正親町三条尹子 – 室町時代の将軍足利義教の妻

正親町三条尹子 – 室町時代の将軍足利義教の妻

正親町三条尹子の生涯

正親町三条尹子の生涯

正親町三条尹子の生涯

正親町三条尹子は、室町時代の将軍足利義教の妻です。正親町三条公秀の娘として生まれ、18歳の時に義教と結婚しました。尹子は義教の正室として、公家や幕府との橋渡し役を務め、また、義教の子供たちの養育にも尽力しました。

義教は、1441年に赤松満祐の謀反によって暗殺されました。尹子は、夫の死後も、義教の子供たちを養育し、幕府の運営を支えました。また、義教の菩提を弔うために、京都に銀閣寺を建立しました。

尹子は、1499年に70歳で亡くなりました。尹子は、義教の妻として、また、義教の子供たちの養育者として、室町幕府に大きな功績を残しました。

義教と尹子の間には、12人の子供が生まれました。そのうち、男子は9人、女子は3人です。男子のうち、長男の義勝は、義教の死後に将軍となりましたが、わずか2年後に亡くなりました。次男の義政は、義勝の死後に将軍となり、尹子の死後も長く将軍を務めました。女子のうち、長女の清子は、後花園天皇の妃となり、二女の邦子は、畠山持国の妻となりました。三女の慶子は、細川勝元の長男である勝之の妻となりました。

尹子は、義教の妻として、また、義教の子供たちの養育者として、室町幕府に大きな功績を残しました。尹子は、室町時代の代表的な女性であり、その生涯は、室町時代の歴史を語る上で欠かすことのできないものです。

正親町三条尹子の家族

正親町三条尹子の家族

-正親町三条尹子の家族-

正親町三条尹子は、室町時代の将軍足利義教の妻です。父は内大臣正親町三条実豊、母は中納言中御門宣光女です。姉に権大納言裏松昌子、兄に参議正親町三条実望、弟に大納言正親町三条実雅、妹に大納言中御門資藤室がいます。

尹子は、永享11年(1439年)に足利義教と結婚しました。義教との間には、4男1女をもうけました。長男は、第8代将軍足利義政、次男は、細川勝元の養子となった細川勝元、三男は、第9代将軍足利義尚、四男は、僧侶となった教尊です。長女は、畠山義就の妻となった畠山持永室です。

尹子は、嘉吉元年(1441年)に、義教が赤松満祐の変で暗殺された後、出家して法華光院と号しました。応仁の乱では、西軍に属して、細川勝元、畠山義就らとともに京都を守りました。文明18年(1486年)に、京都の烏丸二条の邸で80歳で亡くなりました。

尹子は、室町時代を代表する有力な女性の一人であり、その生涯は、室町時代の政治や文化に大きな影響を与えました。

正親町三条尹子と室町幕府

正親町三条尹子と室町幕府

-正親町三条尹子と室町幕府-

正親町三条尹子は、 室町幕府8代将軍・足利義教の妻です。尹子は1403年(応永10年)、正親町三条実教の娘として誕生しました。1423年(応永30年)、義教と結婚し、1426年(応永33年)に長男・義勝を、1429年(永享元年)に次男・義政を出産しました。

尹子は義教の側近として、政治や外交に大きな影響力を持っていました。1441年(嘉吉元年)には、義教が赤松満祐によって暗殺された後、尹子は後花園天皇の摂政として、室町幕府の実権を握りました。尹子は、赤松満祐を討伐し、室町幕府の権威を回復しました。

尹子は、室町幕府の財政再建にも尽力しました。尹子は、年貢の増徴や貨幣の改鋳を行い、室町幕府の財政を安定させました。また、尹子は、京都の復興にも力を入れ、寺院や神社の再建を行いました。

尹子は、1466年(寛正7年)に死去しました。尹子は、室町幕府の権威回復と財政再建に貢献した優れた政治家でした。

タイトルとURLをコピーしました