建川美次

建川美次

前半生と日露戦争での活躍

前半生と日露戦争での活躍

-建川美次-

-前半生と日露戦争での活躍-

建川美次(たてかわ よしじ)は、1868年(慶応4年)に旧薩摩藩の士族の家に生まれた。幼少の頃から、武術を学び、1888年(明治21年)に海軍兵学校にトップで入学、日本帝国海軍に入り、1894年(明治27年)の日清戦争では、連合艦隊司令長官の東郷平八郎の下、巡洋艦「浪速」の分隊長として参戦した。1904年(明治37年)に勃発した日露戦争では、第2艦隊の参謀として旅順港の封鎖に貢献、その後、連合艦隊の参謀として日本海の戦いに参加し、ロシアのバルチック艦隊を撃破した。1919年(大正8年)に海軍次官に就任、1922年(大正11年)に海軍大将に昇進、1924年(大正13年)に海軍大臣に就任した。1927年(昭和2年)に病没した。

-建川美次の功績-

建川美次は、日露戦争で活躍した海軍軍人である。旅順港の封鎖と日本海の戦いで、ロシアのバルチック艦隊を撃破した。また、海軍次官や海軍大臣を歴任し、海軍の近代化に貢献した。建川美次は、日本海軍史上を代表する人物の一人である。

-建川美次の評価-

建川美次は、その功績から、海軍の英雄として称賛されている。しかし、一方で、日露戦争での過酷な作戦や、海軍の近代化を急いだために、多くの犠牲者を出したという批判もある。また、建川美次は、軍人としてだけでなく、政治家としても活躍した。しかし、その政治手腕は、あまり高く評価されていない。

満州事変と関東軍の謀略への対応

満州事変と関東軍の謀略への対応

建川美次

満州事変と関東軍の謀略への対応

建川美次は、1920年代から1930年代にかけての日本陸軍の軍人である。1890年に福島県で生まれ、1911年に陸軍士官学校を卒業した。1924年には関東軍に配属され、満州事変当時は関東軍参謀であった。

満州事変は、1931年9月18日に起こった、満州(現在の中国東北部)での軍事衝突である。関東軍が満鉄の線路を爆破し、これを中国軍の仕業であるとして満州の占領を開始した。この事件は、日中戦争のきっかけとなった。

建川美次は、満州事変の計画段階から実行段階まで、重要な役割を果たした。彼は、満鉄の線路を爆破する計画を立案し、実行部隊を指揮した。また、満州事変後の満州の統治にも関与した。

建川美次は、関東軍の謀略を積極的に活用し、満州事変を成功させた。しかし、彼の行動は国際社会から強く非難され、日本軍の評判を落とすことになった。

1934年、建川美次は中将に昇進した。1936年には予備役となり、1945年に死去した。

駐ソ連大使としての日ソ中立条約交渉

駐ソ連大使としての日ソ中立条約交渉

-建川美次-

-駐ソ連大使としての日ソ中立条約交渉-

建川美次は、日本外交官。外務大臣、駐ソ連大使、駐中華民国大使、外務次官などを歴任した。

1940年(昭和15年)11月、建川は駐ソ連大使に任命された。ソ連とは、日ソ中立条約を巡って交渉中であり、建川の任務は条約締結を実現することだった。

条約締結交渉は難航した。ソ連側は、日本が満州国を承認することを要求し、日本側は、ソ連がモンゴル人民共和国を承認することを要求した。双方は、中立条約の締結について合意できず、交渉は中断した。

その後、1941年(昭和16年)4月、ソ連はドイツと中立条約を締結した。ソ連の中立条約締結は、日本にとって大きな衝撃であり、建川の交渉は完全に失敗した。

建川は、1942年(昭和17年)1月にソ連大使を辞任し、帰国した。その後、建川は外務次官、外務大臣などを歴任し、日本の外交政策に大きな役割を果たした。

建川は、1969年(昭和44年)に亡くなった。

タイトルとURLをコピーしました