「大吉備建比売」(⇒穴戸武媛(あなとのたけひめ))について

「大吉備建比売」(⇒穴戸武媛(あなとのたけひめ))について

大吉備建比売とは?

大吉備建比売とは?

-# 大吉備建比売とは?

大吉備建比売(おおきびたけひめ)とは、ヤマトタケルノミコトの后であり、ヤマトタケルの死後、殉死した女性とされる人物です。大吉備建比売は、備中国(現在の岡山県)の豪族である吉備津彦の娘とされ、ヤマトタケルノミコトの東征に同行しました。

ヤマトタケルノミコトが熊襲(現在の熊本県・鹿児島県)を平定した後、吉備国(現在の岡山県)に立ち寄った際に、吉備津彦の娘である大吉備建比売に出会いました。大吉備建比売はヤマトタケルノミコトに嫁ぎ、ヤマトタケルノミコトの死後は、殉死してしまいました。

大吉備建比売は、古事記や日本書紀などに登場する人物ですが、その詳細は不明な部分が多く、謎に包まれています。しかし、ヤマトタケルノミコトの死後、殉死したという話は、ヤマトタケルノミコトと大吉備建比売の愛の深さを物語るものとして、古来より語り継がれてきました。

穴戸武媛とは?

穴戸武媛とは?

穴戸武媛とは?

穴戸武媛(あなとのたけひめ)は、吉備国(現在の岡山県)の穴戸村(現在の井原市美星町)に伝わる女神です。穴戸村には、穴戸武媛を祀る穴戸神社があり、毎年2月3日に穴戸武媛の命日である「穴戸まつり」が行われます。穴戸武媛は、命日はわかっていますが、生誕日は不詳です。

穴戸武媛は、吉備津彦命(きびつひこのみこと)の妻であり、吉備津彦命との間に吉備仲日子命(きびのなかつひこのみこと)をもうけました。吉備仲日子命は、後に吉備国の王となり、吉備国を繁栄させました。

穴戸武媛は、吉備国の人々から篤く信仰されており、安産、子育て、縁結びなどのご利益があるとされています。また、穴戸武媛は、機織りの神としても知られており、機織りの上達を祈願する人も多くいます。

穴戸神社は、穴戸村の中心部に位置しており、穴戸武媛の命日である2月3日には、穴戸まつりが行われます。穴戸まつりは、穴戸武媛の遺徳を偲び、五穀豊穣と子孫繁栄を祈願するお祭りです。穴戸まつりには、多くの人々が参拝し、穴戸武媛に祈願を行います。

タイトルとURLをコピーしました