田中三上とは?古代の人物をご紹介

田中三上とは?古代の人物をご紹介

平安時代の官吏、田中三上

平安時代の官吏、田中三上

平安時代の官吏、田中三上

田中三上は、平安時代初期から中期にかけて活躍した廷臣です。桓武天皇の孫であり、文徳天皇の弟にあたります。

三上は、幼少の頃から聡明で学問に秀でており、14歳の時に朝廷に出仕しました。その後、順調に昇進し、清和天皇の治世には右近衛権少将にまで上り詰めました。

三上は、官吏としてだけでなく、歌人としても活躍しました。彼の歌は、『古今和歌集』や『後撰和歌集』などの勅撰和歌集に数多く収められています。

三上は、38歳の若さで亡くなりますが、その死は多くの人の悲しみと共に迎えられました。清和天皇は、三上の死を悼んで、彼に正四位上の位を贈りました。

三上は、平安時代初期の廷臣として、政務と文学の両面で活躍した人物です。彼の残した歌は、現在でも多くの人々に愛読されています。

田中三上と田氏真上の同一人物説

田中三上と田氏真上の同一人物説

田中三上と田氏真上の同一人物説

田中三上は、奈良時代に活躍したとされる豪族。但馬国に勢力を持ち、767年に起きた藤原仲麻呂の乱では仲麻呂側に加わり、乱の鎮圧に貢献した。

一方、田氏真上は、同じく奈良時代に活躍した豪族。但馬国に勢力を持ち、764年に起きた恵美押勝の乱では押勝側に加わり、乱の鎮圧に貢献した。

田中三上と田氏真上が同一人物であるという説は、両者の事績が似ていること、また、両者の名が「田中」と「田氏」で似ていることから、古くから唱えられてきた。

しかし、田中三上と田氏真上の同一人物説には、両者の名前の読み方が違うこと、また、両者の出自も違うことから、疑問の声も根強い。

田中三上と田氏真上の同一人物説は、現在でも確定に至っていない。しかし、両者の事績や名前の類似などから、同一人物である可能性は否定できない。

奈良時代の貴族、田中三上の経歴

奈良時代の貴族、田中三上の経歴

– 田中三上とは?古代の人物をご紹介

田中三上(たなか みかみ)とは、奈良時代の貴族のことです。遣唐使として中国に渡航したり、太政大臣に昇進したりと、非常に波瀾万丈な生涯を送りました。

– 奈良時代の貴族、田中三上の経歴

田中三上は、681(朱雀天皇1年)に生まれました。父は田中益兼、母は高向黒麻呂の娘でした。田中益兼は、天武天皇の近臣として仕えた人物であり、高向黒麻呂は、持統天皇の時代に活躍した貴族でした。田中三上は、このような名門の家に生まれ、恵まれた環境で育ちました。

田中三上は、若くして才能を発揮し、20代の時には、地方官として活躍していました。その後、706(慶雲3年)遣唐使として中国に渡航しました。遣唐使は、中国の文化や制度を日本に伝えるために派遣されるもので、田中三上は、この遣唐使に選ばれるほど、朝廷から信頼されていました。田中三上は、中国で約2年間滞在し、唐の文化や制度を学びました。

田中三上が帰国した後、708(和銅元年)に右大臣に任命されました。右大臣は、太政大臣に次ぐ高官であり、田中三上の出世の早さがうかがえます。田中三上は、右大臣として、朝廷の政務を司り、聖武天皇の信頼を得ていました。

715(霊亀元年)田中三上は、太政大臣に昇進しました。太政大臣は、朝廷の最高官であり、田中三上は、ついに日本のトップに上り詰めたのです。田中三上は、太政大臣として、朝廷の政務を司り、聖武天皇を支えました。

田中三上は、721(養老5年)に死去しました。享年41歳でした。田中三上の死は、朝廷に大きな衝撃を与え、聖武天皇は深く悲しみました。田中三上は、奈良時代の政治に大きな影響を与えた人物であり、その功績は今も語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました