浅野長喬(1732~1770) – 江戸時代中期の大名

浅野長喬(1732~1770) – 江戸時代中期の大名

浅野長喬の生涯

浅野長喬の生涯

浅野長喬の生涯

浅野長喬は、1732年に備後福山藩の第5代藩主として生まれました。父親は浅野長澄、母親は古新田藩主・織田信年の娘です。幼名は顕信でしたが、後に長喬と改名しました。

長喬は、1744年に父親が死去したため、13歳で家督を相続しました。藩政を改革し、藩財政の立て直しや産業の振興に努めました。また、学問を奨励し、藩校である弘道館を創設しました。

1769年には、江戸幕府の老中となりました。しかし、わずか1年余りで病に倒れ、1770年に39歳で死去しました。法名は、大雲院殿瑞昌道喬大居士です。

長喬は、短命でしたが、藩政改革や学問の奨励など、多くの功績を残しました。その功績は、後世の人々にも称えられています。

長喬の死後、跡を継いだのは、長男の浅野重晟でした。重晟は、父の遺志を受け継ぎ、藩政改革や学問の奨励に努めました。また、備後福山藩を、日本屈指の大藩へと発展させました。

浅野長喬の功績

浅野長喬の功績

-浅野長喬の功績-

浅野長喬は、江戸時代中期の大名で、浅野長矩の三男として江戸に生まれた。父の長矩は、赤穂事件で切腹した浅野内匠頭の弟である。長喬は、幼い頃から学問に励み、和歌や詩文を能くし、また剣術や弓術にも優れていた。

1758年、兄の長訓が亡くなり、長喬は浅野家の家督を継いだ。家督を継いだ長喬は、領内の産業振興に努め、また学問や文化を奨励した。また、長喬は藩校である「浅野学館」を創設し、藩士の子弟に教育を施した。

長喬は、藩政改革にも熱心に取り組み、領内の貢租を軽減し、また藩士の待遇を改善した。また、長喬は藩内の経済振興を図るために、殖産興業を奨励し、藩内各地に工場や鉱山を建設した。

長喬の功績は、領民から高く評価され、長喬は「名君」として慕われた。長喬は、1770年に39歳で亡くなったが、その死は領民に大きな悲しみを与えた。

長喬の功績は以下の通りである。

* 領内の産業振興を図った。
* 学問や文化を奨励した。
* 藩校である「浅野学館」を創設した。
* 藩政改革に取り組み、領内の貢租を軽減し、藩士の待遇を改善した。
* 殖産興業を奨励し、藩内各地に工場や鉱山を建設した。

長喬の功績は、領民から高く評価され、長喬は「名君」として慕われた。長喬の死は、領民に大きな悲しみを与えた。

浅野長喬の死

浅野長喬の死

浅野長喬の死

浅野長喬は、1770年(明和7年)に39歳の若さで亡くなった。死因は、結核である。長喬は、生来病弱であり、長らく結核に悩まされていた。しかし、病を押し切って国政に励み、江戸と播磨を行き来するなど、精力的に活動していた。しかし、1770年になって病状が悪化し、同年11月13日に浅野邸で死去した。

長喬の死は、播磨藩に大きな衝撃を与えた。長喬は、藩政改革に尽力し、また、藩士や領民にも慕われていた。彼の死は、藩の大きな損失であった。

長喬の死後、嫡子の浅野長勲が家督を継いだ。長勲は、父の遺志を継いで藩政改革を推進し、播磨藩を中興に導いた。

浅野長喬は、江戸時代中期の大名であり、播磨藩の5代藩主であった。彼は、藩政改革に尽力し、また、藩士や領民にも慕われていた。彼の死は、播磨藩に大きな衝撃を与えた。

タイトルとURLをコピーしました