青木一咸 – 幕末の大名

青木一咸 – 幕末の大名

青木一咸の生涯

青木一咸の生涯

青木一咸は、幕末の越後長岡藩主。戊辰戦争では奥羽越列藩同盟に加わり、明治維新後には大審院長等を歴任した。

1815年、信濃国松代藩主・真田幸貫の次男として生まれる。幼名は万次郎。1829年、長岡藩主・青木直挙の養子となり、1840年に家督を継ぐ。

一咸は、藩政改革に熱心に取り組み、殖産興業や教育制度の整備に努めた。また、西洋の文物にも関心を持ち、藩内に洋学校を設けて、藩士の子弟に西洋の知識を学ばせた。

1868年、戊辰戦争が勃発すると、一咸は奥羽越列藩同盟に加わり、官軍と戦った。しかし、1869年に長岡城が陥落し、一咸は降伏した。

戊辰戦争後、一咸は東京に移り住み、大審院長や元老院議長等を歴任した。1880年、66歳で死去。

青木一咸は、幕末の動乱期にあって、藩政改革や戊辰戦争で活躍した人物である。また、西洋の文物にも関心を持ち、藩内に洋学校を設けて、藩士の子弟に西洋の知識を学ばせた教育者でもあった。

麻田藩主としての功績

麻田藩主としての功績

麻田藩主としての功績

青木一咸は、1861年に麻田藩の第10代藩主となった。藩政改革に尽力し、藩の財政を立て直した。また、洋式軍制を導入し、藩兵を近代化させた。さらに、藩校「崇文館」を設立し、藩士の教育に力を入れた。

青木一咸の最も有名な功績は、1868年の戊辰戦争において、新政府軍に味方したことである。戊辰戦争は、明治維新に反対する旧幕府軍と、明治維新を推進する新政府軍の間で行われた戦争である。青木一咸は、麻田藩兵を率いて新政府軍に加わり、旧幕府軍と戦った。

戊辰戦争は、新政府軍の勝利に終わり、明治維新が達成された。青木一咸は、明治維新に貢献した功績が認められ、明治政府から賞賜金と褒章を授与された。

青木一咸は、1871年に麻田藩の藩主を辞任し、東京に移住した。その後、明治政府で様々な要職を歴任し、1891年に死去した。

青木一咸は、麻田藩主として藩政改革に尽力し、藩の財政を立て直した。また、洋式軍制を導入し、藩兵を近代化させた。さらに、藩校「崇文館」を設立し、藩士の教育に力を入れた。戊辰戦争においては、新政府軍に味方し、明治維新に貢献した。青木一咸は、明治維新に貢献した功績が認められ、明治政府から賞賜金と褒章を授与された。

タイトルとURLをコピーしました