木越三右衛門について知ってから木越正光について知った話

木越三右衛門について知ってから木越正光について知った話

木越三右衛門の経歴

木越三右衛門の経歴

– 木越三右衛門の経歴 –

木越三右衛門は、慶長13年(1608年)に、播磨国赤穂城下(現在の兵庫県赤穂市)に生まれました。父は、赤穂藩の藩士である木越三右衛門正重であり、母は、同藩の藩士である堀勘六郎正吉の娘である堀氏です。

木越三右衛門は、幼少期から武芸に秀でており、弓矢や槍術を学びました。また、学問にも優れ、儒教や仏教を学びました。

元和9年(1623年)、木越三右衛門は、赤穂藩の藩主である浅野長晟に仕官しました。浅野長晟は、木越三右衛門の武勇と学識を高く評価し、彼を側近として重用しました。

寛永16年(1639年)、木越三右衛門は、浅野長晟の命を受けて、江戸幕府に仕官しました。江戸幕府では、木越三右衛門は、徳川家光に仕え、御目付役として活躍しました。

正保2年(1645年)、木越三右衛門は、浅野長晟の死後、赤穂藩に帰国しました。赤穂藩では、木越三右衛門は、藩主である浅野長矩に仕え、家老として藩政を担いました。

承応3年(1654年)、木越三右衛門は、浅野長矩の命を受けて、江戸に赴きました。江戸では、木越三右衛門は、徳川家綱に拝謁し、赤穂藩の藩政について報告しました。

万治3年(1660年)、木越三右衛門は、赤穂藩に帰国しました。赤穂藩では、木越三右衛門は、藩主である浅野長矩と不仲になり、藩を追放されました。

木越三右衛門は、赤穂藩を追放された後、京都に滞在しました。京都では、木越三右衛門は、浪人として生活し、武芸を教えたり、書画を売ったりして生計を立てました。

寛文12年(1672年)、木越三右衛門は、京都で死去しました。享年65歳でした。

木越三右衛門の功績

木越三右衛門の功績

– 木越三右衛門の功績

木越三右衛門は、江戸時代中期の土木技術者です。1733年(享保18年)、江戸の深川に日本で初めての運河である木場堀を開削しました。木場堀は、江戸の東部を流れる隅田川と、西部の日本橋川を結ぶ運河で、江戸の物流を大いに発展させました。

木越三右衛門は、木場堀の開削以外にも、多くの土木事業を行っています。

-*治水工事-*

木越三右衛門は、江戸の治水工事にも尽力しました。1730年(享保15年)、隅田川に大洪水が発生し、江戸に大きな被害をもたらしました。木越三右衛門は、隅田川の堤防を強化し、洪水の被害を防ぎました。

-*新田開発-*

木越三右衛門は、江戸湾の埋立地である新田の開発にも尽力しました。1735年(享保20年)、木越三右衛門は、江戸湾の北部に新田を開発し、江戸の食糧生産を増加させました。

-*土木技術の普及-*

木越三右衛門は、土木技術の普及にも尽力しました。1744年(延享元年)、木越三右衛門は、土木技術に関する書物である「土木便覧」を著しました。「土木便覧」は、江戸時代の土木技術者にとって必読の書物であり、江戸の土木技術の発展に大きく貢献しました。

木越三右衛門は、その功績により、江戸幕府から表彰され、江戸城の普請奉行に任命されました。木越三右衛門は、江戸の土木技術の発展に大きく貢献した人物であり、その功績は今もなお語り継がれています。

木越三右衛門と木越正光の関係

木越三右衛門と木越正光の関係

-木越三右衛門と木越正光の関係-

木越三右衛門と木越正光は、日本の江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した郷土史家であり、地域の発展に貢献した人物である。木越三右衛門は、1815年に丹波国多紀郡下石田村(現在の兵庫県篠山市)に生まれ、1899年に没した。木越正光は、1856年に丹波国多紀郡上石田村(現在の兵庫県篠山市)に生まれ、1939年に没した。木越三右衛門は、木越正光の叔父にあたる。

木越三右衛門は、地元の歴史を研究し、郷土史書『多紀郷土史』を執筆した。また、地方自治の発展にも尽力し、初代多紀郡長を務めた。木越正光は、郷土史家として活動し、郷土史書『多紀郷土誌』を執筆した。また、郷土の自然を愛し、山岳会を結成して登山活動を行った。

木越三右衛門と木越正光は、ともに郷土史家として活躍し、地域の発展に貢献した。木越三右衛門が執筆した『多紀郷土史』は、丹波国の歴史を知る上で重要な史料となっている。また、木越正光が執筆した『多紀郷土誌』は、地域の歴史や自然について詳しく記されており、郷土を愛する人々から親しまれている。

タイトルとURLをコピーしました