人名辞典:運敞

人名辞典:運敞

運敞の生涯

運敞の生涯

-運敞の生涯-

運敞(うんしょう、1081年(寛治5年)- 1145年(康治2年))は、平安時代末期の僧、藤原北家閑院流。三井寺の中興の祖と仰がれる。

近江国滋賀郡木戸郷(滋賀県犬上郡木之本町木戸)に住む久我家家司・藤原季正(藤原頼宗の子)の次男として生まれる。幼名は善通(ぜんこつ)。大治2年(1127年)27歳の時に出家し、比叡山に登って明雲の弟子となる。鳥羽上皇や近衛天皇、藤原頼長の帰依を集めて比叡山に正暦寺を復興し、また白河法皇や崇徳天皇、源義朝の帰依を集めて三井寺を中興した。そのほか、仁和寺や東寺、西寺、平等院にも住持として招かれている。保元元年(1156年)に亡くなった。

運敞は、仏教の教えを広く人々に広めただけでなく、社会事業にも尽力した。保元元年(1156年)には、飢饉に苦しむ人々を救済するため、三井寺に粥を施した。また、三井寺の近くに病院を建て、貧しい人々の治療にあたった。運敞は、仏教の教えを説くだけでなく、実際に人々を救うために働いたのである。

運敞は、日本仏教史上において重要な人物である。運敞の活動によって、仏教はより多くの人々に受け入れられるようになり、社会事業にも貢献するようになった。運敞の功績は、今日に至るまで高く評価されている。

運敞の功績

運敞の功績

-運敞の功績-

運敞は、中国の僧侶であり、禅宗の臨済宗の開祖である。926年に江西省の南昌で生まれ、973年に亡くなった。

運敞は、15歳の時に出家し、廬山の国清寺で修業をした。その後、各地を巡錫し、多くの禅師に参じた。30歳の時に、臨済寺で義玄禅師に参じ、悟りを開いたと言われている。

運敞は、悟りを開いた後は、各地に禅寺を建立し、臨済宗を広めた。また、多くの弟子を育て上げた。運敞の弟子たちの中には、後に禅宗の大家となった者が多くいる。

運敞は、禅の教えを説く際に、多くの公案を使った。公案とは、禅の修行者が悟りを開くために用いる問題のことである。運敞が用いた公案の中には、後に禅宗の代表的な公案となったものが多くある。

運敞は、禅の教えを説く際に、また説法も盛んに行った。運敞の説法は、平易でわかりやすく、多くの人々に支持された。運敞は、禅の教えを庶民にまで広めた功績がある。

運敞は、禅宗の開祖として、また中国の禅史上における最も重要な人物の一人として知られている。運敞の功績は、今日でも禅宗の修行者たちに受け継がれている。

運敞の著作

運敞の著作

-運敞の著作-

運敞は、禅宗の僧侶としてだけでなく、多くの著作を残したことで知られています。その著作は、禅の思想や実践、仏教の教義、そして中国の文化や歴史など、幅広い分野にわたっています。

運敞の著作の中で最も有名なのは、「仏教燈論」です。この著作は、禅宗の思想や実践を体系的にまとめたものであり、禅宗の入門書として広く読まれています。「仏教燈論」は、運敞の弟子である無門慧開によって編集されており、運敞の死後、中国で広く流通しました。

運敞の著作には、「仏祖統紀」や「景徳傳燈錄」など、仏教の歴史や伝記を扱った著作も少なくありません。これらの著作は、仏教のの歴史を知る上で貴重な史料となっています。また、運敞は詩や書画にも優れており、その作品は中国の文化や芸術に大きな影響を与えました。

運敞の著作は、禅宗の思想や実践を知る上で欠かせない資料であり、仏教の歴史や文化を研究する上でも重要な史料となっています。彼の著作は、現代においても多くの人々に読まれ、その思想や実践は、現代人の生き方に大きな影響を与えています。

-運敞の著作の特徴-

運敞の著作の特徴は、以下の通りです。

・平易な言葉で書かれている。
・禅宗の思想や実践を体系的にまとめたものが多く、入門書として最適。
・仏教の歴史や伝記を扱った著作も多く、仏教の歴史を知る上で貴重な資料となっている。
・詩や書画にも優れており、その作品は中国の文化や芸術に大きな影響を与えた。

運敞の著作は、禅宗の思想や実践を知る上で欠かせない資料であり、仏教の歴史や文化を研究する上でも重要な史料となっています。彼の著作は、現代においても多くの人々に読まれ、その思想や実践は、現代人の生き方に大きな影響を与えています。

タイトルとURLをコピーしました