大久保意吉 – 明治・昭和前期の畜産家

大久保意吉 – 明治・昭和前期の畜産家

県内畜産の振興に尽力した大久保意吉

県内畜産の振興に尽力した大久保意吉

県内畜産の振興に尽力した大久保意吉

大久保意吉は、明治・昭和前期の畜産家で、県内畜産の振興に尽力した人物です。

明治12年(1879年)、新潟県中蒲原郡に生まれた大久保は、明治25年(1892年)に上京して東京農業学校(現東京大学農学部)に入学しました。卒業後は、農商務省に勤務し、畜産振興のために全国各地を巡回し、畜産農家の指導や講演を行いました。

明治40年(1907年)、大久保は新潟県に戻り、畜産振興のための活動を始めました。明治41年(1908年)には、新潟県畜産組合を設立し、組合長に就任しました。また、明治42年(1909年)には、新潟県畜産試験場を設立し、場長に就任しました。

大久保は、畜産振興のために、良質な種畜の導入や、畜舎の改良、飼料の改良などの事業を推進しました。また、畜産農家の経営改善や、畜産物の販売促進のための活動も行いました。

大久保の努力により、新潟県の畜産は飛躍的に発展しました。明治40年(1907年)には、県内の牛の飼育頭数が約2万頭でしたが、昭和10年(1935年)には約10万頭にまで増加しました。また、昭和10年(1935年)には、県内の酪農家の戸数が約1万戸でしたが、昭和20年(1945年)には約2万戸にまで増加しました。

大久保の畜産振興への功績は大きく、昭和20年(1945年)には、農林大臣賞を受賞しました。また、昭和23年(1948年)には、県畜産功労者として表彰されました。

大久保意吉は、県内畜産の振興に尽力した偉大な畜産家でした。

牧場で飼料の改良、優良馬の導入、競馬場の設置につくす

牧場で飼料の改良、優良馬の導入、競馬場の設置につくす

牧場で飼料の改良、優良馬の導入、競馬場の設置につくす。

大久保意吉は、明治・昭和前期の畜産家で、農商務省、のちの農林省の役人として、牧場の飼料の改良、優良馬の導入、競馬場の設置などに取り組みました。

馬は、軍用・農耕用として重要な役割を果たしていました。しかし、当時の日本の馬は、小柄で、長距離移動や重い荷物を積むのに適していませんでした。そこで、大久保は、優良な馬の導入を推進しました。

1884年、大久保は、農商務省の役人としてドイツに派遣され、馬に関する研究を行いました。帰国後、大久保は、ドイツから輸入した馬を繁殖させ、改良種の馬を生産しました。

また、大久保は、牧場の飼料の改良にも取り組みました。当時の牧場の飼料は、栄養価が低く、馬の成長を妨げていました。そこで、大久保は、牧草や配合飼料を導入し、馬の栄養状態を改善しました。

さらに、大久保は、競馬場の設置にも尽力しました。競馬は、馬の改良や、騎手の技術向上に役立つと考えたからです。1891年、大久保は、横浜に日本初の競馬場である横浜競馬場を開設しました。

大久保意吉の尽力により、日本の馬は、近代化され、日本の近代化に貢献しました。

農家の副業として綿羊飼育を普及

農家の副業として綿羊飼育を普及

農家の副業として綿羊飼育を普及

大久保意吉は、畜産の普及に尽力した明治・昭和前期の畜産家です。

大久保は、明治11年(1878年)に愛知県幡豆郡吉良町(現在の吉良町)で生まれました。
1902年に東京農業大学を卒業後、農商務省に入省し、畜産課長を務めました。

大久保は、日本における畜産の近代化に尽力し、1911年には、横浜に畜産試験場を開設しました。
また、畜産に関する書籍を多数執筆し、畜産の普及に努めました。

大久保は、特に綿羊の飼育を推進しました。
当時、日本では綿花が不足しており、アメリカからの輸入に頼っていました。
大久保は、綿花を国内で生産するために、綿羊の飼育を農家の副業として普及させました。

大久保の努力により、日本の畜産業は近代化し、綿羊の飼育も普及しました。
これにより、日本の綿花生産量が増加し、アメリカからの輸入に頼らなくなりました。

大久保は、日本の畜産の発展に貢献した偉大な畜産家です。
その功績を称え、1946年に、勲五等双光旭日章が授与されました。

1963年に、85歳で死去しました。

タイトルとURLをコピーしました