「大吉備諸進命」について

「大吉備諸進命」について

大吉備諸進命とは

大吉備諸進命とは

大吉備諸進命とは

大吉備諸進命とは、吉備氏の祖先である大吉備津彦命が、天孫降臨に際して、神武天皇に先導して大和入りし、功績を挙げたことを賞されて賜った称号です。大吉備津彦命は、吉備氏の祖先であり、神武天皇に仕えて、大和入りを果たしました。その功績を賞されて、大吉備諸進命の称号を賜りました。大吉備諸進命は、吉備氏の祖先であり、吉備氏の繁栄の礎を築いた人物です。

大吉備諸進命は、神武天皇に仕えて、大和入りを果たしました。その功績を賞されて、大吉備諸進命の称号を賜りました。大吉備諸進命は、吉備氏の祖先であり、吉備氏の繁栄の礎を築いた人物です。

大吉備諸進命は、吉備氏の祖先であり、吉備氏の繁栄の礎を築いた人物です。大吉備諸進命は、神武天皇に仕えて、大和入りを果たしました。その功績を賞されて、大吉備諸進命の称号を賜りました。大吉備諸進命は、吉備氏の祖先であり、吉備氏の繁栄の礎を築いた人物です。

大吉備諸進命の生涯

大吉備諸進命の生涯

-大吉備諸進命の生涯-

大吉備諸進命は、6世紀後半から7世紀前半にかけて活躍した古代日本の豪族。吉備国(現在の岡山県)を拠点として、大和朝廷に仕え、大伴氏と並ぶ有力豪族として活躍した。

大吉備諸進命の生誕年は不詳だが、530年頃に生まれたとされる。父は大吉備万古命、母は同母弟の大吉備小杵命、同母妹の大吉備兄媛、同母弟の大吉備小幡命と共に、吉備国の有力な豪族の家に生まれた。

大吉備諸進命は、幼少の頃から聡明で、武術にも優れていた。18歳の時に、大和朝廷に仕え始め、欽明天皇に仕えた。587年、欽明天皇の崩御後、即位した崇峻天皇に仕え、その後、推古天皇に仕えた。

推古天皇の時代、大吉備諸進命は、吉備国を拠点として、大和朝廷に仕え、大伴氏と並ぶ有力豪族として活躍した。また、604年には、推古天皇の命令を受けて、百済に遣隋使として派遣され、隋の煬帝に謁見した。

618年、推古天皇が崩御後、即位した舒明天皇に仕えた。舒明天皇の時代、大吉備諸進命は、引き続き、吉備国を拠点として、大和朝廷に仕え、大伴氏と並ぶ有力豪族として活躍した。

628年、舒明天皇が崩御後、即位した皇極天皇に仕えた。皇極天皇の時代、大吉備諸進命は、引き続き、吉備国を拠点として、大和朝廷に仕え、大伴氏と並ぶ有力豪族として活躍した。

641年、皇極天皇が崩御後、即位した孝徳天皇に仕えた。孝徳天皇の時代、大吉備諸進命は、引き続き、吉備国を拠点として、大和朝廷に仕え、大伴氏と並ぶ有力豪族として活躍した。

650年、孝徳天皇が崩御後、即位した斉明天皇に仕えた。斉明天皇の時代、大吉備諸進命は、引き続き、吉備国を拠点として、大和朝廷に仕え、大伴氏と並ぶ有力豪族として活躍した。

661年、斉明天皇が崩御後、即位した天智天皇に仕えた。天智天皇の時代、大吉備諸進命は、引き続き、吉備国を拠点として、大和朝廷に仕え、大伴氏と並ぶ有力豪族として活躍した。

672年、天智天皇が崩御後、即位した弘文天皇に仕えた。弘文天皇の時代、大吉備諸進命は、引き続き、吉備国を拠点として、大和朝廷に仕え、大伴氏と並ぶ有力豪族として活躍した。

673年、弘文天皇が崩御後、即位した天武天皇に仕えた。天武天皇の時代、大吉備諸進命は、引き続き、吉備国を拠点として、大和朝廷に仕え、大伴氏と並ぶ有力豪族として活躍した。

686年、天武天皇が崩御後、即位した持統天皇に仕えた。持統天皇の時代、大吉備諸進命は、引き続き、吉備国を拠点として、大和朝廷に仕え、大伴氏と並ぶ有力豪族として活躍した。

697年、持統天皇が崩御後、即位した文武天皇に仕えた。文武天皇の時代、大吉備諸進命は、引き続き、吉備国を拠点として、大和朝廷に仕え、大伴氏と並ぶ有力豪族として活躍した。

707年、文武天皇が崩御後、即位した元明天皇に仕えた。元明天皇の時代、大吉備諸進命は、引き続き、吉備国を拠点として、大和朝廷に仕え、大伴氏と並ぶ有力豪族として活躍した。

715年、元明天皇が崩御後、即位した聖武天皇に仕えた。聖武天皇の時代、大吉備諸進命は、引き続き、吉備国を拠点として、大和朝廷に仕え、大伴氏と並ぶ有力豪族として活躍した。

724年、大吉備諸進命は、95歳で死去した。大吉備諸進命の墓は、岡山県倉敷市にある。

大吉備諸進命の功績

大吉備諸進命の功績

-大吉備諸進命の功績-

大吉備諸進命は、吉備国を平定し、 Yamato朝廷に服属させた人物です。彼は、吉備国を治め、大和朝廷に貢物を献上しました。また、大和朝廷の軍隊を支援し、 Yamato朝廷の勢力拡大に貢献しました。

大吉備諸進命の功績の一つは、吉備国を平定したことである。吉備国は、大和朝廷に服属していなかった国の一つであり、大和朝廷は吉備国を平定するために何度も軍隊を派遣した。しかし、吉備国は強国であり、大和朝廷の軍隊は何度も敗北した。

大吉備諸進命は、大和朝廷の軍隊を率いて吉備国を攻め、吉備国を降伏させた。吉備国を降伏させることで、Yamato朝廷は吉備国を平定し、吉備国をYamato朝廷の支配下に置くことに成功した。

大吉備諸進命の功績のもう一つは、大和朝廷に服属したことである。吉備国が大和朝廷に服属したことで、Yamato朝廷は吉備国から貢物を献上されるようになった。貢物は、大和朝廷の財政を豊かにし、Yamato朝廷の勢力拡大に貢献した。

大吉備諸進命は、大和朝廷の軍隊を支援し、Yamato朝廷の勢力拡大に貢献した。Yamato朝廷は、吉備国を平定し、吉備国をYamato朝廷の支配下に置くことができた。また、Yamato朝廷は吉備国から貢物を献上されるようになった。これらの功績により、大吉備諸進命はYamato朝廷に重んじられた。

タイトルとURLをコピーしました