浅利又七郎 – 江戸時代後期の剣術家

浅利又七郎 – 江戸時代後期の剣術家

浅利又七郎の生涯

浅利又七郎の生涯

-浅利又七郎の生涯-

浅利又七郎は、江戸時代後期の剣術家である。名は重信、通称は又七郎。号は見竜斎。

1758年(宝暦8年)、常陸国新治郡下野谷村(現在の茨城県笠間市下野谷)に生まれる。幼少より武芸を好み、14歳の時に江戸に出て、神道夢想流杖術の開祖・岡田柳斎に師事した。

岡田柳斎の死後、浅利又七郎は諸国を巡り、各地の剣術家と試合をして腕を磨いた。1807年(文化4年)、江戸麻布永坂に道場を開き、神道夢相流を教授した。浅利又七郎の門下からは、多くの優れた剣術家が輩出した。

1833年(天保4年)、浅利又七郎は76歳で死去した。浅利又七郎の墓は、東京都港区白金台の龍源寺にある。

浅利又七郎は、神道夢相流の第一人者として知られる剣術家である。浅利又七郎の剣術は、実戦を重視したもので、小太刀や杖術にも優れていた。浅利又七郎は、剣術の奥義を弟子たちに伝え、神道夢相流の発展に貢献した。

浅利派一刀流の特徴

浅利派一刀流の特徴

-浅利派一刀流の特徴-

浅利派一刀流は、剣術家・浅利又七郎によって創始された剣術流派です。浅利又七郎は、一刀流の中興の祖・伊藤一刀斎の弟子のひとりであり、一刀流の奥義を極めたとされます。浅利派一刀流は、一刀流の技を受け継ぎながらも、浅利又七郎独自の工夫が加えられた流派であり、以下のような特徴を持っています。

* -無刀取りの重視-

浅利派一刀流では、無刀取りが重視されています。無刀取りとは、相手が刀を持っていない状態から、刀を奪い取る技術です。浅利又七郎は、無刀取りを「剣術の究極」と考えており、浅利派一刀流では、無刀取りの稽古に多くの時間が費やされます。

* -体捌きの重視-

浅利派一刀流では、体捌きも重視されています。体捌きとは、相手の攻撃をかわしたり、相手の攻撃が届かない位置に移動したりする技術です。浅利又七郎は、体捌きを「剣術の基本」と考えており、浅利派一刀流では、体捌きの稽古に多くの時間が費やされます。

* -居合の重視-

浅利派一刀流では、居合も重視されています。居合とは、刀を抜いて相手を斬る技術です。浅利又七郎は、居合を「剣術の要」と考えており、浅利派一刀流では、居合の稽古に多くの時間が費やされます。

* -精神修養の重視-

浅利派一刀流では、精神修養も重視されています。浅利又七郎は、精神修養を「剣術の根幹」と考えており、浅利派一刀流では、精神修養の鍛錬に多くの時間が費やされます。

浅利派一刀流は、無刀取り、体捌き、居合、精神修養を重視した剣術流派です。浅利又七郎の工夫によって、一刀流の技がさらに洗練され、完成度の高い剣術流派となりました。浅利派一刀流は、現在でも多くの剣術家によって学ばれており、その伝統は受け継がれています。

浅利又七郎の弟子たち

浅利又七郎の弟子たち

– 浅利又七郎の弟子たち

浅利又七郎は、江戸時代後期の剣術家であり、直心流剣術の創始者です。浅利又七郎は、その優れた剣術の才能で知られ、多くの弟子を輩出しました。その中でも、特に有名な弟子を3人紹介します。

1. -山岡鉄舟-

山岡鉄舟は、浅利又七郎の最も有名な弟子の一人です。山岡鉄舟は、浅利又七郎から直心流剣術を学び、その後、幕末の動乱期に活躍しました。山岡鉄舟は、新選組の局長を務め、戊辰戦争では官軍として戦いました。山岡鉄舟は、剣術の達人として知られ、その武勇伝は数多く残っています。

2. -榊原健吉-

榊原健吉は、浅利又七郎のもう一人の有名な弟子です。榊原健吉は、浅利又七郎から直心流剣術を学び、その後、明治維新後に活躍しました。榊原健吉は、警察官僚として働き、警視総監を務めました。榊原健吉は、剣術の達人として知られ、その武勇伝は数多く残っています。

3. -渋川春海-

渋川春海は、浅利又七郎の3人目の有名な弟子です。渋川春海は、浅利又七郎から直心流剣術を学び、その後、明治維新後に活躍しました。渋川春海は、軍人として働き、陸軍大将を務めました。渋川春海は、剣術の達人として知られ、その武勇伝は数多く残っています。

浅利又七郎の弟子たちは、いずれも剣術の達人として知られており、その武勇伝は数多く残っています。浅利又七郎の弟子たちは、幕末の動乱期や明治維新後に活躍し、日本の近代化に貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました