「浅野長賢」

「浅野長賢」

浅野長賢.

浅野長賢.

浅野長賢.

浅野長賢(あさの ながよし)は、戦国時代の武将。陸奥国浅野氏の当主。通称は又五郎、治部少輔。

浅野氏は、藤原南家工藤氏の流れを汲む桓武平氏の一族で、相模国を所領としていたが、鎌倉時代初期に陸奥国へ移り、浅野氏を称するようになった。浅野長賢は、その浅野氏の第12代当主である。

長賢は、永禄2年(1559年)に生まれた。父は浅野長勝。母は岩城重隆の娘。幼名は松千代。

長賢は、幼い頃から聡明で武勇に優れていた。永禄8年(1565年)、17歳の若さで家督を継いだ。

長賢は、家督を継ぐと、領国の統治に努めた。また、周辺の豪族と同盟を結んで、勢力を拡大した。

永禄11年(1568年)、織田信長が上洛して足利義昭を奉じて室町幕府を再興した。長賢は、信長に味方して、信長の弟である織田信包に従った。

元亀元年(1570年)、信長は、越前国一向一揆を討伐するために出陣した。長賢も、信包に従って出陣した。

しかし、一向一揆は、信長の軍勢を撃退した。長賢も、この戦いで負傷した。

元亀2年(1571年)、長賢は、信長から陸奥国の守護に任命された。

天正6年(1578年)、長賢は、伊達輝宗と同盟を結んだ。

天正9年(1581年)、長賢は、信長から従五位下・左京大夫に叙任された。

天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が死去すると、長賢は、豊臣秀吉に降伏した。

天正12年(1584年)、長賢は、秀吉から陸奥国岩瀬郡と刈田郡を与えられた。

天正15年(1587年)、長賢は、秀吉の九州征伐に従軍した。

天正18年(1590年)、長賢は、秀吉の小田原征伐に従軍した。

文禄元年(1592年)、長賢は、秀吉の朝鮮出兵に従軍した。

文禄2年(1593年)、長賢は、朝鮮で病死した。享年35。

長賢は、勇猛果敢な武将として知られている。また、領国の統治にも務めて、民衆から慕われた。

長賢の死後、浅野氏は、子の浅野長政が継いだ。

生涯.

生涯.

-「浅野長賢」-

-生涯.-

浅野長賢は、1667年(寛文7年)に、播磨国赤穂藩主・浅野長直の長男として生まれました。幼名は松千代丸、通称は大内蔵介と呼ばれました。1675年(延宝3年)に父が死去し、家督を継いで第3代赤穂藩主となりました。

長賢は、藩政を改革して藩財政を立て直し、赤穂藩を中興しました。また、赤穂藩の学問と武芸を奨励し、赤穂藩を文化の藩として有名にしました。

しかし、1701年(元禄14年)、長賢は江戸城中で吉良義央(吉良上野介)を斬りつけてしまい、切腹を命じられました。赤穂藩は改易され、家臣たちは浪人となりました。

長賢の死後、赤穂藩の旧家臣たちは、大石良雄をリーダーとして吉良義央を討ち取ることを決意しました。1703年(元禄16年)、大石良雄率いる赤穂藩の旧家臣たちは、吉良義央を討ち取りました。この事件は、忠臣蔵として知られています。

浅野長賢は、忠臣蔵の主人公として知られています。長賢の死は、赤穂藩の旧家臣たちに大きな衝撃を与え、吉良義央を討ち取ることを決意させるきっかけとなりました。長賢の死は、忠臣蔵の悲劇を生んだとも言われています。

青山内証分家浅野家.

青山内証分家浅野家.

– 青山内証分家浅野家。

浅野家は、室町時代の武将・浅野長賢を祖とする日本の氏族です。戦国時代には豊臣秀吉に仕え、江戸時代には譜代大名として栄えました。

浅野家の始祖である浅野長賢は、三河国守護・一色氏の家臣でした。応仁の乱で一色氏が没落すると、長賢は尾張国に逃れ、織田信秀に仕えました。信秀の死後は信長に仕え、永禄11年(1568年)の桶狭間の戦いで功を立てました。

信長の死後は羽柴秀吉に仕え、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは、秀吉方の武将として徳川家康の軍と戦いました。文禄2年(1593年)の朝鮮出兵では、名護屋城の普請奉行を務めました。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、浅野長政は東軍に属して戦いました。戦後、長政は豊後国杵築藩5万3千石を与えられました。

長政の死後は、その養子の浅野長晟が家督を継ぎました。長晟は、徳川家康の娘・亀姫を正室に迎え、徳川将軍家と姻戚関係を結びました。長晟の代に、浅野家は常陸国水戸藩35万石に転封されました。

長晟の死後は、その嫡男の浅野長矩が家督を継ぎました。しかし、長矩は赤穂事件を起こして自害し、浅野家は断絶となりました。

浅野家は断絶となりましたが、分家である青山内証分家浅野家が存続しました。青山内証分家浅野家は、浅野長晟の養子の浅野長重が分家して創設した家系です。長重は、徳川秀忠の側室・お万の方の父であり、徳川将軍家と姻戚関係を結びました。

青山内証分家浅野家は、江戸時代には3万石の旗本として存続しました。明治維新後、浅野家は華族に列し、男爵の爵位を授けられました。

浅野家は、戦国時代から江戸時代にかけて、譜代大名として栄華を極めた氏族です。しかし、赤穂事件によって断絶となり、分家である青山内証分家浅野家が存続しました。青山内証分家浅野家は、江戸時代には旗本として存続し、明治維新後は華族に列しました。

タイトルとURLをコピーしました