橘御井子→ 奈良-平安時代前期の桓武天皇の女御

橘御井子→ 奈良-平安時代前期の桓武天皇の女御

橘御井子の出自と生涯

橘御井子の出自と生涯

-橘御井子-

橘御井子は、奈良時代後期から平安時代前期にかけての桓武天皇の女御。桓武天皇の第三皇子である大伴親王(のちの淳和天皇)と嵯峨天皇、仁明天皇の母。

-橘御井子の出自と生涯-

橘御井子は、橘奈良麻呂と橘古那可智の娘として生まれた。桓武天皇の即位後、入内して女御となった。御井子は、桓武天皇の寵愛を受け、802年に大伴親王、805年に嵯峨天皇、808年に仁明天皇を出産した。

御井子は、子女の教育にも熱心に取り組んだ。大伴親王は、後に淳和天皇として即位し、嵯峨天皇と仁明天皇も、後にそれぞれ天皇に即位した。御井子は、子女の即位を見て、その晩年を安らかに過ごした。

御井子は、830年に薨去した。薨去の際には、桓武天皇が深い悲しみを露わにし、御井子の菩提を弔うために、薬師寺に橘御井子菩提寺を建立した。

橘御井子は、桓武天皇の寵愛を受けた女御として、桓武天皇の皇子を次々と出産し、皇室の発展に貢献した。また、御井子は、子女の教育にも熱心に取り組み、子女が後に天皇に即位するなど、その教育の成果は大きく、長く皇室にその功績が受け継がれた。

橘御井子は、日本の歴史上、重要な役割を果たした人物である。

橘御井子の子女たち

橘御井子の子女たち

橘御井子の子女たち

橘御井子は、桓武天皇の女御として、4人の皇子と2人の皇女を産みました。

皇子は、
・平城天皇
・嵯峨天皇
・淳和天皇
・仁明天皇

皇女は、
・有智子内親王
・恒貞親王

です。

平城天皇は、桓武天皇の死後、806年に即位しました。在位中には、薬子変が起こり、皇太子を廃され、廃帝となります。その後、嵯峨天皇が即位しました。

嵯峨天皇は、平城天皇の弟であり、809年に即位しました。在位中には、弘法大師空海を重用し、遣唐使を派遣して日本の文化の発展に貢献しました。

淳和天皇は、嵯峨天皇の弟であり、823年に即位しました。在位中には、藤原三守の乱が起こり、鎮圧に成功しました。

仁明天皇は、淳和天皇の弟であり、833年に即位しました。在位中には、神泉苑を造営し、遣唐使を派遣して日本の文化の発展に貢献しました。

有智子内親王は、平城天皇の同母姉であり、嵯峨天皇の異母姉にあたります。桓武天皇の死後、一時、皇太女となりますが、皇太子の廃位に伴い、廃皇太女となります。

恒貞親王は、淳和天皇の同母弟であり、仁明天皇の異母弟にあたります。桓武天皇の死後、一時、皇太子となりますが、嵯峨天皇の即位に伴い、皇太子を廃されます。

橘御井子の子女たちは、いずれも桓武天皇の血を受け継ぐ皇族であり、日本の歴史に大きな影響を与えました。

嘉祥2年(849)に橘御井子が叙爵

嘉祥2年(849)に橘御井子が叙爵

-嘉祥2年(849)に橘御井子が叙爵-

嘉祥2年(849)、橘御井子は内命婦から従五位下に叙爵された。これは、桓武天皇の女御として、宮中で高い地位を占めていたことがうかがえる。

橘御井子は、桓武天皇の第三皇子である平城天皇の乳母として、宮中で大きな権力を握っていた。また、桓武天皇の寵愛も厚く、数多くの皇子・皇女をもうけた。

嘉祥2年(849)の叙爵は、橘御井子が宮中で高い地位を占めていたことを示すものである。また、桓武天皇の寵愛が厚かったことも、この叙爵に影響を与えたと考えられる。

橘御井子は、嘉祥2年(849)の叙爵後も、宮中で大きな権力を握り続けた。しかし、承和10年(843)に桓武天皇が崩御すると、橘御井子の権力は衰退した。

橘御井子は、承和15年(848)に薨去した。享年58。橘御井子は、桓武天皇の女御として、宮中で大きな権力を握った女性であった。また、数多くの皇子・皇女をもうけ、桓武天皇の血統を繁栄させた。

タイトルとURLをコピーしました