大久保忠茂-戦国時代の武将

大久保忠茂-戦国時代の武将

松平清康に仕える

松平清康に仕える

松平清康に仕える

大久保忠茂は、戦国時代の武将です。松平清康に仕え、数々の戦功を挙げました。忠茂は、永正13年(1516年)に三河国額田郡大久保郷(現在の愛知県岡崎市大久保町)で生まれました。幼名は千代松丸と言い、父は大久保忠員、母は奥山氏の娘でした。忠茂は、幼い頃から武芸に秀でており、特に槍術に長けていました。

天文3年(1534年)、忠茂は19歳のときに松平清康に仕えました。清康は、三河国を統一した戦国大名で、忠茂は清康の旗本衆として活躍しました。忠茂は、清康の命を受けて各地を転戦し、数々の戦功を挙げました。

天文5年(1536年)、忠茂は清康の命を受けて尾張国に侵攻し、織田信秀と戦いました。この戦いで、忠茂は織田軍を破り、清康の尾張侵攻を成功させました。天文7年(1538年)、忠茂は清康の命を受けて遠江国に侵攻し、今川義元と戦いました。この戦いで、忠茂は今川軍を破り、清康の遠江侵攻を成功させました。

天文8年(1539年)、清康が家臣の謀反により暗殺されました。忠茂は、清康の死後も松平氏の家臣として仕え、清康の遺児である広忠を補佐しました。忠茂は、広忠の命を受けて各地を転戦し、数々の戦功を挙げました。

天文18年(1549年)、忠茂は広忠の命を受けて尾張国に侵攻し、織田信秀と戦いました。この戦いで、忠茂は織田軍を破り、広忠の尾張侵攻を成功させました。天文20年(1551年)、忠茂は広忠の命を受けて遠江国に侵攻し、今川義元と戦いました。この戦いで、忠茂は今川軍を破り、広忠の遠江侵攻を成功させました。

忠茂は、永禄9年(1566年)に死去しました。享年51でした。忠茂は、戦国時代に活躍した名将であり、松平氏の家臣として数々の戦功を挙げました。

山中城を攻略し、岡崎への進出に貢献

山中城を攻略し、岡崎への進出に貢献

山中城を攻略し、岡崎への進出に貢献

大久保忠茂は大名であり、徳川家康に仕えていた。彼は山中城を攻略し、岡崎への進出に貢献した。

山中城は、三河国に位置する城である。山頂にあるため、とても守りが堅い城だった。しかし、忠茂は城を攻略することに成功した。

忠茂は、夜に山中城を奇襲した。彼は城内の守備兵を殺害し、城を占領した。これにより、徳川家康は岡崎に侵攻することができた。

岡崎は、三河国の拠点となる城である。徳川家康は、岡崎を攻略したことで、三河国を統一することができた。

忠茂の功績により、徳川家康は三河国を統一することができた。忠茂は、徳川家康の信頼を得て、彼の家臣として活躍した。

升取りに任じられ、晩年を迎える

升取りに任じられ、晩年を迎える

升取りに任じられ、晩年を迎える

 大久保忠茂は大身の旗本であったが、晩年は升取りに任じられた。升取りとは、徳川家康の腹心であった本多正信によって創設された役職で、役高1,000石以上の旗本に、その俸禄に見合った米を支給する役割であった。忠茂は、元和2年(1616年)に升取りに任じられ、米3,000石を支給された。

 忠茂は、升取りに任じられた後も、引き続き徳川家康に仕えた。元和3年(1617年)には、大坂夏の陣に参加し、豊臣秀頼を滅ぼした。その後、忠茂は、駿府城の城代に任じられ、徳川家康の側近として仕えた。

 元和9年(1623年)、徳川家康が死去すると、忠茂は、徳川秀忠に仕えた。秀忠は、忠茂の功績を称え、寛永元年(1624年)に、常陸国笠間藩1万石の藩主に任じた。忠茂は、笠間藩主として、領地の統治に努めた。

 寛永10年(1633年)、忠茂は、70歳で死去した。忠茂は、戦国時代から江戸時代初期にかけて、徳川家に仕えた名将である。忠茂の功績は、今日でも語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました