喜山宗忻-戦国時代の僧侶

喜山宗忻-戦国時代の僧侶

出生地と師との出会い

出生地と師との出会い

-喜山宗忻-戦国時代の僧侶-

-出生地と師との出会い-

喜山宗忻は、室町時代から戦国時代にかけての僧侶です。臨済宗の僧侶で、大徳寺、妙心寺、南禅寺などの大寺院の住職を務めました。また、足利将軍家や織田信長などの有力武将の帰依を受け、天下の安泰を祈りました。

喜山宗忻は、天正12年(1584年)、美濃国現在の岐阜県に生まれました。父は、美濃の戦国大名・斎藤道三の家臣でしたが、喜山宗忻が幼い頃に戦死しました。母は、喜山宗忻を連れて京都に逃れ、そこで禅僧・玉浦宗珉に弟子入りさせました。

玉浦宗珉は、臨済宗の僧侶で、南禅寺や妙心寺の住職を務めた高僧でした。喜山宗忻は、玉浦宗珉から禅の教えを受け、悟りの境地に達しました。また、玉浦宗珉から、学問や政治経済の知識も学びました。

永禄11年(1568年)、玉浦宗珉が亡くなると、喜山宗忻は、玉浦宗珉の跡を継いで、南禅寺の住職となりました。喜山宗忻は、南禅寺の住職として、寺務を改革し、寺領を拡大しました。また、足利将軍家や織田信長などの有力武将の帰依を受け、天下の安泰を祈りました。

天正19年(1591年)、喜山宗忻は、大徳寺の住職となりました。大徳寺は、臨済宗の五山の一つで、京都五山の一つにも数えられていました。喜山宗忻は、大徳寺の住職として、寺務を改革し、寺領を拡大しました。また、足利将軍家や織田信長などの有力武将の帰依を受け、天下の安泰を祈りました。

慶長5年(1600年)、喜山宗忻は、妙心寺の住職となりました。妙心寺は、臨済宗の五山の一つで、京都五山の一つにも数えられていました。喜山宗忻は、妙心寺の住職として、寺務を改革し、寺領を拡大しました。また、足利将軍家や織田信長などの有力武将の帰依を受け、天下の安泰を祈りました。

慶長14年(1609年)、喜山宗忻は、京都で亡くなりました。享年65歳でした。

修行時代と印可

修行時代と印可

-# 修行時代と印可

喜山宗忻は、1481年に現在の静岡県浜松市に生まれました。幼少の頃から仏教に親しみ、14歳の時に出家して臨済宗の僧侶となりました。その後、京都の相国寺や建仁寺で修行を重ね、19歳の時に印可を得ました。印可とは、禅宗において修行の成果が認められ、師から認められた証です。

喜山宗忻は、印可を得た後も修行を続け、各地の寺院を巡歴しました。その中で、当時最先端の禅思想を学んでいた白隠慧鶴と出会い、その教えに感銘を受けました。白隠慧鶴は、禅の修行は座禅だけでなく、日常生活のあらゆる場面で行うべきだと主張しており、喜山宗忻はそれを実践することで禅の真髄を体得していきました。

喜山宗忻は、白隠慧鶴の教えを基に、独自の禅思想を確立していきました。その禅思想は、座禅や日常生活のあらゆる場面で行う修行を通して、自己の心を清め、悟りを開くことを目指すものでした。喜山宗忻は、この禅思想を多くの人々に伝え、戦国時代の動乱期に人々の心のよりどころとなりました。

安楽寺の住持として

安楽寺の住持として

安楽寺の住持として

喜山宗忻は、安楽寺の住持として、その発展に尽力しました。安楽寺は、京都市右京区にある浄土宗の寺院です。元弘2年(1332年)に、後醍醐天皇の勅願により、覚阿が創建したと伝えられています。その後、応仁の乱(1467-1477年)で焼失しましたが、喜山宗忻が住持となった永禄11年(1568年)に、再建されました。

喜山宗忻は、安楽寺を再建した後、寺領の拡大や伽藍の整備に努めました。また、学問を奨励し、多くの僧侶を育成しました。その結果、安楽寺は、京都を代表する浄土宗の寺院として栄えるようになりました。

喜山宗忻は、永禄12年(1569年)に、安楽寺で亡くなりました。享年68歳でした。その死後、安楽寺の住持は、喜山宗忻の弟子である土山宗泉が継ぎました。土山宗泉は、喜山宗忻の遺志を受け継ぎ、安楽寺の発展に努めました。

安楽寺は、喜山宗忻と土山宗泉の尽力により、京都を代表する浄土宗の寺院として栄えました。そして、現在でも、多くの参拝者が訪れる人気の観光スポットとなっています。

タイトルとURLをコピーしました