大久保忠由 – 江戸時代中期の旗本

大久保忠由 – 江戸時代中期の旗本

大久保家について

大久保家について

-大久保家について-

大久保家は、室町時代から戦国時代にかけて駿河国で活躍した武将であり、江戸時代には旗本として続きました。

大久保家の祖先は、鎌倉時代初期に駿河国に土着した大久保氏です。鎌倉時代末期には、大久保氏の一族である大久保忠顕が駿河守護となったことで、大久保家は駿河国を代表する有力な武将となりました。

室町時代中期には、大久保忠世が駿河守護となり、大久保家は最盛期を迎えました。しかし、戦国時代に入ると、大久保家は今川氏、武田氏、北条氏などの大勢力に挟まれ、次第に勢力を弱めました。

戦国時代末期、大久保忠隣は大久保忠勝に従い、織田信長、豊臣秀吉に仕えました。忠勝は、豊臣秀吉の九州平定で活躍し、肥後国熊本藩の初代藩主となりました。
忠隣は、豊臣秀吉の朝鮮出兵で活躍し、肥後国八代藩の初代藩主となりました。

江戸時代になり、大久保家は大久保忠隣の子である大久保忠宣が大久保家第2代熊本藩主となり、以後は代々熊本藩主を務めました。忠宣は、藩政改革を行い、熊本藩を繁栄させました。また、忠宣は、熊本藩の藩校である「時習館」を創設しました。時習館は、江戸時代屈指の藩校として知られ、多くの優秀な人材を輩出しました。

大久保家は、江戸時代を通じて繁栄を続けましたが、明治維新後に藩主の地位を剥奪されました。しかし、大久保家はその後も、華族として代々続いています。

大久保家には、大久保忠次、大久保忠隣、大久保忠宣など、多くの優れた人物が輩出されました。また、大久保家は、熊本藩の藩校である「時習館」を創設するなど、教育にも力を入れていました。大久保家は、日本の歴史において重要な役割を果たした家系です。

大久保忠由の業績

大久保忠由の業績

-大久保忠由の業績-

大久保忠由は、江戸時代中期の旗本です。妻は松平定勝の養女、丹羽長重の娘で、子は嫡男に忠世、忠純、旗本に忠周、忠根、繁昌、常磐松、公周。娘は内藤正勝、丹羽長道、松平定房、内藤義恭の妻となった。

忠由は、江戸時代前期の旗本である大久保忠長の次男として生まれました。父・忠長は、大久保彦左衛門忠世の孫であり、徳川家康に仕えていた家臣です。忠由は、父と同じく徳川家に仕え、旗本として活躍しました。

忠由は、若くして徳川家光の側近となり、家光の信任を得ました。家光は、忠由を重用し、数々の重要な任務を命じました。忠由は、家光の命を受け、江戸城の普請や、諸藩の統治監察などを担当しました。忠由は、これらの任務を忠実に遂行し、家光の信頼をさらに高めました。

忠由は、家光の死後も、徳川家綱に仕えました。家綱は、忠由を老中として登用し、幕府の政務を委ねました。忠由は、老中として、幕府の財政改革や、諸藩の統制などに尽力しました。忠由は、老中として、幕府の安定に貢献しました。

忠由は、寛文12年(1672年)、66歳で亡くなりました。忠由は、徳川家に忠実に仕え、幕府の安定に貢献した功績を称えられています。

大久保忠由の死後

大久保忠由の死後

大久保忠由の死後

大久保忠由は、享保13年(1728年)に64歳で死去した。忠由の死後、大久保家は断絶した。忠由には嫡男がいなかったため、養子を迎えていたが、その養子も早世していた。そのため、忠由の死後、大久保家は断絶し、その家督は廃絶となった。

忠由の死後、その功績を讃え、江戸城内に銅像が建てられた。また、忠由の墓所は、東京都港区の青山霊園にある。青山霊園は、江戸時代から続く由緒ある霊園で、多くの著名人が眠っている。

忠由の死後、その家督は廃絶となったが、その功績は今日でも語り継がれている。忠由は、江戸幕府の重臣として、幕府の安定に貢献した。また、忠由は、儒学を奨励し、文化の振興にも努めた。忠由は、江戸時代中期の代表的な人物であり、その功績は今日でも高く評価されている。

タイトルとURLをコピーしました