人物辞典 – 日源

人物辞典 – 日源

人物紹介

人物紹介

-人物辞典 – 日源-

-人物紹介-

日源(にちげん)は、鎌倉時代中期に活躍した僧侶です。本名は源信(みなもとのしん)であり、日源は法名です。諡号(死後に贈られる称号)で「応永三年(1396年)寂法橋玄誉上入道日源大法師」という名称が知られています。

日源は、1245年に鎌倉で生まれました。父は源貞秀(みなもとのさだひで)、母は源顕光(みなもとあきみつ)の娘とされています。日源は、幼い頃から仏教に親しみ、13歳の時に出家して僧侶となりました。叡山延暦寺で天台宗を学び、1271年に大僧都に任じられます。

1274年、日源は後深草天皇の勅命により、日本各地の寺院を巡歴しました。この巡歴中に、日源は各地の寺社で名声を博し、多くの弟子を獲得します。1280年には、日源は鎌倉円覚寺の開山(初代住職)に任じられ、円覚寺を日本有数の禅寺に育て上げました。

日源は、禅宗の教えを説くだけでなく、政治にも大きな影響力を持っていました。1285年には、鎌倉幕府の執権である北条時宗の命により、元軍の襲来を予測する「元寇予言」を行いました。この予言が的中したことで、日源は鎌倉幕府の重臣として重用されるようになります。

日源は、1318年に鎌倉で亡くなりました。享年74。日源の墓は、鎌倉円覚寺にあります。

日源は、鎌倉時代中期に活躍した禅僧であり、政治家です。禅宗の教えを説き、鎌倉円覚寺の開山を務めました。また、北条時宗の重臣として、鎌倉幕府の政治に大きな影響力を持っていました。日源は、鎌倉時代を代表する人物の一人です。

経歴

経歴

-経歴-
日源は、1198年(建久9年)に、紀伊国(現在の和歌山県)に生まれました。俗名は「源光(げんこう)」です。

日源は、幼い頃から仏教に興味を持ち、1211年(建暦元年)に高野山に登って出家しました。高野山では、覚鑁(かくばん)の弟子である性信(しょうしん)に師事して、密教を学びました。

1220年(承久2年)、日源は、高野山を離れて、比叡山に登りました。比叡山では、慈円(じえん)に師事して、天台宗を学びました。

1224年(寛喜2年)、日源は、比叡山を離れて、京都に下りました。京都では、浄土宗の開祖である法然(ほうねん)に師事して、浄土教を学びました。

1226年(嘉禄2年)、日源は、法然の勧めで、常陸国(現在の茨城県)に下りました。常陸国では、浄土教を広め、多くの弟子を集めました。

1254年(建長6年)、日源は、常陸国から京都に戻りました。京都では、極楽寺を建立して、浄土教の拠点としました。

1263年(弘長3年)、日源は、京都で亡くなりました。享年66歳でした。

日源は、浄土宗の開祖である法然の弟子であり、浄土教の普及に努めた人物です。日源の教えは、後に、浄土宗の祖師である親鸞(しんらん)に受け継がれました。

法華寺創建

法華寺創建

-# 法華寺創建

日源は、1221年に奈良県南葛城郡に生まれ、幼い頃から仏教に深い関心を持ち、16歳の時に出家しました。その後、京都の東寺で仏教を学び、1245年に日蓮宗の開祖である日蓮上人に帰依しました。日蓮上人のもとで仏教を学び、1253年に日蓮上人の弟子として認められ、日蓮宗の僧侶として活動を始めることとなりました。

日源は、日蓮上人の弟子として、日蓮宗の布教活動に尽力しました。1260年、日源は、日蓮上人の命を受けて、奈良県に法華寺を創建しました。法華寺は、日蓮宗の総本山である身延山久遠寺に次ぐ、日蓮宗の重要な寺院であり、日蓮宗の布教活動の中心地となりました。

日源は、法華寺を創建しただけでなく、日蓮宗の教義をまとめたり、日蓮宗の僧侶を育成したりするなど、日蓮宗の発展に大きく貢献しました。日源は、1303年に亡くなりましたが、その死後も法華寺は日蓮宗の重要な寺院として栄え続け、現在に至っています。

法華寺は、奈良県南葛城郡にある日蓮宗の寺院です。日蓮宗の総本山である身延山久遠寺に次ぐ、日蓮宗の重要な寺院であり、日蓮宗の布教活動の中心地となっています。法華寺は、1260年に日蓮上人の弟子である日源が開基した寺院で、日蓮宗の教義をまとめたり、日蓮宗の僧侶を育成したりするなど、日蓮宗の発展に大きく貢献しました。

法華寺は、日蓮宗の重要な寺院として、多くの参拝客が訪れる観光スポットとなっています。法華寺には、日蓮上人や日源の像が祀られており、日蓮宗の教義を伝える貴重な資料が保存されています。法華寺は、日蓮宗の歴史を学ぶことができる貴重な寺院であり、日蓮宗の信徒にとっては、重要な巡礼地となっています。

タイトルとURLをコピーしました