新田義成(⇒里見義成)

新田義成(⇒里見義成)

新田義成の生涯

新田義成の生涯

– 新田義成(⇒里見義成)

-# 新田義成の生涯

新田義成(にった よしなり/さとみ よしなり)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての武将、新田氏の第13代当主。鎌倉幕府の御家人、武将として活躍し、元弘の乱では足利尊氏の挙兵に応じ、その後の建武の新政では功績を挙げた。しかし、尊氏が建武政権に反旗を翻したことで義成は尊氏と対立し、南北朝時代の動乱に巻き込まれることになる。

義成は、1301年(嘉元元年)に新田義貞の嫡男として誕生した。鎌倉幕府に仕え、1333年(元弘3年)に勃発した元弘の乱では、父である義貞に従って足利尊氏の挙兵に応じた。鎌倉幕府を倒した後は、建武政権に参加し、尊氏とともに後醍醐天皇を奉じて京都に新政権を樹立した。

しかし、尊氏が建武政権に反旗を翻すと、義成は尊氏と対立し、南北朝時代の動乱に巻き込まれることになる。義成は北朝に属し、尊氏と幾度となく戦った。1336年(建武3年)には、尊氏と戦って敗れ、常陸国(現在の茨城県)に逃亡した。その後、義成は常陸国を拠点として、北朝のために戦い続けた。

1348年(貞和4年)、義成は尊氏と和睦し、北朝に帰参した。その後、尊氏に仕えて、九州の平定など、数々の戦功を挙げた。1358年(正平13年)、義成は60歳で死去した。

義成は、鎌倉幕府の御家人として活躍し、元弘の乱では足利尊氏の挙兵に応じた。建武政権では功績を挙げたが、尊氏が建武政権に反旗を翻したことで、南北朝時代の動乱に巻き込まれた。義成は北朝に属し、尊氏と幾度となく戦ったが、1348年に和睦し、北朝に帰参した。その後、義成は尊氏に仕えて、数々の戦功を挙げた。義成は南北朝時代の動乱に翻弄されながらも、北朝のために戦い続けた武将であった。

新田義成の功績

新田義成の功績

新田義成の功績

新田義成は、鎌倉時代末期の武将で、新田氏の祖とされる。南北朝時代の建武の新政で、後醍醐天皇を支持して活躍した人物である。

新田義成の功績は、大きく以下の3つに分けられる。

1. 鎌倉幕府の打倒
新田義成は、1331年に鎌倉幕府の打倒を掲げて挙兵し、鎌倉幕府を滅亡に追い込んだ。この功績により、新田義成は後醍醐天皇から「征夷大将軍」の称号を授けられた。

2. 建武の新政
建武の新政は、後醍醐天皇が鎌倉幕府を滅亡させた後に開始した政治改革である。新田義成は、建武の新政において、後醍醐天皇を支えて活躍した。

3. 南北朝の動乱
建武の新政は、のちに足利尊氏によって倒され、南北朝の動乱が勃発した。新田義成は、南朝方に属して、足利尊氏と戦った。しかし、新田義成は、1338年に足利尊氏に敗れて戦死した。

新田義成の功績は、鎌倉幕府の打倒、建武の新政、南北朝の動乱において、後醍醐天皇を支えて活躍したことに集約される。新田義成は、日本の歴史上、重要な人物であり、その功績は今日でも語り継がれている。

新田義成の子孫

新田義成の子孫

新田義成の子孫

新田義成の子孫は、鎌倉時代から室町時代にかけて活躍した武将や戦国大名が多く輩出した。

義成の長男泰成は、初め新田義貞の猶子となり、南朝に仕えた。建武3年(1336年)に義貞が戦死すると、義成は嫡男として新田氏の家督を継いだ。泰成は、建武4年(1337年)に鎌倉幕府を滅ぼし、建武政権を樹立した功績により、従五位下・左馬権頭に任じられた。しかし、建武5年(1338年)に足利尊氏に敗れて北陸に逃れ、その後は各地を転戦した。

泰成の嫡男である義治は、正平9年(1354年)に尊氏の長男義詮を破り、鎌倉を陥落させた。しかし、翌年に義詮の反撃を受けて鎌倉を奪還され、上野国(群馬県)に逃れた。正平13年(1358年)に義治は尊氏に降伏し、新田氏の本拠地である武蔵国(埼玉県)を与えられた。

義治の嫡男である氏治は、応永6年(1399年)に足利満兼を破り、鎌倉を占領した。しかし、翌年に満兼の反撃を受けて鎌倉を奪還され、武蔵国に逃れた。応永11年(1404年)に氏治は満兼に降伏し、新田氏の本拠地である上野国を与えられた。

氏治の嫡男である満守は、永享12年(1440年)に鎌倉公方足利成氏に叛旗を翻し、鎌倉を占領した。しかし、翌年に成氏の反撃を受けて鎌倉を奪還され、上野国に逃れた。永享14年(1442年)に満守は成氏に降伏し、新田氏の本拠地である上野国を与えられた。

満守の嫡男である政盛は、応仁元年(1467年)に越後国の守護代長尾景春に叛旗を翻し、越後国を占領した。しかし、翌年に景春の反撃を受けて越後国を奪還され、上野国に逃れた。応仁2年(1468年)に政盛は景春に降伏し、新田氏の本拠地である上野国を与えられた。

政盛の嫡男である高基は、明応8年(1499年)に上杉顕定に叛旗を翻し、上野国を占領した。しかし、翌年に顕定の反撃を受けて上野国を奪還され、常陸国(茨城県)に逃れた。明応10年(1501年)に高基は顕定に降伏し、新田氏の本拠地である上野国を与えられた。

高基の嫡男である義宗は、永正4年(1507年)に顕定に叛旗を翻し、上野国を占領した。しかし、翌年に顕定の反撃を受けて上野国を奪還され、常陸国に逃れた。永正6年(1509年)に義宗は顕定に降伏し、新田氏の本拠地である上野国を与えられた。

義宗の嫡男である堯熙は、天文23年(1554年)に北条氏康に叛旗を翻し、上野国を占領した。しかし、翌年に氏康の反撃を受けて上野国を奪還され、常陸国に逃れた。天文25年(1556年)に堯熙は氏康に降伏し、新田氏の本拠地である上野国を与えられた。

堯熙の嫡男である義昌は、永禄12年(1569年)に武田信玄に叛旗を翻し、上野国を占領した。しかし、翌年に信玄の反撃を受けて上野国を奪還され、常陸国に逃れた。永禄14年(1571年)に義昌は信玄に降伏し、新田氏の本拠地である上野国を与えられた。

義昌の嫡男である昌純は、天正10年(1582年)に徳川家康に叛旗を翻し、上野国を占領した。しかし、翌年に家康の反撃を受けて上野国を奪還され、常陸国に逃れた。天正12年(1584年)に昌純は家康に降伏し、新田氏の本拠地である上野国を与えられた。

昌純の嫡男である義貞は、慶長5年(1600年)に徳川家康に叛旗を翻し、上野国を占領した。しかし、翌年に家康の反撃を受けて上野国を奪還され、常陸国に逃れた。慶長7年(1602年)に義貞は家康に降伏し、新田氏の本拠地である上野国を与えられた。

義貞の嫡男である義澄は、元和2年(1616年)に徳川家康に叛旗を翻し、上野国を占領した。しかし、翌年に家康の反撃を受けて上野国を奪還され、常陸国に逃れた。元和4年(1618年)に義澄は家康に降伏し、新田氏の本拠地である上野国を与えられた

タイトルとURLをコピーしました