島津貞久 – 鎌倉・南北朝時代の武将

島津貞久 – 鎌倉・南北朝時代の武将

足利尊氏に従い、南朝方と戦う

足利尊氏に従い、南朝方と戦う

-足利尊氏に従い、南朝方と戦う-

島津貞久は、鎌倉・南北朝時代の武将で、島津氏の祖です。島津貞久は、建武3年(1336年)、後醍醐天皇の建武政権に抵抗する足利尊氏に従い、南朝方と戦いました。

島津貞久は、薩摩国(現在の鹿児島県)を拠点として、南朝方の武将である阿蘇惟時や菊池武光と戦いました。島津貞久は、阿蘇惟時や菊池武光を破り、薩摩国を平定しました。

島津貞久は、正平6年(1351年)、北朝方の武将である今川貞世と戦いました。島津貞久は、今川貞世を破り、日向国(現在の宮崎県)を平定しました。

島津貞久は、正平11年(1356年)、南朝方の武将である楠木正行と戦いました。島津貞久は、楠木正行を破り、阿波国(現在の徳島県)を平定しました。

島津貞久は、正平16年(1361年)、北朝方の武将である細川頼之と戦いました。島津貞久は、細川頼之を破り、讃岐国(現在の香川県)を平定しました。

島津貞久は、正平23年(1368年)に死去しました。島津貞久の死後、島津氏は、薩摩国を拠点として、南九州を支配しました。

文保2年に薩摩守護職に就任

文保2年に薩摩守護職に就任

文保2年に薩摩守護職に就任

文保2年(1318年)に貞久は、薩摩守護職に任命されました。これは、薩摩の国(現在の鹿児島県)の軍事と行政を統括する重要な役職であり、貞久が幕府から信頼されていたことを示しています。

貞久は、薩摩守護職に就任すると、すぐに薩摩国に赴任し、政務に当たりました。彼は、薩摩国の治安維持に努め、また、薩摩国の経済発展にも力を入れました。貞久の統治は、薩摩国の人々から支持され、薩摩国は安定した状態を保ちました。

なお、貞久が薩摩守護職に任命されたのは、鎌倉幕府の執権である北条高時の推薦によるものと言われています。貞久は、北条高時と親密な関係にあり、北条高時からも信頼されていました。

貞久は、薩摩守護職を9年間務め、正慶2年(1333年)に解任されました。これは、鎌倉幕府が足利尊氏によって滅ぼされたためであり、貞久もまた鎌倉幕府の滅亡とともに失脚しました。

貞治2年7月3日に死去

貞治2年7月3日に死去

-貞治2年7月3日に死去-

島津貞久は、鎌倉時代から南北朝時代にかけての武将である。薩摩国守護で、島津氏の第10代当主。島津氏久の嫡男。母は池端三位。

貞久は、元徳元年(1329年)、薩摩国守護・島津氏久の嫡男として誕生した。父・氏久は、貞治2年(1363年)に死去し、貞久が家督を継いで薩摩国守護となった。

貞久は、薩摩国では守護として善政を敷き、領内の動乱を鎮圧した。また、南朝方の武将である菊池武光や阿蘇惟時と協力して、北朝方の武将である足利直冬と戦った。

貞治2年(1363年)7月3日、貞久は死去した。享年35。家督は、嫡男・元久が継いだ。

貞久の死は、島津氏にとって大きな痛手となった。貞久は、島津氏を薩摩国の有力大名に成長させた名君であり、その死は、島津氏の衰退につながった。

タイトルとURLをコピーしました