浅野長広 – 江戸時代前期-中期の武士

浅野長広 – 江戸時代前期-中期の武士

浅野長広の生涯

浅野長広の生涯

-浅野長広の生涯-

浅野長広は、江戸時代前期から中期にかけての武士である。豊臣秀吉の甥である豊臣秀次の子として生まれ、浅野長政の養子となった。石見国浜田藩の藩主を務め、のちに広島藩に移封された。

長広は、1589年に豊臣秀次の三男として生まれた。しかし、1595年に秀次は豊臣秀吉の命令で切腹し、長広も連座して死罪となるはずであった。しかし、浅野長政の養子となったため、命を救われた。

長広は、1600年の関ヶ原の戦いで東軍に属し、功績を挙げた。戦後、石見国浜田藩の藩主となった。1619年には、広島藩に移封され、1632年まで藩主を務めた。

長広は、1632年に死去した。享年44。

-浅野長広の人物像-

長広は、文武両道に優れた人物であった。和歌や書をたしなみ、武芸にも秀でていた。また、政治家としても有能であり、広島藩の藩政を安定させた。

長広は、温厚で慈悲深い人物であった。領民に敬愛され、江戸時代屈指の名君と称えられている。

-浅野長広の功績-

長広は、広島藩の藩政を安定させ、領民の暮らしを豊かにした。また、和歌や書をたしなみ、武芸にも秀でていたため、多くの文人や武人に敬愛された。

長広の功績は、広島藩に限らず、日本全体に大きな影響を与えた。長広は、江戸時代屈指の名君として、現在でも多くの人々に敬愛されている。

赤穂藩主浅野長友の次男として生まれる

赤穂藩主浅野長友の次男として生まれる

赤穂藩主浅野長友の次男として生まれる

浅野長広は、江戸時代前期から中期の武士です。赤穂藩主浅野長友の次男として生まれました。幼名は熊千代、通称は弥兵衛。官位は従四位下侍従。

長広は、父・長友の死後、兄・浅野長矩が赤穂藩主を継ぐと、その家老として藩政を助けました。しかし、長矩が江戸城松の廊下で吉良義央を斬りつけ、切腹を命じられると、長広も連座して改易され、浪人となりました。

長広は、浪人後は、京都や大阪に潜伏して、吉良義央の討ち入りを計画しました。そして、元禄15年(1702年)12月14日、赤穂浪士47名とともに吉良邸に討ち入り、義央を討ち取ることができました。

討ち入り後、長広は、他の赤穂浪士とともに切腹を命じられました。享年39歳。

長広は、赤穂浪士の討ち入りの中心人物として、その名を歴史に刻みました。その忠義と勇気は、後世の人々に語り継がれています。

元禄7年に新田をあたえられて幕府寄合となる

元禄7年に新田をあたえられて幕府寄合となる

元禄7年(1694年)6月、浅野長広は家康の遺命によって日光東照宮に葵紋の銀灯籠を奉納する大役を務め、徳川綱吉に拝謁しました。この功績を賞されて、元禄8年4月、上総国周淮郡内において500石の新田を拝領し、幕府寄合となりました。寄合とは、幕府に直接仕える直参旗本のなかでも、御目見以上の格式をもちながら、特別な役職に就いていない身分のことです。

寄合に昇進した浅野長広は、幕府のさまざまな役職を歴任しました。元禄10年(1697年)には、勘定奉行に任命され、幕府の財政を管理しました。宝永元年(1704年)には、奏者番に任命され、将軍に諸侯の奏上を伝達する役目を担いました。宝永4年(1707年)には、寺社奉行に任命され、幕府の寺社政策を管理しました。

浅野長広は、幕府の重臣として、徳川綱吉の治世を支えました。また、彼は優れた経済政策家でもあり、幕府の財政を安定させることに貢献しました。宝永5年(1708年)4月、浅野長広は62歳で死去しました。

タイトルとURLをコピーしました