麻原助六-戦国-織豊時代の毛利元就に仕えた武士

麻原助六-戦国-織豊時代の毛利元就に仕えた武士

麻原助六の生涯

麻原助六の生涯

麻原助六の生涯

麻原助六は、戦国時代から織豊時代にかけて毛利元就に仕えた武士です。1511年に周防国に生まれ、毛利氏の家臣となった後、数々の戦いで活躍しました。

1555年の厳島の戦いで、毛利軍が陶晴賢率いる大内軍と激突したとき、麻原助六は毛利軍の主力として参戦し、大功を立てました。この戦いで陶晴賢は討ち取られ、大内軍は崩壊し、毛利氏は中国地方に覇を唱えることとなりました。

1560年に毛利元就が死去した後も、麻原助六は毛利輝元の下で活躍し、1568年の三方ヶ原の戦いでは、徳川家康率いる徳川軍と戦い、武功を上げました。

1570年に毛利輝元が織田信長に降伏した後も、麻原助六は毛利氏に仕え続け、1582年の本能寺の変の際には、毛利輝元と共に山崎の戦いに参戦し、明智光秀を討ち取りました。

1585年に秀吉の中国地方平定により、毛利氏は所領を安芸国一国に減らされましたが、麻原助六は毛利輝元の下で引き続き仕え、1598年に亡くなりました。

麻原助六は、戦国時代から織豊時代にかけて毛利氏に仕え、数々の戦いで活躍した名将です。その武勇は広く知られ、後世に語り継がれています。

永禄13年(1570)の尼子勝久の城包囲戦

永禄13年(1570)の尼子勝久の城包囲戦

-永禄13年(1570)の尼子勝久の城包囲戦-

永禄13年(1570)、尼子勝久は毛利領の矢上城を包囲しました。この城は、毛利元就の重臣である麻原助六が守っていました。助六は、元就の命を受けて矢上城を守備していましたが、尼子軍の猛攻を受け、城内は風前の灯火でした。

しかし、助六は諦めませんでした。彼は、城内の兵士たちを鼓舞し、尼子軍の攻撃を幾度も撃退しました。尼子軍は、助六の頑強な抵抗に手を焼き、ついに包囲を解いて撤退しました。

この戦いで、助六は毛利家家臣団の勇将であることを証明しました。元就は、助六の功績を賞し、彼を重臣として取り立てました。助六は、その後も毛利家に仕え、元就の天下統一に貢献しました。

助六の活躍は、毛利家家臣団の勇猛さを象徴するエピソードとして、語り継がれています。

麻原助六の活躍と功績

麻原助六の活躍と功績

-麻原助六の活躍と功績-

毛利元就の重臣として、数々の戦場で活躍した麻原助六は、毛利氏の領土拡大に貢献した功績が大きいです。

まず、永禄11年(1568年)に起こった毛利氏と尼子氏の戦いである「月山富田城の戦い」で、助六は尼子氏の武将である山中鹿介を討ち取るという大功を上げています。

また、天正2年(1574年)から天正3年にかけて行われた「鳥取城の戦い」では、籠城する山田重直を圧倒し、鳥取城を陥落させました。

さらに、天正5年(1577年)の「木津川口の戦い」では、織田信長の軍勢を迎え撃ち、敗退させるなど、織田氏の侵攻を阻止するのに大きく貢献しました。

助六は、戦における功績だけでなく、外交面でも才能を発揮しました。

天正6年(1578年)、毛利氏は豊臣秀吉と講和を結ぶために佐々部介を豊臣氏に派遣しました。

しかし、介が交渉をまとめることができずにいた時、助六が介に代わって豊臣氏との交渉に乗り出しました。

助六は、秀吉と直接交渉を行い、毛利氏と豊臣氏の和睦をまとめ上げています。

この和睦により、毛利氏は織田氏と豊臣氏の連合軍との戦いを避け、領土拡大を続けることができました。

麻原助六は、毛利元就の信頼が厚く、数々の重要な任務を任されていました。

助六の活躍と功績は、毛利氏の領土拡大に大きく貢献したといえます。

タイトルとURLをコピーしました