大久保忠良-明治時代の軍人

大久保忠良-明治時代の軍人

大久保忠良の生涯

大久保忠良の生涯

大久保忠良の生涯

大久保忠良は、1828年に薩摩藩で生まれた薩摩藩士です。12歳の時に江戸で学び始め、18歳で藩校の造士館に入学しました。その後、上洛して尊王攘夷運動に参加し、1863年には薩摩藩の参政に任命されました。

1868年に戊辰戦争が勃発すると、大久保忠良は薩摩藩兵を率いて京都を守り、鳥羽・伏見の戦いで勝利しました。その後、新政府軍の参謀として各地を転戦し、明治維新に貢献しました。

明治維新後は、新政府の要職を歴任し、内務卿、大蔵卿、工部卿などを務めました。1873年には、岩倉使節団の一員として欧米を歴訪し、近代化政策を学びました。1878年には、西南戦争で西郷隆盛を討伐し、明治政府の権力を確立しました。

1884年に、大久保忠良は、東京の紀尾井坂で暗殺されました。享年57歳でした。

大久保忠良は、明治維新の立役者の一人であり、近代日本の礎を築いた偉大な政治家です。彼の功績は、今日でも高く評価されています。

西南戦争への参戦

西南戦争への参戦

-西南戦争への参戦-

西南戦争は、明治10年(1877年)2月15日から9月24日の間、政府軍と薩摩軍の間で戦われた日本の内戦である。この戦争には、大久保忠良も政府軍の一員として参戦した。

大久保忠良は、明治9年(1876年)11月に陸軍少将に昇進し、近衛歩兵第1旅団長に任命された。そして、西南戦争が勃発すると、近衛歩兵第1旅団を率いて政府軍に加わった。

大久保忠良は、西南戦争の緒戦である田原坂の戦いでは、政府軍の勝利に貢献した。しかし、その後、薩摩軍の反撃によって政府軍は敗北し、大久保忠良も負傷した。

大久保忠良は、負傷後も政府軍に留まり、西南戦争の終結まで戦い続けた。西南戦争が終結すると、大久保忠良は陸軍中将に昇進し、陸軍卿に任命された。

大久保忠良は、西南戦争での功績によって、明治天皇から勲一等旭日大綬章を授与された。また、大久保忠良は、明治14年(1881年)に陸軍大将に昇進し、初代参謀総長に任命された。

相模小田原藩主大久保家第2次10代

相模小田原藩主大久保家第2次10代

相模小田原藩主大久保家第2次10代

大久保忠良は、相模小田原藩主大久保家第2次10代で、明治時代の軍人です。

大久保忠良は、1830年(文政13年)に、備中国阿賀郡青江村(現在の岡山県倉敷市)で生まれました。

1846年(弘化3年)、17歳の時に、大久保忠真の養子となり、小田原藩主大久保家第2次10代を継ぎました。

1868年(明治元年)、戊辰戦争では、新政府軍に味方し、彰義隊の鎮圧に参加しました。

1871年(明治4年)、陸軍少将に任じられ、陸軍卿に就任しました。

1873年(明治6年)、陸軍中将に昇進し、参議に就任しました。

1874年(明治7年)、台湾出兵に参加し、台湾総督に就任しました。

1875年(明治8年)、陸軍大将に昇進し、内務卿に就任しました。

1883年(明治16年)、薨去。享年54歳。

大久保忠良は、明治維新に大きな功績を残した軍人で、明治政府の要人として活躍しました。

大久保忠良は、1891年(明治24年)に、贈正二位を追贈されました。

タイトルとURLをコピーしました