野上鹿之助 – 江戸時代後期の武士

野上鹿之助 – 江戸時代後期の武士

野上鹿之助の生涯

野上鹿之助の生涯

野上鹿之助の生涯

野上鹿之助は、江戸時代後期の武士です。薩摩藩士として活躍し、西南戦争では西郷隆盛率いる薩軍の参謀として戦いました。

野上鹿之助は、1829年(文政12年)に薩摩藩士の家に生まれました。幼少期から武術に秀で、18歳で藩校の造士館に入学しました。造士館では、剣術、柔術、砲術を学び、頭角を現しました。

1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に来航すると、野上鹿之助は江戸に派遣され、外国船の調査に当たりました。その後、大坂の藩邸に勤務し、1866年(慶応2年)には藩主の島津忠義に従って上洛しました。

1868年(慶応4年)の戊辰戦争では、野上鹿之助は薩軍の参謀として奥羽越列藩同盟軍と戦いました。戊辰戦争後、明治政府に出仕し、軍人として活躍しました。1873年(明治6年)には、西南戦争で西郷隆盛率いる薩軍の参謀として戦いましたが、薩軍は敗北し、野上鹿之助は戦死しました。

野上鹿之助は、薩摩藩の近代化に貢献した人物として知られています。また、西南戦争で西郷隆盛率いる薩軍の参謀として戦い、戦死したことから、薩摩藩の忠臣として尊敬されています。

森主税,村上真輔暗殺事件への連座と藩領追放

森主税,村上真輔暗殺事件への連座と藩領追放

-森主税,村上真輔暗殺事件への連座と藩領追放-

野上鹿之助は、江戸時代後期の武士であり、赤穂藩士でした。赤穂藩主である浅野長矩が吉良義央に刃傷沙汰を起こし、切腹を命じられた事件である「赤穂事件」に深く関与した人物として知られています。

森主税と村上真輔は、赤穂藩の藩士であり、浅野長矩の側近として仕えていました。二人は、浅野長矩が吉良義央に刃傷沙汰を起こした事件に連座し、両名とも浅野長矩切腹後の赤穂藩主となった浅野長広から切腹を命じられました。

しかし、二人は切腹を免れて江戸に逃亡し、浪人となりました。そして、浪人となった二人は、赤穂藩の仇討ちを計画し、吉良義央の暗殺を企てました。

二人の計画は、吉良義央が江戸城に出勤する途中で襲撃するというものでした。そして、二人は吉良義央の暗殺に成功しましたが、その後に捕らえられ、処刑されました。

野上鹿之助は、森主税と村上真輔の暗殺事件に関与していたとして、藩領追放処分を受けました。そして、野上鹿之助は、浪人となって全国を放浪した後、最終的には江戸で亡くなりました。

播磨赤穂郡周世村での横死

播磨赤穂郡周世村での横死

-播磨赤穂郡周世村での横死-

大野郡周原村の周世氏。諱は兼成、通称は鹿之助。別名、吉房。赤穂藩家老。山家藩に在籍していた。

播磨国赤穂郡周世村で、横死した。享年32。法名は、周誉法雲。墓所は、兵庫県赤穂市上郡桑野・妙見寺。

横死した場所は、赤穂城から北西に15km程離れた場所である。鹿之助は、赤穂藩主・浅野長矩の側近として仕えており、長矩の江戸城への登城に同行した。しかし、長矩は江戸城内において、吉良上野介に刃傷沙汰を起こし、切腹を命じられた。鹿之助は、長矩の切腹後、赤穂藩に戻り、藩の再建に尽力した。しかし、赤穂藩は、幕府によって改易され、鹿之助は浪人となった。

鹿之助は、浪人後、各地を放浪し、赤穂藩の再建を模索した。しかし、その願いは叶わず、播磨国赤穂郡周世村で、横死した。鹿之助の死後、赤穂藩の浪士たちは、吉良上野介を討ち果たすために、江戸城に討ち入った。この事件は、元禄赤穂事件と呼ばれている。

鹿之助の横死は、赤穂藩の再建を阻む大きな障害となった。また、鹿之助の死は、赤穂藩の浪士たちの討ち入り決意を強めることにもなった。

タイトルとURLをコピーしました