岸田継手 – 奈良時代の官吏

岸田継手 – 奈良時代の官吏

天平8年(736)の駿河の国司の史生

天平8年(736)の駿河の国司の史生

-岸田継手 – 奈良時代の官吏-

岸田継手は、奈良時代の官吏であり、天平8年(736)に駿河の国司の史生を務めていました。史生とは、国司の事務を補助する官吏であり、文書の起草や庶務を担当していました。

岸田継手は、駿河の国司の史生として、国司の政務を支えていました。また、岸田継手は、天平9年(737)に発生した駿河国の洪水の被害状況調査にも携わりました。

洪水は、駿河国に大きな被害をもたらし、多くの家屋が倒壊し、農作物も被害を受けました。岸田継手は、洪水の被害状況を調査し、国司に報告しました。国司は、岸田継手の報告を受けて、被災者への救済措置を講じました。

岸田継手は、駿河の国司の史生として、国司の政務を支え、また、洪水の被害状況調査にも携わりました。岸田継手は、奈良時代の官吏として、国家の運営に貢献しました。

-天平8年(736)の駿河の国司の史生-

岸田継手は、天平8年(736)に駿河の国司の史生を務めていました。史生とは、国司の事務を補助する官吏であり、文書の起草や庶務を担当していました。

岸田継手は、駿河の国司の史生として、国司の政務を支えていました。また、岸田継手は、天平9年(737)に発生した駿河国の洪水の被害状況調査にも携わりました。

洪水は、駿河国に大きな被害をもたらし、多くの家屋が倒壊し、農作物も被害を受けました。岸田継手は、洪水の被害状況を調査し、国司に報告しました。国司は、岸田継手の報告を受けて、被災者への救済措置を講じました。

岸田継手は、駿河の国司の史生として、国司の政務を支え、また、洪水の被害状況調査にも携わりました。岸田継手は、奈良時代の官吏として、国家の運営に貢献しました。

天平8年(736)の帰国する防人や俘囚の移送を指揮する部領使

天平8年(736)の帰国する防人や俘囚の移送を指揮する部領使

天平8年(736)の帰国する防人や俘囚の移送を指揮する部領使

天平8年(736)、防人と俘囚が帰国した。防人は、辺境の警備のために派遣された兵士であり、俘囚は、戦争で捕らえられた敵の兵士である。彼らは、長期間にわたって辺境で生活しており、帰国を待ち望んでいた。

帰国の際には、部領使が移送を指揮した。部領使は、地方行政を司る官吏であり、帰国する防人と俘囚の食料や宿泊施設を確保するなどの責任を負っていた。また、彼らは、防人と俘囚が安全に帰国できるように、警備も行った。

部領使の指揮の下、防人と俘囚は無事に帰国することができた。彼らは、家族や友人との再会を喜び、故郷での生活を再開した。

部領使の役割は、帰国する防人と俘囚の移送を円滑に進めることであった。彼らは、食料や宿泊施設を確保し、警備を行うなど、様々な任務をこなした。部領使の働きのおかげで、防人と俘囚は無事に帰国することができた。

天平宝字8年(764)の藤原仲麻呂追討の功により従五位下

天平宝字8年(764)の藤原仲麻呂追討の功により従五位下

-天平宝字8年(764)の藤原仲麻呂追討の功により従五位下-

天平宝字8年(764)の藤原仲麻呂追討の功により従五位下に叙された岸田継手について概説します。

藤原仲麻呂は、奈良時代の政治家で、左大臣・太政大臣を歴任しました。権勢をふるい、聖武天皇の娘である井上内親王を皇后に立て、孝謙天皇として即位させました。藤原仲麻呂は、孝謙天皇を退位させ、自分の娘である安倍内親王を即位させようとしましたが、失敗しました。

天平宝字8年(764)、孝謙天皇は、藤原仲麻呂を追討する命令を出しました。岸田継手は、この追討軍に加わり、藤原仲麻呂と戦いました。岸田継手は、藤原仲麻呂を討ち取り、孝謙天皇の政権を回復しました。

岸田継手は、藤原仲麻呂追討の功により、従五位下に叙されました。また、左京大夫に任命されました。岸田継手は、その後も孝謙天皇に仕え、天平宝字10年(766)には、参議に任命されました。

岸田継手は、藤原仲麻呂追討の功により、従五位下に叙されただけでなく、左京大夫や参議などの要職を歴任しました。これは、岸田継手が、孝謙天皇から信頼されていたことを示しています。岸田継手は、奈良時代の政治に大きく貢献した人物です。

タイトルとURLをコピーしました