萩谷籌夫-明治-大正時代の新聞経営者

萩谷籌夫-明治-大正時代の新聞経営者

常陸(ひたち)出身の萩谷籌夫

常陸(ひたち)出身の萩谷籌夫

-常陸(ひたち)出身の萩谷籌夫-

萩谷籌夫は、1861年(文久元年)に常陸国新治郡真鍋村(現在の茨城県石岡市)に生まれた。父は萩谷貞右衛門といい、地元の名望家であった。籌夫は幼い頃から聡明で、10歳の時には漢学を学び始めた。17歳の時、東京に出て慶應義塾に入学し、新聞学を専攻した。

慶應義塾を卒業後、籌夫は新聞記者として働き始めた。最初は『郵便報知新聞』に記者として入社し、その後、『時事新報』に移籍した。『時事新報』では、政治部記者として活躍し、明治維新後の日本の政治情勢を鋭く報道した。

1888年(明治21年)、籌夫は『時事新報』を退社し、自分で新聞を創刊することを決意した。筹夫は、近代的な新聞経営を目指し、東京築地の地に『日本』という日刊新聞を創刊した。

『日本』は、政治、経済、社会、文化など、幅広いジャンルのニュースを掲載し、読者から好評を博した。籌夫は、新聞の販売網を整備し、全国津々浦々まで『日本』を配布することに成功した。

籌夫はまた、言論の自由を擁護し、政府の弾圧に抗議する運動を積極的に展開した。1897年(明治30年)、政府は『日本』に対して発行禁止処分を下したが、籌夫は屈することなく、発行禁止を解除するまで抗議活動を続けた。

籌夫の粘り強い努力が実り、1898年(明治31年)、政府は『日本』の発行禁止処分を解除した。籌夫は再び『日本』を発行し、言論の自由を擁護する活動を続けた。

籌夫は、1931年(昭和6年)に71歳で亡くなった。筹夫は、明治-大正時代の新聞経営者として、言論の自由を擁護し、近代的な新聞経営を確立した功績を称えられている。

下野新聞記者の萩谷籌夫

下野新聞記者の萩谷籌夫

-下野新聞記者の萩谷籌夫-

萩谷籌夫は、明治から大正時代に活躍した新聞経営者です。1862年、栃木県に生まれ、1882年に下野新聞社に入社しました。下野新聞は、1877年に創刊された栃木県最初の新聞であり、萩谷筹夫は記者として活躍しました。

萩谷筹夫は、下野新聞記者として、県内の政治・経済・社会問題を積極的に報道しました。また、自由民権運動にも積極的に参加し、1884年には下野県自由党の書記長に就任しました。

1890年、萩谷筹夫は下野新聞社の社長に就任しました。社長就任後、萩谷筹夫は新聞の近代化を推進し、新聞の発行部数を大幅に伸ばしました。また、萩谷筹夫は、下野新聞社を拠点に、県内の産業振興にも尽力しました。

1912年、萩谷筹夫は下野新聞社の社長を退任しました。退任後は、県議会議員や衆議院議員を務め、1922年に死去しました。

萩谷筹夫は、下野新聞の近代化に貢献した新聞経営者であり、県内の産業振興にも尽力した人物です。萩谷筹夫の功績は、現在も栃木県で語り継がれています。

朝鮮新報の萩谷籌夫

朝鮮新報の萩谷籌夫

朝鮮新報の萩谷籌夫

荻谷籌夫は、明治から大正時代にかけて活躍した新聞経営者であり、朝鮮新報の創刊者として知られています。

荻谷は、1860年に兵庫県淡路島に生まれました。彼は、幼い頃から新聞に興味を持ち、18歳の時に大阪朝日新聞の記者として働き始めました。その後、彼はいくつかの新聞社の記者や編集者を務め、1890年に朝鮮新報を創刊しました。

朝鮮新報は、朝鮮半島の独立運動を支持する新聞として知られていました。荻谷は、朝鮮新報を通じて朝鮮半島の独立運動を支援し、日本の植民地支配に反対する記事を掲載しました。そのため、彼は日本の政府から弾圧を受け、1910年に朝鮮新報は廃刊に追い込まれました。

荻谷は、朝鮮新報の廃刊後も、朝鮮半島の独立運動を支援し続けました。彼は、1919年に朝鮮独立宣言書に署名し、日本の植民地支配に反対する運動に参加しました。荻谷は、1945年に朝鮮が独立するまで、朝鮮半島の独立運動を支援し続けました。

荻谷籌夫は、朝鮮半島の独立運動に貢献した新聞経営者として知られています。彼は、朝鮮新報を通じて朝鮮半島の独立運動を支援し、日本の植民地支配に反対する記事を掲載しました。荻谷は、日本の政府から弾圧を受けましたが、朝鮮半島の独立運動を支援し続けました。荻谷は、朝鮮が独立するまで、朝鮮半島の独立運動を支援し続けました。

タイトルとURLをコピーしました