「野口男三郎」

「野口男三郎」

漢詩人・野口寧斎殺害

漢詩人・野口寧斎殺害

– 野口男三郎

野口男三郎(のぐち だんざぶろう、1872年(明治5年)11月29日 – 1944年(昭和19年)3月8日)は、明治から昭和にかけての日本の漢詩人、新聞記者、編集者、政治家、実業家である。旧姓は後藤。号は寧斎。

野口男三郎は、1872年(明治5年)11月29日、滋賀県大津市に生まれた。後藤家の長男として生まれ、幼名は小太郎。1874年(明治7年)に父が亡くなり、1876年(明治9年)に母が亡くなったため、叔父に引き取られた。1881年(明治14年)に大津市立大津商業高等学校の前身である大津商業学校に入学。1886年(明治19年)に卒業後、大阪に出て、大阪朝日新聞社に入社した。

大阪朝日新聞社では、記者として活躍。1894年(明治27年)には、日清戦争に従軍記者として派遣された。1895年(明治28年)には、大阪朝日新聞社の論説委員に就任。1897年(明治30年)には、大阪朝日新聞社の主筆に就任した。

1900年(明治33年)、大阪朝日新聞社を辞めて、東京に移住。1901年(明治34年)に、漢詩誌「寧斎詩集」を創刊。1902年(明治35年)には、政治団体「東亜同盟会」を結成。1903年(明治36年)には、衆議院議員に当選。1907年(明治40年)には、貴族院議員に勅選された。

1912年(大正元年)、内務大臣に就任。1913年(大正2年)には、文部大臣に就任。1914年(大正3年)には、外務大臣に就任。1916年(大正5年)には、首相に就任した。

1918年(大正7年)、首相を辞任。1920年(大正9年)に、貴族院議員を辞任。1922年(大正11年)に、衆議院議員に再選された。1924年(大正13年)には、衆議院議員を辞任。1925年(大正14年)に、貴族院議員に再選された。

1928年(昭和3年)に、貴族院議員を辞任。1932年(昭和7年)に、大日本帝国文学芸術協会の会長に就任。1934年(昭和9年)に、大日本帝国詩人協会の会長に就任。1937年(昭和12年)には、大日本帝国漢詩人協会の会長に就任した。

1944年(昭和19年)3月8日、東京都世田谷区の自宅で死去。71歳没。

– 漢詩人・野口寧斎殺害

1932年(昭和7年)11月19日、漢詩人・野口寧斎が東京・渋谷の自宅で殺害された。犯人は、野口寧斎の弟子の一人である山田秀次は、漢詩人・野口寧斎を自宅で殺害した。山田秀次は、野口寧斎の弟子の一人であったが、野口寧斎の詩を批判するなど、師弟関係は良好ではなかった。

犯人の山田秀次は、野口寧斎の自宅に忍び込み、野口寧斎を絞殺した。その後、山田秀次は野口寧斎の詩集を床に撒き散らし、現場を荒らした。野口寧斎の遺体は、翌朝、野口寧斎の妻によって発見された。

野口寧斎の殺害は、当時の文壇に大きな衝撃を与えた。警察は、すぐに捜査を開始したが、犯人はなかなか逮捕されなかった。野口寧斎の殺害は、昭和の三大ミステリーの一つとされている。

この事件は新聞などでも大きく取り上げられ、世間の注目を集めた。警察は捜査を開始したが、犯人はなかなか逮捕されなかった。野口寧斎の殺害は、昭和の三大ミステリーの一つとされている。

大阪出身・東京外語学校中退

大阪出身・東京外語学校中退

-# 大阪出身・東京外語学校中退

野口男三郎は、1875年(明治8年)3月11日に、大阪で生まれた。父は野口勝太郎、母は野口富子。幼少期は、大阪で過ごし、1888年(明治21年)に、大阪商業学校(現・大阪市立大学)に入学した。しかし、1891年(明治24年)に、東京外語学校(現・東京外国語大学)に転校し、1894年(明治27年)に卒業した。

東京外語学校卒業後、野口男三郎は、イギリスに留学し、ロンドン大学で経済学を学んだ。1897年(明治30年)に、ロンドン大学を卒業し、日本に帰国した。

日本に帰国後、野口男三郎は、外務省に入省し、外交官として活躍した。1901年(明治34年)に、アメリカ合衆国に赴任し、サンフランシスコ領事館に勤務した。1904年(明治37年)に、ロシア帝国に赴任し、サンクトペテルブルク領事館に勤務した。1907年(明治40年)に、イギリスに赴任し、ロンドン大使館に勤務した。

1912年(明治45年)に、野口男三郎は、外務省を退官し、実業界に転じた。東洋汽船の取締役を務め、1918年(大正7年)には、東洋汽船の社長に就任した。1923年(大正12年)に、東京市長に就任し、1927年(昭和2年)まで務めた。

野口男三郎は、1928年(昭和3年)に、死去した。享年53。

タイトルとURLをコピーしました