織豊~徳川の武将・大久保忠為の生涯

織豊~徳川の武将・大久保忠為の生涯

大久保忠為の生涯

大久保忠為の生涯

– 大久保忠為の生涯

大久保忠為(おおくぼただため)は、織豊時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将・大名です。豊臣秀吉に仕えて頭角を現し、徳川家康の時代にも重用されました。

-# 豊臣秀吉に仕える

大久保忠為は、1544年に三河国(現在の愛知県)で生まれました。父は大久保忠員、母は織田信長の妹である織田信定の娘です。忠為は、幼い頃から武芸に秀でており、15歳の時に豊臣秀吉に仕官しました。

秀吉に仕えた忠為は、賤ヶ岳の戦いや九州平定など、数々の戦いで活躍します。また、行政手腕にも優れており、豊臣政権下で五大老の1人に任命されました。

-# 徳川家康に仕える

1600年の関ヶ原の戦いでは、忠為は徳川家康方に味方しました。戦後、忠為は家康から伊予国(現在の愛媛県)松山藩20万石を与えられました。

家康に仕えた忠為は、江戸幕府の初代老中として活躍しました。また、大阪夏の陣では、徳川軍の総大将を務め、豊臣氏を滅ぼしたことで知られています。

-# 死去

忠為は、1613年に死去しました。享年70歳でした。忠為の死後、松山藩は大久保忠隣が継ぎました。

-# 大久保忠為の人物像

大久保忠為は、武勇に優れ、行政手腕にも優れた武将でした。また、家康に忠義を尽くし、江戸幕府の安定に貢献した人物としても知られています。

大久保忠為の功績

大久保忠為の功績

-大久保忠為の功績-

大久保忠為は、織田・豊臣・徳川に仕えた武将である。豊臣秀吉の九州征伐や関ヶ原の戦いで活躍し、江戸幕府の成立に貢献した。また、大久保長安の次男として生まれ、徳川家康の側室である阿茶局の甥に当たる。

忠為は、1575年(天正3年)に三河国岡崎城で生まれた。幼名は清兵衛。1582年(天正10年)に本能寺の変が起こると、家康に従って甲斐国に逃亡した。その後、家康が関東に移封されると、武蔵国忍城を居城とした。

1592年(文禄1年)、豊臣秀吉の九州征伐に参陣。島津氏と戦い、功績を上げた。1598年(慶長3年)、家康が関ヶ原の戦いで勝利すると、その恩賞として下野国宇都宮藩10万石を拝領した。

1600年(慶長5年)、家康が江戸幕府を開くと、忠為は幕府の老中となり、大久保長安とともに政務を執った。1615年(元和元年)、大坂冬の陣が起こると、徳川秀忠に従って大坂城を攻めた。1616年(元和2年)、大久保長安が死去すると、忠為は大久保家の家督を継いだ。

1623年(元和9年)、忠為は江戸城内で死去した。享年49。忠為の墓は、東京都台東区谷中の大雲寺にある。

忠為は、織田・豊臣・徳川に仕えた武将であり、九州征伐や関ヶ原の戦いで活躍した。また、江戸幕府の成立に貢献し、老中として政務を執った。忠為は、徳川家康の側室である阿茶局の甥にあたり、大久保長安の次男として生まれた。1623年(元和9年)、忠為は江戸城内で死去した。享年49。忠為の墓は、東京都台東区谷中の大雲寺にある。

大久保忠為の逸話

大久保忠為の逸話

-大久保忠為の逸話-

* -主君への忠誠心-

大久保忠為は、主君である徳川家康に対して忠誠を尽くした武将でした。1600年の関ヶ原の戦いでは、家康の東軍に属して西軍と戦いました。忠為は、この戦いで功績を上げて家康から褒美を授かっています。

* -戦場の武勇-

忠為は、戦場で武勇を振るった武将でもありました。1590年の小田原征伐では、北条氏政の籠る小田原城を攻め落とすために奮戦しました。忠為は、この戦いで先陣を務めて敵陣を突破し、勝利に貢献しました。

* -大酒飲み-

忠為は、大酒飲みとしても知られていました。あるとき、忠為は家康から酒を飲むことを禁じられました。しかし、忠為は禁酒令を破って酒を飲み続け、家康から叱責を受けました。

* -天下第一の愚物-

忠為は、天下第一の愚物と呼ばれた人物でもありました。忠為は、家康からさまざまな役目を任されましたが、そのどれもを失敗させてしまいました。家康は、忠為に対して「愚物中の愚物」と評したと言われています。

* -最期-

忠為は、1613年に44歳で亡くなりました。忠為の死因は、酒の飲みすぎによるものだったと言われています。

大久保忠為は、忠義に篤く、戦場で武勇を振るった武将でしたが、酒を飲みすぎてしまい、44歳の若さで亡くなってしまいました。

タイトルとURLをコピーしました