「義山理忠」(⇒理忠女王(りちゅうじょおう))

「義山理忠」(⇒理忠女王(りちゅうじょおう))

理忠女王は、平安時代中期の女流歌人で、父は、醍醐天皇、母は、藤原淑子。

理忠女王は、平安時代中期の女流歌人で、父は、醍醐天皇、母は、藤原淑子。

義山理忠(理忠女王)

理忠女王は、平安時代中期の女流歌人で、父は、醍醐天皇、母は、藤原淑子です。生年は不明ですが、延長8年(930年)に醍醐天皇が崩御した後に生まれたと推測されています。

理忠女王は、幼い頃から和歌に秀でており、早くから和歌会に出席して活躍していました。天徳4年(960年)には、円融天皇の勅命によって、藤原公任や源重之らとともに、『後撰和歌集』の撰者の一人に選ばれています。

『後撰和歌集』には、理忠女王の歌が23首収められており、その多くが恋の歌や自然を詠んだものです。理忠女王の歌は、情感が豊かで、言葉遣いが洗練されており、高い評価を得ています。

理忠女王は、長保2年(1000年)まで生存していたことが確認されていますが、それ以降の消息は不明です。しかし、彼女の歌は、後世の人々によって愛され続け、現在でも多くの歌集に収録されています。

理忠女王は、平安時代中期の歌壇を代表する女流歌人の一人であり、その歌は、優美で情趣に富んでおり、現在でも多くの人々に親しまれています。

理忠女王は、理忠御不審、理忠女御、理忠宮、理忠親王、理忠御息所、理忠内親王、理忠禅尼、理忠律師などとも呼ばれていた。

理忠女王は、理忠御不審、理忠女御、理忠宮、理忠親王、理忠御息所、理忠内親王、理忠禅尼、理忠律師などとも呼ばれていた。

-「義山理忠」(⇒理忠女王(りちゅうじょおう))-

理忠女王は、理忠御不審、理忠女御、理忠宮、理忠親王、理忠御息所、理忠内親王、理忠禅尼、理忠律師などとも呼ばれていました。理忠女王は、平安時代初期の皇族で、光仁天皇の娘です。母は、藤原百川の子である藤原乙牟漏です。

理忠女王は、延暦2年(783年)に生まれました。延暦10年(791年)に、桓武天皇の女御になりました。延暦11年(792年)に、皇女である皇都子内親王(後の平城天皇)を出産しました。桓武天皇が崩御した後に、嵯峨天皇が即位すると、理忠女王は、出家して尼僧となりました。

理忠女王は、天長10年(833年)に崩御しました。51歳でした。理忠女王は、仁和寺に葬られました。理忠女王は、平安時代初期の皇族として、平安京の文化に大きな影響を与えた人物です。

-理忠女王の生涯-

理忠女王は、延暦2年(783年)に生まれました。父は、光仁天皇です。母は、藤原百川の子である藤原乙牟漏です。理忠女王は、桓武天皇の女御となり、皇女である皇都子内親王(後の平城天皇)を出産しました。桓武天皇が崩御した後に、嵯峨天皇が即位すると、理忠女王は、出家して尼僧となりました。理忠女王は、天長10年(833年)に崩御しました。51歳でした。

-理忠女王の功績-

理忠女王は、平安時代初期の皇族として、平安京の文化に大きな影響を与えた人物です。理忠女王は、出家後も、宮廷に出入りして、政治に大きな影響力を持ちました。理忠女王は、また、仏教の信仰に厚く、多くの寺院を建立しました。理忠女王は、平安時代初期の皇族として、平安京の文化の発展に大きな貢献をしました。

-理忠女王の死後-

理忠女王は、天長10年(833年)に崩御しました。51歳でした。理忠女王は、仁和寺に葬られました。理忠女王の死後、その功績を称えて、理忠女王の号が贈られました。理忠女王は、平安時代初期の皇族として、平安京の文化の発展に大きな貢献をした人物です。理忠女王の功績は、今日でも語り継がれています。

理忠女王は、平安中期の女流歌人として知られ、家集に『理忠女王集』がある。

理忠女王は、平安中期の女流歌人として知られ、家集に『理忠女王集』がある。

– 「義山理忠」

理忠女王(りちゅうじょおう)は、平安中期の女流歌人である。藤原良房の娘で、後一条天皇の母であり、源頼朝、徳川家康の先祖に当たる。家集に『理忠女王集』がある。

– 理忠女王は、平安中期の女流歌人として知られ、家集に『理忠女王集』がある。

理忠女王は、927年に藤原良房の娘として生まれた。母は、藤原基経の娘・時子である。946年に円融天皇に入内し、956年に懐仁親王(のちの後一条天皇)を出産した。961年に皇太后となり、976年に49歳で薨去した。

理忠女王は、聡明で教養豊かであったと伝えられている。勅撰和歌集である『古今和歌集』に1首入集しており、その歌は「秋風に散らまく萩も枯れにけり 露だに置かず霜ぞおりける」である。また、家集である『理忠女王集』には300首余りの歌が収められている。その歌は、自然を詠んだものが多く、繊細で美しい情景を描いている。

理忠女王の歌は、平安時代の女流歌人の中でも特に高く評価されており、その歌は後世の女流歌人に大きな影響を与えた。理忠女王は、平安中期の女流歌人として、その名を残している。

タイトルとURLをコピーしました