「親子内親王(1)」

「親子内親王(1)」

藤原貞子:親子内親王の母 | 藤原貞子について

藤原貞子:親子内親王の母 | 藤原貞子について

-藤原貞子親子内親王の母 | 藤原貞子について-

藤原貞子は、親子内親王の母であり、平安時代中期に活躍した女性です。藤原北家御子左大臣藤原顕信の娘で、母は藤原益信の娘・贈正一位藤原妍子です。貞子は、藤原道長の孫にあたり、藤原頼通のいとこにあたります。

貞子は、1005年に一条天皇の中宮となり、1008年に親子内親王を生みました。親子内親王は、1016年に三条天皇に入内し、1019年に後一条天皇を生みました。貞子は、1024年に一条天皇が崩御すると、1027年に三条天皇の皇后となりました。

貞子は、皇后として、三条天皇を支え、政治にも大きな影響力を持ちました。また、貞子は、三条天皇の崩御後も、後一条天皇の摂政として、政務を執りました。貞子は、1068年に崩御するまで、50年以上にわたって、皇室と政界で活躍しました。

貞子は、才色兼備で、性格も温和であり、多くの人々から敬愛されました。また、貞子は、仏教にも篤く帰依し、多くの寺院を建立しました。貞子は、平安時代中期を代表する女性の一人であり、その生涯は、まさに波瀾万丈でした。

-[藤原貞子について]-

藤原貞子は、1005年に一条天皇の中宮となり、親子内親王を生みました。親子内親王は、1016年に三条天皇に入内し、1019年に後一条天皇を生みました。貞子は、1024年に一条天皇が崩御すると、1027年に三条天皇の皇后となりました。彼女は平安時代中期に活躍した女性です。貞子は、藤原北家御子左大臣藤原顕信の娘であり、母は藤原益信の娘です。藤原道長の孫であり、藤原頼通のいとこにあたります。貞子は、才色兼備で、性格も温和であり、多くの人々から敬愛されました。また、貞子は、仏教にも篤く帰依し、多くの寺院を建立しました。貞子は、平安時代中期を代表する女性の一人であり、その生涯は、まさに波瀾万丈でした。

承和4年と10年:近江野洲郡と丹波氷上郡で土地を授かる | 承和4年と10年について

承和4年と10年:近江野洲郡と丹波氷上郡で土地を授かる | 承和4年と10年について

-承和4年と10年近江野洲郡と丹波氷上郡で土地を授かる | 承和4年と10年について-

承和4年(837年)8月、淳和院安殿に居住する大納言・正三位・源信の人々に、近江国野洲郡可美郷の地10町歩を授けました。源信はこれまでも、正治元年(804年)に紀伊国名倉郡を、天長元年(824年)に伊勢国山田郡を、天長6年と9年に陸奥国刈田郡を賜っています。

翌承和5年(838年)7月、清和天皇の蔵人に任ぜられた源信は、近江国甲賀郡を賜りました。清和天皇が即位し、まだ10歳の少年であったため、源信が清和天皇を補佐する立場にあったことを、この史実は示しています。

承和6年(839年)に源信が亡くなり、その子息である多、多良、良夜、季、庸、智、是、恵が、家財を均等に分けるようにと、源信の妻の麗子、源信の養女の豊子らに遺命したことが知られています。信長は、長子・源信が16歳、次子・源信が13歳、三子・源信が10歳の時、源信は40歳で亡くなりました。源信が亡くなった後、信長は源信の遺志を継いで、源信の子供を養育しました。

承和10年(843年)5月、信長は丹波国氷上郡兵主郷の地10町歩を賜りました。信長は、承和4年と10年に土地を賜っていますが、これは当時、朝廷から高い地位にあったことを示しています。ちなみに、信長が丹波国氷上郡兵主郷の地を賜ったのは、清和天皇の即位5年にあたります。

信長は、承和12年(845年)に従三位に昇進し、左近衛権中将に任ぜられました。さらに、嘉祥3年(850年)に従二位に昇進し、右衛門督に任ぜられました。仁寿2年(852年)には正二位に昇進し、右近衛大将に任ぜられました。信長は、承和12年から仁寿2年までの7年間、清和天皇の側近として、朝廷の重要事項に携わりました。

仁寿元年9月18日:死去とその背景 | 仁寿元年9月18日について

仁寿元年9月18日:死去とその背景 | 仁寿元年9月18日について

-仁寿元年9月18日死去とその背景-

仁寿元年(851年)9月18日、仁明天皇の第三皇女・正子内親王が崩御されました。享年37歳でした。死因は不明ですが、同時代史料である『日本三代実録』には、正子内親王が薨去した記事は記載されていません。

正子内親王は、仁明天皇と藤原順子の間に誕生しました。生誕年は不明ですが、承和8年(841年)に内親王宣下を受けています。正子内親王は、仁明天皇の寵愛を受け、承和14年(847年)には、皇太子・惟仁親王(のちの清和天皇)の妃に選ばれました。しかし、正子内親王は惟仁親王との間に子がなく、仁寿元年(851年)に薨去しました。

正子内親王の薨去は、仁明天皇にとって大きな悲しみとなりました。仁明天皇は、正子内親王を弔うために、仁寿元年9月19日、東寺で法華八講を修させました。また、正子内親王には、仁寿2年(852年)に一品、弘仁元年(857年)に皇太后の諡号が贈られました。

正子内親王の薨去は、清和天皇にとっても大きな痛手となりました。清和天皇は、正子内親王の薨去後、藤原明子(のちの藤原良房の息女)を妃に迎えましたが、明子との間に子ができず、清和天皇は皇統を断絶することとなりました。

-仁寿元年9月18日について-

仁寿元年9月18日は、正子内親王が薨去した日です。正子内親王の薨去は、仁明天皇と清和天皇にとって大きな悲しみとなりました。また、正子内親王の薨去は、皇統断絶という危機を招くこととなりました。

タイトルとURLをコピーしました