渋川義尭とは?戦国時代の武将の生涯を紹介

渋川義尭とは?戦国時代の武将の生涯を紹介

戦国時代の武将

戦国時代の武将

戦国時代の武将

渋川義尭は、戦国時代の武将です。信濃国佐久郡を拠点として、北信濃に勢力を伸ばしました。

渋川氏は、信濃国佐久郡を領する国衆のひとつです。義尭は、渋川直頼の嫡男として永正10年(1513年)に生まれました。

義尭は、幼い頃から武勇に優れており、15歳の時に初陣を飾っています。その後、信濃国守護である小笠原長時や、武田信玄に仕えました。

天文20年(1551年)、義尭は小笠原長時の命を受けて、武田信玄を攻撃します。しかし、この戦いで義尭は敗北し、信濃国佐久郡を追われます。

その後、義尭は上杉謙信に仕え、信濃国佐久郡の奪還を目指して戦いました。しかし、この戦でも義尭は敗北し、信濃国佐久郡は武田信玄の手に渡りました。

義尭は、信濃国佐久郡を失った後も、上杉謙信に仕え続けました。永禄4年(1561年)、義尭は越後国頸城郡の戦いで戦死しました。享年49歳でした。

義尭は、戦国時代の武将として、その武勇を称えられています。また、義尭は、信濃国佐久郡の奪還を目指して戦ったことから、地元では英雄として慕われています。

渋川義鏡の子

渋川義鏡の子

渋川義尭は、戦国時代の武将です。渋川義鏡の子として生まれ、兄に渋川義宜がいました。義尭は、父が病死した後は家督を継ぎ、上野国を支配しました。しかし、その後、武田信玄の侵攻を受けて領地を失い、越後に逃亡しました。上杉謙信に仕え、川中島合戦などに参加しました。しかし、謙信の死後、上杉家臣団の有力者である本庄重政と共に謙信の養子・上杉景勝と対立しました。景勝に敗北し、越中富山城に移封されました。その後、豊臣秀吉に仕え、検地奉行や普請奉行を務めました。しかし、関ヶ原の戦いで西軍に属したため、改易されて浪人となりました。その後、徳川家康に許され、常陸国に領地を与えられました。1614年、死去しました。

渋川義尭は、戦国時代の武将として、数多くの戦に参加しました。武田信玄や上杉謙信、豊臣秀吉など、当時の有力な大名と関わりを持った人物です。しかし、関ヶ原の戦いで西軍に属したため、改易されて浪人となりました。その後、徳川家康に許され、常陸国に領地を与えられました。1614年、死去しました。

北条氏綱に仕え、武蔵蕨城を拠点とする

北条氏綱に仕え、武蔵蕨城を拠点とする

-北条氏綱に仕え、武蔵蕨城を拠点とする-

渋川義尭は、北条氏綱に仕え、武蔵蕨城を拠点としていた。彼は、北条氏の家臣として、数々の合戦で活躍し、北条氏の勢力拡大に貢献した。

渋川義尭は、永正10年(1513年)に、上野国渋川郡に生まれた。彼は、渋川氏の一族で、幼い頃から武芸を学び、戦国武将として活躍した。

渋川義尭は、天文10年(1541年)に、北条氏綱に仕えた。彼は、北条氏の家臣として、数々の合戦で活躍し、北条氏の勢力拡大に貢献した。

渋川義尭は、天文15年(1546年)に、武蔵蕨城を拠点とした。彼は、蕨城を拠点として、武蔵国一帯を支配し、北条氏の勢力を拡大した。

渋川義尭は、永禄4年(1561年)に、54歳で死去した。彼は、北条氏の家臣として、数々の合戦で活躍し、北条氏の勢力拡大に貢献した。

渋川義尭は、北条氏の家臣として、数々の合戦で活躍し、北条氏の勢力拡大に貢献した。彼は、蕨城を拠点として、武蔵国一帯を支配し、北条氏の勢力を拡大した。

タイトルとURLをコピーしました