– 薊瓊入媛

– 薊瓊入媛

薊瓊入媛の生涯と系譜

薊瓊入媛の生涯と系譜

-薊瓊入媛の生涯と系譜-

蓟瓊入媛(とじにいりひめ)は、古代日本の皇族であり、第11代垂仁天皇の妃である。日本書紀では、薊瓊入媛は、名を別名で豊鍬入姫命、名別名豊鍬入姫尊、大名持尊が娶った木花之佐久夜毘売の姪である。父は、豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)、母は、木花之佐久夜毘売の妹、活玉依姫命(いくたまよりひめのみこと)とされている。

彼女は、垂仁天皇の治世の初年に、天皇の妻となり、仁徳天皇、分須王、日向多迩穂勢彦王、四道将軍、宇遅能和紀郎子を産んだ。

垂仁天皇が崩御した後、薊瓊入媛は、垂仁天皇の陵墓である、高野坂廻陵に陪葬された。

薊瓊入媛の系譜は、下記の通りである。

* 父豊城入彦命
* 母活玉依姫命
* 夫垂仁天皇
* 子仁徳天皇、分須王、日向多迩穂勢彦王、四道将軍、宇遅能和紀郎子

薊瓊入媛は、古代日本の皇族であり、垂仁天皇の妃として、日本の歴史に名を遺した女性である。

薊瓊入媛と垂仁天皇

薊瓊入媛と垂仁天皇

薊瓊入媛と垂仁天皇

薊瓊入媛と垂仁天皇は、日本の神話に登場する夫婦です。薊瓊入媛は、垂仁天皇の后となり、二人の間に生まれたのが景行天皇です。

薊瓊入媛は、九州の肥后国の豪族の娘でした。垂仁天皇が九州を巡幸した際に、薊瓊入媛の美しさに一目惚れし、后に迎えました。薊瓊入媛は、垂仁天皇の寵愛を受け、二人の間には景行天皇が生まれました。薊瓊入媛は、垂仁天皇の死後も夫の喪に服し、垂仁天皇の陵墓の近くに葬られました。

薊瓊入媛と垂仁天皇の物語は、日本の神話の重要なエピソードの一つです。この物語は、天皇と后の愛情と、二人の間に生まれた皇子の誕生を描いたものです。また、この物語は、日本の皇室の起源を物語るものでもあります。

薊瓊入媛と垂仁天皇の物語は、日本の文学や芸術にも大きな影響を与えています。この物語は、源氏物語や伊勢物語などの日本の古典文学に引用されています。また、この物語は、能楽や歌舞伎などの日本の伝統芸能の演目にもなっています。

薊瓊入媛と垂仁天皇の物語は、日本の神話、文学、芸術に大きな影響を与えた、重要な物語です。この物語は、日本の歴史や文化を理解する上で欠かせないものです。

薊瓊入媛ゆかりの地

薊瓊入媛ゆかりの地

薊瓊入媛ゆかりの地

薊瓊入媛ゆかりの地とは、薊瓊入媛に関連する場所のことです。薊瓊入媛は、宮崎県小林市出身の巫女で、神武天皇東征の際に神武天皇に仕えて活躍しました。

薊瓊入媛ゆかりの地は、宮崎県 Kobayashi City にあります。その地域には、薊瓊入媛が生まれた場所であると信じられている神社があり、薊瓊入媛を祀るお祭りも開催されています。

薊瓊入媛ゆかりの地には、以下のような場所があります。

* 薊瓊入媛の生誕地とされる神社
* 薊瓊入媛を祀るお祭り
* 薊瓊入媛に関連する史跡や遺跡

薊瓊入媛ゆかりの地は、薊瓊入媛の偉業を偲ぶことができる場所です。また、日本の歴史や文化を学ぶことができる場所でもあります。

薊瓊入媛ゆかりの地を訪れる前に、事前にその場所の歴史や文化について調べておくと、より楽しむことができます。また、蓟瓊入媛ゆかりの地を訪れた際には、その場所の自然や景色も楽しめるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました