大草晩翠 – 江戸時代後期の砲術家

大草晩翠 – 江戸時代後期の砲術家

肥前唐津藩での奉公

肥前唐津藩での奉公

肥前唐津藩での奉公

大草晩翠は、肥前国唐津藩に仕官し、砲術指南役を務めました。唐津藩は、鍋島氏を藩主とする藩で、佐賀藩と並んで九州を代表する大藩でした。晩翠は、唐津藩で砲術の指導を行うとともに、藩の軍備増強に貢献しました。晩翠の指導の下、唐津藩の砲術は飛躍的に向上し、九州屈指の砲術を誇る藩となりました。晩翠は、唐津藩での奉公を通じて、砲術家としての名声を高め、後に江戸幕府の旗本に取り立てられました。

晩翠が唐津藩で奉公していた頃、幕末の動乱が激化していました。ペリー来航を皮切りに、外国勢力の日本への圧力は強まり、幕府は対応に苦慮していました。晩翠も、唐津藩の砲術指南役として、幕府の軍備増強に協力しました。晩翠は、唐津藩の砲術隊を率いて、幕府軍に加わり、戊辰戦争で戦いました。戊辰戦争は、最終的に明治新政府の勝利に終わり、幕府は滅亡しました。晩翠も、唐津藩とともに新政府軍に降伏し、唐津藩での奉公を終えました。

晩翠は、唐津藩での奉公を通じて、砲術家としての名声を高め、後に江戸幕府の旗本に取り立てられました。晩翠は、幕末の動乱期にあって、幕府軍に加わり、戊辰戦争で戦いました。戊辰戦争後、晩翠は唐津藩での奉公を終え、東京で晩年を過ごしました。晩翠は、明治26年(1893年)に亡くなりました。

甲斐での求玄流砲術の修業

甲斐での求玄流砲術の修業

甲斐での求玄流砲術の修業

大草晩翠は求玄流砲術の大家、玉木右衛門直昌(まさなお)の門人として、甲斐国(山梨県)で砲術を修業した。玉木右衛門は求玄流砲術の宗家であり、その砲術は日本のみならず、中国や朝鮮にも伝わっていた。

晩翠は玉木右衛門のもとで、砲術の基礎から応用までを学び、やがて求玄流砲術の免許皆伝を受けた。晩翠は玉木右衛門から砲術の心得を学び、砲術の技術を習得した。晩翠は玉木右衛門から砲術の心構えを学び、砲術の戦術を習得した。

晩翠は甲斐で砲術を修業する一方、甲斐国の歴史や文化にも触れ、甲斐国を愛するようになった。晩翠は甲斐国の自然を愛し、甲斐国の歴史を愛した。晩翠は甲斐国の文化を愛し、甲斐国の民を愛した。晩翠は甲斐国を第二の故郷として、甲斐国で生涯を送った。

晩翠は甲斐での砲術修業を経て、砲術家として名を馳せるようになった。晩翠は砲術家として、日本の砲術の発展に貢献した。晩翠は砲術家として、甲斐国の砲術の発展に貢献した。晩翠は砲術家として、甲斐国の民の安全を守ることに貢献した。晩翠は砲術家として、日本の歴史にその名を刻んだ。

帰藩後、実用館の創設と私塾時習堂の開設

帰藩後、実用館の創設と私塾時習堂の開設

– 帰藩後、実用館の創設と私塾時習堂の開設

大草晩翠は藩命で江戸に出て林大学に砲術を学び、安政2年(1855)に藩に帰国した。帰国後は、藩の軍備強化に尽力し、実用館の創設と私塾時習堂の開設など、数多くの功績を残した。

実用館は、藩士の子弟に砲術を教えるために、安政3年(1856)に晩翠が創設した。実用館には、大砲や鉄砲などの兵器が備えられ、藩士の子弟たちはここで砲術の訓練を受けた。晩翠は、実用館の創設によって、藩の砲術力の向上に大きく貢献した。

時習堂は、藩士の子弟に儒学や兵学などを教えるために、安政5年(1858)に晩翠が開設した。時習堂は、藩士の子弟たちに学問を授けるだけでなく、武術の訓練も行われていた。晩翠は、時習堂の開設によって、藩士の子弟たちの教育に大きく貢献した。

実用館と時習堂は、晩翠の功績をしのんで、現在でも高岡市に保存されている。実用館は、高岡市の指定史跡に指定されており、時習堂は、高岡市の登録有形文化財に登録されている。

タイトルとURLをコピーしました