大串安左衛門 – 江戸時代前期の船大工

大串安左衛門 – 江戸時代前期の船大工

加藤清正に仕えた船方役

加藤清正に仕えた船方役

大見出し 大串安左衛門 – 江戸時代前期の船大工

小見出し 加藤清正に仕えた船方役

大串安左衛門は、江戸時代前期の船大工で、肥後国(現在の熊本県)出身です。加藤清正に仕え、船方役として活躍しました。

安左衛門の生年や出生地については、詳しいことは分かっていません。しかし、加藤清正が肥後国を治めていた時期に、安左衛門は加藤清正に仕えていたと考えられています。

安左衛門は、加藤清正の命を受けて、肥後国の八代に船を建造しました。この船は、加藤清正が朝鮮出兵に使用したとされています。

朝鮮出兵の後、加藤清正は肥後国から肥前国(現在の佐賀県)に国替えとなりました。安左衛門も加藤清正に従って、肥前国に移りました。

肥前国に移った後、安左衛門は、加藤清正の命を受けて、佐賀藩の船を建造しました。安左衛門が建造した船は、佐賀藩の軍船として使用されました。

安左衛門は、加藤清正の死後も、佐賀藩に仕え続けました。安左衛門は、佐賀藩の船の建造や修理に携わり、佐賀藩の発展に貢献しました。

安左衛門の没年は不詳です。しかし、安左衛門は、80歳を超えていたとされています。安左衛門は、佐賀藩に貢献した功績を称えられ、佐賀藩から恩賞を受けました。

安左衛門は、江戸時代前期の優秀な船大工の一人でした。安左衛門が建造した船は、加藤清正の朝鮮出兵や、佐賀藩の発展に貢献しました。

肥前大村に移住

肥前大村に移住

-# 肥前大村に移住

大串安左衛門は、明暦3年(1657年)に肥前大村(現在の長崎県大村市)に移住しました。これは、当時の大村藩主であった大村純長が、安左衛門の造船技術と知識を高く評価し、藩内で船の建造を推進するためでした。

安左衛門は大村に居を構えると、すぐに大村藩の御用船大工として活躍するようになりました。また、安左衛門は船の建造だけでなく、船に関するさまざまな技術を大村の船大工たちに伝授しました。その結果、大村は、九州を代表する造船地として発展することになりました。

安左衛門は大村に約30年間住み、その間に、多くの船を建造しました。安左衛門が建造した船は、その優れた性能で評判となり、日本各地の藩や商人に買い求められました。また、安左衛門は、日本の船の建造技術の発展に大きな貢献をしました。

元禄4年(1691年)、安左衛門は65歳で生涯を閉じました。しかし、安左衛門の造船技術と知識は大村の船大工たちに受け継がれ、大村は、その後も、日本を代表する造船地として発展を続けました。

幕府の命で唐船を模した船を建造

幕府の命で唐船を模した船を建造

-幕府の命で唐船を模した船を建造-

大串安左衛門は、江戸時代前期の船大工です。1579年に摂津国西成郡大坂南組(現在の大阪府大阪市中央区)に生まれ、1658年に80歳で亡くなりました。

安左衛門は、幕府の命により、唐船を模した船を建造しました。唐船とは、中国の船のことです。安左衛門が建造した唐船は、日本初の西洋式帆船であり、その名は「安宅丸」です。

安宅丸は、1612年に進水しました。全長約40メートル、幅9.6メートル、深さ4.8メートル、排水量約400トンという大きな船でした。安宅丸は、江戸時代前期の日本の船舶としては最大級でした。

安宅丸は、幕府の命により、1614年に駿河湾で遠征先から航海中に暴風雨に遭遇して遭難し沈没しました。しかし、安宅丸は日本初の西洋式帆船としてその名を残しました。

安左衛門は、安宅丸以外にも、多くの船を建造しました。安左衛門が建造した船は、その優れた性能で知られ、江戸幕府の軍船としても使用されました。

安左衛門は、日本の船舶建造技術の発展に大きく貢献した船大工でした。安左衛門の建造した船は、日本の海運業の発展に貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました