大久保麑山 – 幕末から明治時代の武士と教育者

大久保麑山 – 幕末から明治時代の武士と教育者

大久保麑山の生涯

大久保麑山の生涯

-大久保麑山の生涯-

大久保麑山(おおくぼかざん、1829年10月14日 – 1903年3月4日)は、幕末から明治時代の武士、教育者。

諱は貞明。通称は玄蕃、玄蕃允、美濃守。号は麑山、道堂。安政2年(1855年)、旗本寄合席に列し、以後、勘定奉行、外国奉行を歴任。慶応4年(1868年)、勘定奉行を罷免され、謹慎を命じられる。

明治元年(1868年)、謹慎を解かれ、新政府に出仕。大学南校(のちの東京大学)の教員となり、数学、物理学、天文学などを講じる。明治6年(1873年)、大学南校が東京大学と改称された後は、引き続き東京大学の教員を務める。明治15年(1882年)、東京大学を辞職。

明治17年(1884年)、学習院の教授となり、漢学、日本史などを講じる。明治23年(1890年)、学習院を辞職。明治26年(1893年)、日本学士院会員に選出される。明治36年(1903年)、死去。享年76。

大久保麑山は、幕末から明治にかけて、西洋の学問を日本に紹介し、近代日本の教育に大きく貢献した人物である。

大久保麑山の功績

大久保麑山の功績

大久保麑山 – 幕末から明治時代の武士と教育者

大久保麑山の功績

大久保麑山は、幕末から明治時代の武士、教育者であり、日本の近代化に大きく貢献した人物である。麑山の功績は、大きく分けて以下の3つに挙げられる。

1. 幕末の動乱期の功績

麑山は、幕末の動乱期に、薩摩藩の藩士として活躍した。戊辰戦争では、薩摩藩軍の一員として戦い、新政府軍の勝利に貢献した。また、西南戦争では、政府軍の参謀として従軍し、叛乱軍の鎮圧に尽力した。

2. 明治新政府での功績

麑山は、明治新政府発足後、文部省の官僚として活躍した。文部卿の森有礼の下で、学制の制定や、学校制度の整備などに尽力し、日本の近代化に貢献した。また、陸軍省の官僚としても活躍し、陸軍の近代化にも貢献した。

3. 教育者としての功績

麑山は、教育者として、多くの学生を育て上げた。東京大学や陸軍士官学校などで教鞭を執り、多くの優秀な人材を輩出した。また、私塾「私学会」を主宰し、多くの学生を指導した。私学会は、自由民権運動の拠点としても知られており、麑山の教えを受けた学生の中には、後に自由民権運動の指導者となった者も少なくない。

大久保麑山は、幕末から明治時代の日本の近代化に大きく貢献した人物である。その功績は、今日でも高く評価されている。

大久保麑山の思想

大久保麑山の思想

大久保麑山の思想

大久保麑山は、幕末から明治時代の武士であり、教育者でした。彼は、江戸幕府の旗本に生まれ、幼い頃から漢学や儒学を学びました。その後、尊王攘夷運動に参加し、戊辰戦争では薩摩藩の軍に参加しました。明治維新後は、文部省の官僚として教育制度の整備に尽力し、東京教育大学の初代学長を務めました。

麑山の思想は、尊皇愛国を基本とし、徳川幕府の封建体制を批判するものでした。彼は、天皇を中心とした中央集権的な国家を理想とし、そのために教育制度の改革が必要だと考えました。麑山は、国民に天皇に対する忠誠心を植え付けるために、学校での教育を重視しました。また、彼は、国民に実学を身につけさせるために、学校での実践的な教育を重視しました。

麑山の思想は、明治期の教育制度の整備に大きな影響を与えました。彼の思想は、学校での教育を重視し、国民に天皇に対する忠誠心を植え付けることを目的としました。また、彼は、国民に実学を身につけさせるために、学校での実践的な教育を重視しました。彼の思想は、明治期の教育制度の整備に大きな影響を与え、日本の近代化に貢献しました。

麑山の思想は、今日でも多くの教育者に影響を与えています。彼の思想は、学校での教育を重視し、国民に天皇に対する忠誠心を植え付けることを目的としました。また、彼は、国民に実学を身につけさせるために、学校での実践的な教育を重視しました。彼の思想は、明治期の教育制度の整備に大きな影響を与え、日本の近代化に貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました