志岐麟泉 – 信仰と外交に生きた戦国武将

志岐麟泉 – 信仰と外交に生きた戦国武将

志岐麟泉の生涯と功績

志岐麟泉の生涯と功績

志岐麟泉の生涯と功績

志岐麟泉は、戦国時代後期に活躍した武将です。志岐氏は、戦国時代には肥前国(現在の佐賀県)に根を下ろした戦国大名でした。麟泉は、志岐氏第12代当主である志岐兼親の嫡男として、1530年頃に誕生しました。

麟泉は、幼い頃から聡明で学問を好み、15歳で家督を継いだ後も、領国の経営に手腕を発揮しました。また、麟泉は、キリシタン大名として知られ、1563年に宣教師コスメ・デ・トーレスを迎え入れて布教を許可しました。麟泉自身も洗礼を受けてキリシタンとなり、洗礼名は「レオン」でした。

麟泉は、キリシタン大名として、ポルトガルやスペインと通商関係を結び、領国の発展に努めました。また、麟泉は、肥前国の統一を目指して、周辺の諸大名と戦いを繰り広げ、1570年には、龍造寺隆信を破って肥前国の大部分を平定しました。しかし、1578年に龍造寺隆信が巻き返しを図り、麟泉は敗れて、肥前国を奪われました。

麟泉は、肥前国を奪われた後も、キリシタンとして信仰を貫き、領民の救済に努めました。また、麟泉は、ポルトガルやスペインと交渉を重ね、1597年に、フィリピン総督フランシスコ・テッロと通商条約を締結しました。

麟泉は、1599年に、69歳で死去しました。麟泉は、戦国時代を代表する武将であり、キリシタン大名として、日本の歴史に大きな足跡を残しました。

天草におけるキリシタン布教と洗礼

天草におけるキリシタン布教と洗礼

天草におけるキリシタン布教と洗礼

志岐麟泉は、1547年(天文16年)に天草の城主として生まれ、1607年(慶長12年)に没した戦国武将です。麟泉は、天草にキリシタンを布教し、洗礼を受けたことで知られています。

麟泉が初めてキリシタンと出会ったのは、1569年(永禄12年)のことでした。当時、ポルトガルの宣教師であるルイス・デ・アルメイダが天草を訪れ、麟泉にキリスト教を説きました。麟泉は、アルメイダの説教に感銘を受け、1570年(元亀元年)に洗礼を受けました。

麟泉は、キリシタンになった後、天草で積極的に布教活動を行いました。麟泉は、天草の各地に教会を建設し、宣教師を招いてミサを行わせました。また、麟泉は、天草の民衆にキリスト教の教えを説き、多くの信者を獲得しました。

麟泉のキリシタン布教活動は、天草におけるキリスト教の広がりに大きく貢献しました。天草は、日本において最も早くキリシタンが布教された地域のひとつであり、麟泉の布教活動によって天草は、キリシタンの拠点となりました。

しかし、麟泉のキリシタン布教活動は、豊臣秀吉によるキリシタン禁教令によって中断されました。秀吉は、1587年(天正15年)にキリスト教を禁止し、宣教師を追放しました。麟泉も、秀吉の禁教令に従い、キリシタンの布教活動を中止しました。

秀吉の死後、徳川家康は、キリシタン禁教令を緩和しました。家康は、1603年(慶長8年)に江戸幕府を開き、キリスト教の布教を黙認しました。麟泉は、家康のキリシタン禁教令緩和を受けて、再び天草でキリシタンの布教活動を再開しました。

麟泉は、1607年(慶長12年)に死去するまで、天草でキリシタンの布教活動を続けました。麟泉の死後、天草のキリシタンは、江戸幕府の弾圧によって迫害されましたが、それでも天草には多くのキリシタンが残りました。天草のキリシタンは、明治維新まで、信仰を守り続けました。

タイトルとURLをコピーしました