浅野高勝 – 織豊・江戸時代前期の武将

浅野高勝 – 織豊・江戸時代前期の武将

浅野高勝の生涯

浅野高勝の生涯

– 浅野高勝の生涯

浅野高勝(あさのたかかつ、1547-1611)は、織豊・江戸時代前期の武将、大名です。豊臣秀吉に仕えて、豊臣政権下で五大老の一人として活躍しました。徳川家康に仕えてからは、江戸幕府の重臣として活躍しました。

高勝は、現在の愛知県豊橋市に生まれたと言われています。若い頃は織田信長に仕えていましたが、後に秀吉に仕えました。秀吉に仕えてからは、賤ヶ岳の戦いや九州征伐などで軍功を上げ、1590年には豊臣政権下で五大老の一人になりました。五大老としては、外交や国内の政務を担いました。

1600年の関ヶ原の戦いでは、東軍(徳川家康方)に属して西軍(石田三成方)と戦いました。関ヶ原の戦いでは、東軍が勝利し、高勝は戦功を上げました。関ヶ原の戦いの後、徳川家康に仕え、徳川政権の重臣として活躍しました。徳川政権下では、江戸城の普請奉行や大坂城の普請奉行などを歴任しました。

1611年、高勝は死去しました。享年65。

高勝は、織豊・江戸時代前期を代表する武将の一人です。豊臣政権下では五大老の一人として活躍し、徳川政権下では江戸幕府の重臣として活躍しました。高勝は、その武功と政略で、豊臣政権と徳川政権の両政権で活躍した名将です。

明智光秀の臣下として

明智光秀の臣下として

浅野高勝 – 織豊・江戸時代前期の武将

明智光秀の臣下として
浅野高勝は、織田信長の家臣・明智光秀の重臣であり、本能寺の変では光秀に従って織田信長を討った。変後は光秀の命で近江の国境警備を務め、山崎の戦いで豊臣秀吉に敗れた光秀を逃がすために殿を務めた。光秀の死後、秀吉に降伏し、家臣として仕えた。

秀吉に仕えてからは、九州征伐や小田原征伐に従軍し、武功を挙げた。文禄の役では、加藤清正、福島正則らと共に朝鮮に渡り、蔚山城の戦いで明・朝鮮連合軍を破った。慶長の役では、小西行長の軍と戦ったが、黒田長政らと共に小西軍を破った。関ヶ原の戦いで西軍に属したが、東軍に敗れ、改易された。

改易後は、浪人として各地を流浪したが、後に徳川家康に許されて、徳川幕府に仕えた。大坂冬の陣、夏の陣では、豊臣方に味方して徳川軍と戦ったが、豊臣氏は滅亡した。その後は、徳川幕府の旗本として、江戸に定住した。

浅野高勝は、武勇に優れた武将であり、数多くの戦で武功を挙げた。また、主君である明智光秀に忠義を尽くし、光秀の死後は、豊臣秀吉、徳川家康に仕えて、徳川幕府の成立に貢献した。

浅野長政の子・長満の守役として

浅野長政の子・長満の守役として

浅野長政の子・長満の守役として

浅野高勝は、浅野長政の三男として生まれ、兄・長吉、次兄・長政と同様に、豊臣秀吉に仕えました。天正18年(1590年)、小田原征伐では小田原城を守備する北条氏規を降伏させ、文禄の役では救援に駆けつけ、釜山の戦いで朝鮮軍を破り、名声を博しました。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは、西軍についた兄・長吉に代わって浅野家を継ぎ、東軍に属しました。関ヶ原の戦い後、高勝は徳川家康から上野国高崎藩10万石を与えられ、大名となりました。

慶長10年(1605年)、高勝は、兄・長吉の長男・長満の守役を命じられました。長満は、高勝の甥であり、浅野家の跡取りでした。高勝は、長満の教育係として、武芸や学問を教え、また、家臣の統率方法なども指導しました。

長満は、高勝の指導のもと、立派な武将に成長し、後に浅野家の家督を継いで、高崎藩主となりました。また、長満の子・光晟は、備後国福山藩主となり、浅野家は代々繁栄しました。

浅野高勝は、豊臣秀吉、徳川家康の両方に仕え、関ヶ原の戦いでは東軍に属して勝利に貢献し、大名となりました。また、兄・長吉の長男・長満の守役を務め、長満を立派な武将に育て上げました。浅野高勝は、浅野家の繁栄に貢献した名将として、歴史に名を残しています。

タイトルとURLをコピーしました