で育ち、清王室の伝統的な教育を受けました。1924年に溥儀が清朝を退位した後も、煕洽は兄とともに故宮に住み続けました。

1931年に満州事変が起こると、煕洽は兄とともに天津に逃れました。その後、日本軍の保護下で偽満州国が建国されると、溥儀が皇帝に即位し、煕洽は皇弟として補佐しました。1945年に日本が太平洋戦争に敗れると、偽満州国も崩壊し、煕洽は兄とともにソ連軍によって逮捕されました。

その後、煕洽は中国政府によって北京の功徳林戦犯管理所に収容されました。1959年に特赦されて釈放され、北京で一般市民として生活しました。2007年に死去するまで、清王室の伝統と文化を継承し、守り続けました。

煕洽は、清王室の最後の世代として、激動の時代を生き抜いた人物でした。中国の近代史を語る上で、重要な役割を果たした人物の一人です。

吉林省独立を宣言し日本と協力

吉林省独立を宣言し日本と協力

-「煕洽」-

-吉林省独立を宣言し日本と協力-

1931年(昭和6年)9月18日の満州事変勃発に際し、張学良は、非抵抗政策をとり、中国東北部(満州)を放棄した。これにより、東北部には、軍閥や匪賊が割拠する群雄割拠の状況が生じた。

1932年(昭和7年)1月、東北部で最大の軍閥であった張作霖の跡を継いだ張学良は、日本の圧力に屈し、満州国の承認に調印した。しかし、張学良は、満州国の傀儡とされることを嫌悪し、同年2月に東北部から撤退した。

張学良の撤退後、東北部には、満州国軍と匪賊が入り乱れる混とんとした状況が生じた。この混乱に乗じて、1934年(昭和9年)6月、熙洽は、吉林省独立を宣言し、日本と協力して、満州国を打倒することを目指した。

熙洽は、1881年(明治14年)に、吉林省に生まれた。彼は、清朝の官僚として活躍し、1928年(昭和3年)には、吉林省長官に就任した。熙洽は、日本の有力者たちと親しく、満州国に反対する立場をとっていた。

1934年(昭和9年)6月、熙洽は、吉林省独立を宣言し、日本と協力して、満州国を打倒することを目指した。熙洽は、日本の支援を受けて、満州国軍と匪賊を相手に戦い、吉林省の大部分を制圧した。

しかし、1935年(昭和10年)3月、熙洽は、日本の支援が不十分であることを理由に、満州国に降伏した。熙洽は、満州国の中で、比較的高い地位を与えられたが、1937年(昭和12年)に死去した。

熙洽は、東北部独立運動の指導者の一人であり、満州国の打倒を目指して戦った。しかし、日本の支援が不十分であったため、最終的には満州国に降伏せざるを得なかった。

ソ連抑留中に死亡

ソ連抑留中に死亡

-煕洽-

* -ソ連抑留中に死亡-

煕洽は、中国の軍人、政治家です。字は子威です。奉天省錦県出身であり、日本陸軍士官学校を卒業。1931年の満州事変後に満州国軍へ入隊し、以後多くの要職を務めました。

1945年のソ連対日参戦後、ソ連軍に拘束され、収容所に入れられました。その収容所で彼は、1946年に死亡したとされます。

煕洽の死亡については、さまざまな説があります。ソ連軍による虐待により死亡したという説、収容所で病気になり死亡したという説、自殺したという説などです。しかし、彼の死亡の真実は、未だに明らかになっていません。

煕洽は、中国近代史において重要な役割を果たした人物です。彼の死は、中国に大きな影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました