浅野長厚 – 明治維新の動乱を生き抜いた大名

浅野長厚 – 明治維新の動乱を生き抜いた大名

天保14年に生まれた浅野長厚

天保14年に生まれた浅野長厚

天保14年に生まれた浅野長厚

浅野長厚は、天保14年(1843年)に飛騨国高須藩主・浅野長勲の嫡男として生まれた。幼名は金次郎。長厚が生まれた当時は、天保の大飢饉の真っ只中で、幕府は厳しい倹約政策を施行していた。そのため、長厚は質素な生活を送っていたという。

長厚は、幼い頃から学問に励み、漢学や儒学を学んだ。また、剣術や柔術などの武芸にも秀でていた。16歳のとき、長厚は父・長勲の死去に伴い、家督を継いだ。しかし、長厚が藩主となった当時、高須藩は財政難に陥っており、藩政改革に着手せざるを得なかった。

長厚は藩政改革を断行し、藩の財政を立て直すことに成功した。また、長厚は藩士の教育にも力を入れた。安政5年(1858年)、長厚は藩校「稽古館」を設立し、藩士の子弟に教育を施した。

慶応4年(1868年)に戊辰戦争が勃発すると、長厚は新政府軍に味方した。長厚は、新政府軍の総督を務めていた有栖川宮熾仁親王に謁見し、新政府軍への協力を申し出た。

熾仁親王は、長厚の申し出を快諾し、長厚に新政府軍の奥羽鎮撫総督に任命した。長厚は、奥羽鎮撫総督として、東北地方の奥羽越列藩同盟を討伐し、新政府軍の勝利に貢献した。

戊辰戦争が終結すると、長厚は明治政府に出仕した。長厚は、明治政府で様々な役職を歴任し、明治22年(1889年)に貴族院議員に任命された。長厚は、明治27年(1894年)に死去した。

文久2年に広島新田藩主となる

文久2年に広島新田藩主となる

文久2年に広島新田藩主となる

浅野長厚は、文久2年(1862年)に広島新田藩の藩主となりました。広島新田藩は、広島藩の分家のひとつであり、広島藩主の浅野長勲の弟である浅野長厚が初代藩主となりました。広島新田藩の領地は、現在の広島県東部にあたる地域であり、石高は1万石でした。

浅野長厚は、広島新田藩主となった後、藩政改革を行いました。浅野長厚は、藩の財政を立て直すために、倹約令を発令し、藩士の俸禄を削減しました。また、藩士に洋学を学ばせ、藩の近代化を図りました。

浅野長厚は、明治維新後も広島新田藩の藩主を務め続けました。明治4年(1871年)、広島新田藩は廃藩置県により廃藩となり、浅野長厚は藩主の地位を失いました。

浅野長厚は、明治維新の動乱を生き抜いた大名であり、藩政改革を行い、藩の近代化を図りました。

明治6年に死去

明治6年に死去

-明治6年に死去-

浅野長厚は、1812年に尾張藩主・徳川斉朝の次男として生まれました。幼名は数馬丸、のちに長亀と改められました。1832年に父が死去したことで、12歳で藩主の座を継ぎました。

長厚は、藩政改革に尽力し、藩の財政を再建しました。また、西洋式の学問を導入し、藩士の教育にも力を入れました。1868年の戊辰戦争では、新政府軍に協力し、東北地方の鎮圧に貢献しました。

明治維新後は、新政府に出仕し、民部卿や大蔵卿などを歴任しました。しかし、1873年に病に倒れ、同年8月22日に死去しました。享年62。

長厚は、明治維新の動乱を生き抜いた稀有な大名であり、新政府の樹立に貢献しました。その功績は、今日でも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました